なぜ自分ばかりが苦しいのか?

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

第18回
逃げるというチャレンジ

 
前回ご紹介した、
「逃げるな虐待」をおこなった親、
そしてその被害を受けた人たちは、
「逃げることすべては悪いこと」
という完全に間違った価値観から
なぜ脱け出すことができないのでしょうか?
 
それは、
「逃げる」と「ズル」を混同しているから。
 
「逃げるな虐待」の加害者である
親はもちろんのこと、
その被害を受けた人も、
本来まったく違う言葉であるはずの
 
「逃げる」
 
という言葉と、
 
「ズル」
 
という言葉、
この二つの言葉の意味の差が
わからなくなってしまっていて、
まったく同じ言葉のように考え、
使ってしまっているのです。
 
「逃げる」という言葉は、
「危機」から身を守り
回避する行動を意味します。
 
つまり、自分や大切なものが
危険にさらされたときに、
その危険をもたらすものから
距離をとる当然の行動です。
 
それに対して「ズル」は、
自分の利潤を追い求める行動です。
 
守る必要も回避する必要もないのに、
単純に自分が得をしたいからとる行動。
 
「逃げる」という行動とは、
まったく違う行動です。
 
たとえば、
割り振られた仕事が面倒くさいからと、
「今、いそがしいので」
と断ってしまうのは
「ズル」だと言えるでしょう。
 
ただ単に、
自分が楽をするという
利潤を得るために
その行動をとろうとしているに
過ぎないからです。
 
しかし、本当にいそがしく、
体調の不安を抱えており、
今日は早く帰って
体を休めなければ
心身の調子に影響が出てしまう、
そう感じてその仕事を断るのであれば、
それは「危機」を回避するための行動、
すなわち「逃げる」になるでしょう。
 
この二つの行動は、
外側から見れば、
同じ行動に見えるかもしれません。
 
しかし、動機に焦点を当てると、
それはまったく違う行動なのです。
 
「逃げるな虐待」を受けた人は、
この「ズル」と「逃げる」の
区別をつけることができません。
 
いえ、
その区別があることすら知らない。
 
そんな風に育てられてしまったのです。
 
そして、すべての「逃げる」を
「ズル」だと感じてしまい、
 
「逃げることは甘えている」
「逃げることは卑怯である」
「逃げることは弱さである」
 
と考えてしまい、
「危機」を目の前にしても
「逃げる」を選べずに、
自らを追い込んでいってしまうのです。
 
これは、
本当にしんどい状況です。
 
だからこそ、
そんな間違った価値観を
植えつけられた人にとっては、
 
「逃げる」ことこそが、
チャレンジなのです。
 
もしもあなたが、
「逃げるな虐待」の被害者であるなら、
あなたにとっての勇敢な闘いとは
 
「逃げる」
 
ということ。
 
「逃げる」ことから逃げないことが、
あなたに課せられた新たな挑戦なのです。
 
『Can’t』の自分を受け入れ、
自分を迎合させてしまう
「環境」がわかったのなら、
それから徹底的に逃げることが、
あなたにとっての闘い。
 
それは決して、甘えでもなく、
卑怯でもなく、弱さでもない。
 
ここまで闘い抜いてきた
あなたにふさわしい、
果敢なチャレンジなのです。
 
ここで
あらためて問いたいと思いますが、
「逃げる」こととはそんなにも
価値の低い行動なのでしょうか?
 
このような、
 
「逃げる=低価値」
 
という考え方というのは、
「逃げる」という言葉に対して
大変失礼であると私は思います。
 
なぜなら私もあなたも、
今生きていられるのは、
私たちの祖先が猛獣や自然現象、
敵から逃げに逃げて逃げまくって、
逃げ切ったからではないでしょうか?
 
「闘う」だけではなく、
「逃げる」ことによって、
私たちは、この命をつないできたのです。
 
また、世間で見かける、
他人に「逃げるな」という人は、
自分が逃げられない立場にいるから、
道ずれを欲しがっているだけに過ぎません。
 
そして、
「俺は逃げたことがない」という人は、
逃げた自覚がないだけです。
 
逃げたことのない人など、
この世界に存在していません。
 
誰もがみな、
自分にとっての「危機」を、
自分の基準によって回避し、
日々逃げているのですから。
 
逃げたという自覚があればこそ、
当然、その状況に関わる
自分以外の人たちに対して、
罪悪感や後ろめたさを
感じることになるでしょう。
 
もっと他に
よい方法はなかったのかと
葛藤するでしょう。
 
しかし、
その葛藤があるからこそ、
私たち人間は
成長していけるのではないでしょうか。
 
その葛藤をなくしてしまったら、
つまり、逃げたことに
罪悪感も後ろめたさも感じなかったら、
私たちはその貴重な経験を
活かしていくことができないのです。
 
迎合という
虐待の後遺症を乗り越えるために、
あなたは、新たな人生の「方向」へと
自らの努力を振り向ける必要があります。
 
そのためには、
迎合の衝動をもたらす「環境」から
「逃げる」ということにチャレンジする。
 
「逃げるな虐待」によって植えつけられた
苦しいだけの価値観に打ち克つのです。
 
あなたほどの苦しみを経験し、
今日まで生き抜いてきた勇者にとっては、
相手として不足はないのではないでしょうか?
 
次回は、
そのチャレンジの先にある、
迎合を乗り越える道筋をご紹介します。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ