なぜ自分ばかりが苦しいのか?

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

第14回
それでも迎合が止められないとき

 
迎合の衝動を消すために、
ここまでご紹介した
『許可』を出すという方法
くり返し取り組んでみた。
 
しかし、
それでも止められないような
強い迎合の衝動がわき起こり、
その衝動に突き上げられるように、
どうしても迎合してしまう
迎合のパターンがある。
 
それは、もはや
『Don’t』ではなくて『Can’t』だということ。
 
『やらない』のではなくて『できない』。
 
その迎合の衝動は、自分の意志では
どうにもならないほど強烈なものなのです。
 
Can’t』 だと
判断せざるをえないほど
強烈な迎合の衝動が見つかったのなら、
それを自分で認め、
受け入れる必要があります。
 
「どうしても迎合してしまう自分」
というものを受け入れ、その自分で
心地よく生きていくことのできる
生き方を見出していく。
 
そして、実際に、
その方向へと人生の舵を
切っていく必要があるのです。
 
しかし、
迎合してしまう自分というものを、
そのまま認め、
受け入れるということは、
口で言うほどたやすくはなく、
そう簡単にできることではありませんよね。
 
迎合という、自分を苦しめてきた
諸悪の根源とも思える心のはたらきを、
それこそが自分であると認めて、
受け入れようとするのですから、
拒絶してしまいたくなるのも
当然のことと言えるでしょう。
 
自尊心がしおれている今だからこそ、
それはなおさら受け入れがたい
自分だと感じるはずです。
 
そのため、心の中には、
 
「まだできるかもしれない」
 
という思いが、
常にわき上がってきて、
さらなる努力を
つづけようとしてしまうのです。
 
そして、
 
「自分の努力が足りないだけなのではないか?」
「自分が怠けているだけなのではないか?」
「自分が弱いだけなのではないか?」
 
という自分を追い立てる
問いかけの言葉が頭の中に渦巻き、
Can’t』であることを認めて
受け入れるようとする自分の前に、
大きな障害となって立ちはだかるのです。
 
この障害を取り払うためには、
しおれている自尊心に力を与えながら、
同時に、
 
「もう努力をする必要がないのだ」
 
ということを、
自分に教えてあげなければなりません。
 
そのための方法を、
ここで二つご紹介します。
 
まず一つ目の方法は、
「とことんやった」ということを
「とことん思い知る」という方法です。
 
もしあなたが、実際に、
どうしても抑えのきかない
激しい迎合の衝動に
悩まされているのなら、
それを抑えるために、
今までたくさんの努力を
されてきたことと思います。
 
また、
前回のコラムをご覧になり、
その方法をくり返し試してくださったことでしょう。
 
そのように、
自分の迎合を抑えるために、
試してきた方法、読んだ本などを
、思いつくかぎりすべて、
紙やノートに書きだしてみましょう。
 
そして同時に、
残念ながらその努力の甲斐なく
迎合が抑えきれなかった場面も、
思いつくかぎり書き出してみましょう。
 
あるていど書き出すことができたなら、
次に、そこに書き出された内容を、
じっくりとながめ、あなたが
懸命におこなってきたあらゆる努力や
経験してきた苦しみについて、
存分に味わってみましょう。
 
そうして、あなたが
「とことんやった」ということを
「思い知る」のです。
 
さらに、この方法も、
前回の方法と同様に、
くり返すことが大切です。
 
なぜなら、一度は無事に
「思い知る」ことができて、
Can’t』だと受け入れられたとしても、
 
「まだできるかもしれない」
 
という思いは、
何度でもぶり返してくるからです。
 
そして、
 
「自分の努力が足りないだけなのではないか?」
「自分が怠けているだけなのではないか?」
「自分が弱いだけなのではないか?」
 
とあなたをけしかけ、
さらなる苦しい努力を
重ねるようにと仕向けてくるからです。
 
だから、ことあるごとに
何度も何度も目をとおし、味わう。
 
自分がとことん努力してきたことと、
とことん苦しんできたことを、
「とことんまで」思い知るのです。
 
この方法も、
こうして文章で読んでみると、
まるで苦行のように思える
厳しい方法に見えるかもしれません。
 
しかし、取り組んでみると、
意外なことに、
まったく反対の感想を覚えることに
気がつくでしょう。
 
つまり、
心の荷物がドサッと降りて楽になる。
 
頭の先から足の先まで、
すき間なく体を固めていた重たい鎧が、
 
「ズシャ、ズシャ、ズシャッ」
 
とはがれ落ちて、
体がフッと軽くなるような感覚を
味わうことになるはずです。
 
なぜならそれは、
自分の「ダメなところ」を
思い知ったわけではなく、
自分の「努力と苦しみ」の偉大さについて
思い知ったから。
 
長いあいだ、
とことんまで重ねてきた
「努力と苦しみ」を、
いつでもそばにいてくれる
あなた自身という人に
認めてもらえたからです。
 
それは、その「努力と苦しみ」を
誇りに感じるということ。
 
そこまで努力し、
苦しみを乗り越えて、
今こうして生きている自分に
誇りを持てるということです。
 
迎合の激しい衝動に
苦しまずに済んで生きてきた人は、
あなたのほどの努力を
したことがまったくなく、
あなたほどの苦しみを
経験したことがまったくありません。
 
あなたが日々乗り越えてきた苦難を、
乗り越えたことがないのです。
 
一方、あなたは実際に
その苦難に立ち向かい、
蹴散らし、ときに蹴散らされ、
それでも歯を食いしばって耐え、
人生を投げ出さず、
今日ここにこうして
命を保って生きてきました。
 
その偉大な事実を
あなたが自覚することで、
しおれていた自尊心に、
ひとすじの芯がピーンととおりはじめ、
力が注がれていくのです。
 
あなたに質問があります。
 
生まれつき肺活量が大きく、
体力にも筋力にも恵まれ、
何の練習もせずに
楽々とフルマラソンを完走した人と、
 
生まれつき肺活量も小さく、
体力も筋力もないにもかかわらず、
何年も何年も努力に努力を重ねて
フルマラソンに挑戦し、
30kmでリタイアした人。
 
あなたは、前者の完走できた人だけを、
手放しでほめたたえるでしょうか。
 
そんなことはないはずです。
後者のリタイアした人にも、
賞賛の言葉を贈りたくはならないでしょうか。
 
確かに、
恵まれていてもいなくても、
フルマラソンを楽々完走できることは
「すごい」ことでしょう。
 
しかし、
たとえ結果が実らなくても、
何年も何年も自らのハンディキャップを
乗り越えながら努力を重ね、
苦しみながら途中まで走り抜いたことも、
楽々完走したこととはまた違う
 
「すごい」
 
ことではないでしょうか。
 
そこには、
魂の底から湧き出るような
危機迫る「すごさ」を感じはしないでしょうか。
 
ハッキリ言いましょう。
 
あなたがもし、
本当にたいして努力もせず、
たいして苦しみもしていないのに、
早々に
 
Can'tかも」
 
と判断しているのなら、
まずは努力をすることをおすすめします。
 
でも、あなたは違うはずです。
 
そもそも、
そんなに簡単に
Can'tかも」と思えない人だからこそ、
今日までそんなにも苦しみ、
こうして今なおこのコラムを読んでまで、
迎合の衝動を止めようとしているのではないでしょうか。
 
もうさんざん
努力してきたじゃないですか。
 
もうさんざん
苦しんできたじゃないですか。
 
そろそろ、
自分を認めてあげても
いい頃ではないでしょうか?
 
自分の努力そのものを
評価してあげる、
 
そして、
自分の苦しみそのものを
評価してあげる。
 
迎合しなくなったかどうかという
「結果」ではなく、
その「努力」、その「苦しみ」
そのものを認めてあげるのです。
 
もう十分頑張った。
もう十分苦しんだ。
そう認めてあげる時期がやってきたのです。
 
あなたのそばにずっといつづけて、
あなたの「努力と苦しみ」を
見つづけてきたのは、
あなた自身に他なりません。
 
あなたしか、
そのすべてを知らないのです。
 
あなたしか、
判断できないのです。
 
そのあなたが、
自分の「努力と苦しみ」を
認めてあげなくて、
いったい誰がそれを
認めてあげられるのでしょうか?
 
あなたの「努力と苦しみ」を
ノートに書きだして、
その偉大さを何度も何度も
「とことん」まで思い知る。
 
そのとき感じた誇りが、
あなたの自尊心を育む
豊潤な栄養分となり、
自分にとっての『Can’t』を
Can’t』として受け入れさせてくれるのです。
 
「そこまでやった自分ができないのなら、もうできないのだ」と。
 
次回は、
Can’t』を受け入れるための
もう一つの方法、
自分自身に投げかける
「ある問いかけ」をご紹介します。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ