TOP | コラム | 虐待の後遺症 | 自尊心を取り戻す瞬間


自尊心を取り戻す瞬間

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

最終回
自尊心を取り戻す瞬間

 
前回のような「かわす」努力
十分したにもかかわらず、
摩擦が起きてしまった。
 
もし、そうなったとしても、
それはあるていどまでは、
仕方のないことだと言えるでしょう。
 
以前説明したとおり、
今までいた「環境」から
離れるということは、
周囲の人にも変化を与えるという
リスクをともなうものですし、
少なからず恨みをかってしまうことも
あるかもしれません。
 
しかし、
本当にあなたのことを
尊重してくれている人なのであれば、
あなたが『Can’t』の自分
受け入れたことを認め、
あなたを引きとめるようなことはしないでしょう。
 
にもかかわらず、
あまりにもかわしきれないほど
その「環境」にいる人が
しつこくまとわりついてきたり、
その人数があまりに多かったり、
スムーズに「逃げる」ことができないと
判断せざるをえないような
状況になったのだとしたら。
 
そのときは、
前回のたとえで言えば、
部署をかえるていどの
「逃げる」ではなく、
その職場そのものから離れたり、
できるだけ人と会わずに
済む仕事にかえるなど、
もっと大きく人生の「方向」
かえることについて、
真剣に考える必要があるでしょう。
 
そうして、迎合という
虐待の後遺症を持つ自分が
心地よく過ごせる「方向」を見出し、
その周囲にいる人を
上手に「かわす」方法を
身につけていくこと、
それが自分固有の生き方となり、
独自の人生のスタイルになっていくのです。
 
虐待の後遺症を持つ人は、
 
「この人とはこのていどつき合い、あの人とはこのていどつき合う」
 
というさじ加減がとても苦手です。
 
自尊心がしおれているため、
うまく人とつき合えないことを、
自分の責任だと感じ、
どの人とも真正面から
しっかりつき合えるように
努力してしまうのです。
 
そして、自分にとって
相性の悪い人であっても、
その努力をつづけ、
心身をみずから痛めつけてしまうのです。
 
あなたがもし、
虐待の後遺症に苦しんでいるのなら、
あなたの傷を傷と知らずに、
バシバシと叩いてくる人とは、
接触しなくて済む「環境」を
整える必要があります。
 
それでもその人と
会わなければならないのであれば、
そのときだけでも、
その無邪気なパンチをかわす
防御の技を身につける必要があるのです。
 
そのような結果として
選ばれた生き方は、
他の人とはだいぶ違った生き方に
見えるかもしれません。
 
しかし、それこそが、
あなた固有の生き方であり、
あなたのオリジナルな
 
「心地よい人生」
 
なのです。
 
そして、その心地よさを
存分に味わえるようになったとき、
そのときこそが、
あなたが虐待によって
奪われてしまった自尊心を、
見事に自らの手に取り戻した瞬間なのです。
 
21回に渡り連載してきた
「虐待の後遺症」。
 
このコラムも今回で最終回です。
 
最後までお読みいただき
ありがとうございます。
 
このコラムでは主に、
迎合という虐待の後遺症を
克服する方法をご紹介してきました。
 
ただ、最初に述べたとおり、
迎合以外にも、攻撃、自己顕示、
心の領空侵犯という、
とてもやっかいな虐待の後遺症が
存在しています。
 
もし、あなたが、
それらの後遺症の克服にも
取り組んでみたいとお考えでしたら、
いつでも個人セッションにおこしください。
 
また、
ここで紹介した迎合の克服方法も、
一人で取り組んでみたけれど
なかなかうまく
進めることができなかった、
そんなときも、
どうぞお気軽にご相談ください。
 
一緒に虐待の後遺症を乗り越え、
あなたの自尊心を取り戻し、
あなたオリジナルの
 
「心地よい人生」
 
を手に入れましょう。
 
私はいつでも、
あなたのお越しをお待ちしています。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 
LinkIcon著者へのご相談はコチラから
 


 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ