超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第5回
誰もが超少数派

 
前回みたとおり、
それぞれの人の感性が持つ
さじ加減というのは、
非常に微妙なものです。
 
そのさじ加減のバランスが、
人々の想像を超えているとき、
超少数派は生まれるのです。
 
とは言え、それは
珍しいことではありません。
 
感性の持つさじ加減というものが、
もともと非常に微妙なものである限り、
誰もが一つやふたつ、
人と共有できないような
独特な感性を持っているのではないでしょうか。
 
どこかで実際に
話してみたら否定されたり、
話すことすらも
はばかられるような
微妙な感性を誰もが持っている。
 
それがいたって、
 
「普通」
 
のことなのではないかと思います。
 
そう考えると、
誰もが超少数派なのです。
 
たとえば右手をどこかにぶつけると、
左手も同じくらいの強さで
ぶつけないと気が済まない、
でも足ならまったく気にならない
という人もいるでしょう。
 
そして、
トイレで排泄するとき、
右足のカカトをあげていないと
用をたすことができない、
しかし、和式便所のときは
左足のカカトをあげたくなる
という人もいるかもしれません。
 
また、
そこまでややこしくなくても、
人の家で出された野菜炒めだけは
どうしても食べられないという人や、
ラーメン店のコップだけは
絶対に使いたくないという人も
いるかもしれません。
 
超少数派とは
人数で決まるわけではありません。
 
その感性を持つ人が
どれだけ少ないかではなく、
今あげたような、
本人から告白されない限り
存在することが
想定できないような感性、
 
つまり、
数えられることのないほど
微妙な感性を持っているのなら、
その感性において、
その人は超少数派である
ということなのです。
 
だから、
実際に目の前にいる
三次元の女性よりも、
アニメやゲームの中の
二次元の女性の方に恋をしたり
性的な興奮を覚えるという人も、
以前は超少数派でしたが、
今ではすっかりその感性の
存在について知られるようになり、
「2次ヲタ(ニジオタ)」
というような命名までされているので
今では「少数派」と呼べるでしょう。
 
超少数派とは、
未知の驚きと興味をもたらすような
名も無き感性を持つ人のことなのです。
 
そして、
そのような独自の感性を
持っていること自体は、
「当たり前」であり、
とりわけ珍しいことでも
なんでありません。
 
なぜなら、
冒頭に述べたとおり、
感性というもの自体が、
 
「非常に微妙なものである」
 
という意味を
その中に含んでいるからです。
 
そう考えると、必ずしも、
超少数派であるから
孤独だとか、
超少数派であるから
生きづらいというように、
 
「超少数派=悩み多き人生」
 
という重苦しい図式が
成り立つわけではないのです。
 
想定されることのないほど微妙で、
誰からも驚かれるような
感性であったとしても、
表立ったトラブルに
みまわれることのない
超少数派的感性がある。
 
もしかしたら
本人すら気づいていない、
そんな、
 
「実害」
 
がほとんどない
超少数派的感性がたくさんあるのです。
 
では、どのような感性の場合に、
超少数派であることの「実害」が
出てきてしまうのでしょうか。
 
それは、
その感性のさじ加減の中に、
 
「多数派と正反対の感性」
 
が含まれている場合、
そして、その感性が
 
「社会生活に密着している」
 
場合です。
 
まさに私の、
 
「自然は大好きだが、植物が嫌いで、気味が悪くて仕方がない」
 
という感性は、
その二つの特徴を持った、
もっともわかりやすい例の
一つと言えるでしょう。
 
そのような感性を持つ場合に、
超少数派ならではの
多くの「実害」が日々発生してくるのです。
 
では、その超少数派にとっての、
「実害」とは具体的にいったい何なのか?
 
次回は、
そのお話しをしてみたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ