超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第6回
超少数派にとっての真の「実害」とは?

 
超少数派にとっての
真の「実害」とはいったい何か?
 
これまでも述べてきたとおり、
私は「植物嫌悪症」という
「病気」が原因で、
出来ないことや行けない場所が
たくさんあります。
 
植物は、屋外屋内問わず、
どこに行ってもありますし、
さまざまなものの柄にも使われています。
 
つまり、
植物が嫌いという感性が
「社会生活に密着している」
ために大変不便をしていますし、
やりたいことができない場合も
多くあります。
 
しかし実は、そのことを、
 
「実害」
 
だとは感じていないのです。
 
植物に対しての不快な感情は、
自分の持って生まれた感性ですので、
とっくに受け入れることが
できています。
 
その感性を圧殺してまでも、
行きたい場所や
やりたいことなどはありません。
 
「植物嫌悪症」は、
すっかり自分自身と同化し、
人生を味わい深いものに
してくれる存在として
愛着すら感じているのです。
 
本当の「実害」は、
その感性を、社会生活の中で
人々と調和させるのが困難なこと。
 
自分の感性を
少しでも出したときに生じる、
他人との面倒なやりとりや
処理こそが本当の「実害」なのです。
 
つまり、
「植物嫌悪症」という
超少数派の私にとって、
真の問題は植物の方ではなく、
人との関係の方だということ。
 
「社会生活に密着している」
だけでなく、
「多数派と正反対の感性」
であるがために、
日常の中で人とのあいだに、
これでもかこれでもかと、
面倒が起きるのです。
 
植物が苦手なため、私が、
 
「大変申し訳ないですがその小さな鉢植えをどかしてもらえませんか」
 
と言っても、
 
「私も一緒に過ごしたいのですがここには座れないのです」
 
と言っても、
 
「この花束はうれしいのですが受け取れないのです」
 
と言っても、
 
「あ、なるほど!」
 
とすんなりとは
受け入れてもらえません。
 
それをきっかけに、
心配されたり、
しかられたり、
厳しく追及されたりして、
とにかく「治そう」とされる。
 
また、
露骨に笑われたり、
いまいましそうに対応されたり、
我慢を強要されたり、
挙句の果てに、
 
「へー!珍しいっすね!!」
 
と、街中で偶然
カルガモ一家の行進を見たかのように、
満面の笑みでうれしそうに言われ、
根ほり葉ほり聞かれたうえに、
こちらの要求を忘れられたり、
無視されてしまうことも多々ある。
 
とにかく面倒および
不愉快の嵐がゴォゴォと吹きすさぶのです。
 
私に「実害」をもたらすのは、
植物の方ではなく人の方なのです。
 
「じゃあなにか、お前は自分が特別だから、植物が好きな我々に、もっとお前をいたわれ、もっと気をつかえと要求するのか!」
 
まあお待ちください。
 
そのセリフも、
耳にできたタコで
タコ焼きが300パックできるくらい
聞いたセリフなのですが、
私は決して、
 
「多数派の人」
 
に向けて、
そんな単純なゴリ押しを
したいわけではありません。
 
多数派の人の側に、
愚痴ったり要求するよりも
(もう十分してしまいましたが)、
 
「超少数派として苦しんでいる人」
 
に向けて、
ある有意義な提案をしたいのです。
 
次回は、その提案について
述べてみたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ