超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第2回
治そうとされる

 
今回は、私が「植物嫌悪症」と
(しかたなく自分で)名づけた、
社会的には存在していないことに
なっている「病気」が、
いったいどのようなものなのか
ということについて
お話ししたいと思います。
 
また、それと同時に、
「植物嫌悪症」である私がよく遭遇する、
 
「治そうとされる」
 
という問題について
ご紹介してみよう
(愚痴を言ってみよう)
と思います。
 
前回も述べたとおり、
私はいわゆる
ボタノフォビアや植物恐怖症と
言われる人たちと少し違って、
植物に恐怖は感じません。
 
とにかく見た目が
気持ち悪くてしかたがなく、
見るだけで鳥肌が立つほど
おぞましく感じるのです。
 
想像させて申し訳ないのですが、
ゴキ○リが何百匹も
うごめいている場面や、
大量のう○虫が人間の死体を
はい回っている場面を目にしたら、
あまりのおぞましさに
背筋が寒くなり、
目をそらしてしまう人が、
日本人には多いと思います。
 
私にとっては、
まさに植物がそのように、
いえ、それ以上に、
究極におぞましく見える対象なのです。
 
そんな私にとって、
この世界は、
たいへん不快な世界です。
 
たびたび申し訳ないですが、
少し想像してみてください。
 
玄関先やベランダ、広い庭には
誰もがたくさんのゴキ○リを飾り、
 
毎朝みんなうれしそうに
ゴキ○リに水をやり、
 
よりたくさん、
ゴキ○リを増やそうとし、
 
レストランの机の上には
ゴキ○リが飾られ、
 
テレビをつければセットは
ゴキ○リで埋め尽くされ、
 
誰もがゴキ○リ柄の服を
好んで着て、
 
布団やソファやカーテンは
ゴキ○リ柄ばかりで、
 
誕生日や記念日のプレゼントには
ゴキ○リ束を渡される。
 
はい、この辺で想像終了。
 
そのため、私には
居ることのできない場所、
入ることのできない場所などが多々あり、
行動もかなり制限され、
同行や同席している方々に
ご面倒をかけることも多々あります。
 
すると、どうしても
起きてきてしまう問題が
 
「治そうとされる」
 
という問題なのです。
 
ここではっきりと
述べておこうと思うのですが、
私は、「植物嫌悪症」を
治したいと思ったことは
一度もありませんし、
治す必要も感じていません。
 
しかし、
私が入れない場所などに
遭遇したときに、
理由として
 
「植物が苦手です。」
 
とお話しすると、
 
「認知行動療法を受けてみたら?」
「森田療法を受けてみたら?」
「トラウマ治療を受けてみたら?」
「前世療法を受けてみたら?」
「精神分析を受けてみたら?」
「インナーチャイルド療法を受けてみたら?」
 
というように、まるで
「世界心理療法カタログ」
なるものを
開いたかのように、
ありとあらゆる療法を
すすめられるのです。
 
もちろん、私のせいで
その場所に入れなかったり、
善意で言っていただいているのがわかるので、
 
むげに断るわけにもいかず、
その方のお話しに熱心に
聞き入る(ふりをする)のですが、
 
そのたびごとに、
お互いの労力を
無駄にしている感覚に
たいへん疲れ切り、
罪悪感も感じてしまいます。
 
冒頭で、
私は自分の植物嫌いを
 
「病気」
 
と呼びましたが、
それは、周囲の方々とのあいだに
このようなズレがあるためです。
 
あくまでも
「植物が平気」という
多数派から見れば、
超少数派の私は病気なのだろう
という意味であって、
私は病気だとは思っていないのです。
 
また、多数派の人々も
「治そう」としてくれるわりには、
正式に病気だと認めてはいません。
 
そのために、
カギかっこつきで
 
「病気」
 
と表記しているのです。
 
私にとっては、
植物が気持ち悪く感じる方が
正常なのです。
 
かといって、
植物を美しく感じる人を
異常だとも思いません。
 
人それぞれなのだと
思うだけなのです。
 
しかし、
そのような感覚は
多数派には通じない。
 
とくに
私の「植物嫌悪症」に対しては、
よりその傾向が強いように
実感しています。
 
なぜそのような傾向が
生まれてしまうのかと言えば、
それは、世間一般において、
植物が「癒し」をもたらす存在として
確固たる地位を築いているからでしょう。
 
つまり、
植物を気味悪がるということは、
植物に対しての感覚が
 
「ズレている」
 
ていどではなく、
 
「正反対である」
 
ということに、
私の「病気」の
面倒くささ(悲劇?)があるのです。
 
ズレているていどであれば、
お互いの趣味の違いの延長線上として
理解されることもあるでしょう。
 
しかし、
「植物嫌悪症」の場合は、
 
「癒し」
 

 
「おぞましい」
 
という正反対の感覚の
ぶつかり合いです。
 
そのために、
 
「こんなにも誰もが癒されるものを、気味が悪いと思うはずがない」
 
という驚きが生まれ、
それは完全に私の方が異常なのであり、
だから治すべきだという感覚に
いきついてしまうようなのです。
 
つまり、
 
「理解されない」
 
をとおりこして、
 
「治そう」
 
とされる。
 
「治そう」と
されるだけならまだしも、
今後も紹介していきますが、
しかられることもあります。
 
また、
植物と話ができるという人
(これも結構多い)から、
 
「あの子たちは、本当にいい子ばかりなの。だからそんなに毛嫌いしないで、優しい気持ちで接してあげてよ。なんでわかってあげようとしないの?なんでかわいがってあげないの?」
 
と厳しい追及を
受けることもあります。
 
私は、
そのような方の持つ能力を
全面的に否定する考えはありませんが、
 
ただ、年功序列はなはだしい
日本文化の中で生まれ育った私には、
樹齢千年を超える者もあるであろう植物を、
ひとくくりにして、
 
「あの子」
 
と呼んでしまう
フレンドリーさにはついていけず、
そのせいか、
対話はまったく成り立ちません。
 
また、
私の植物への嫌悪感を
まったく理解しようとしない人に、
 
「理解してあげて」
 
と頼まれたところで、
それは失敗した料理を出されて
 
「私は食べないけど、あなたは食べてね」
 
と言われているような気がして、
やはり対話は決裂してしまうのです。
 
次回も、この、
「治そうとされる」
という問題をもう少し考察してみます。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ