超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第7回
「レアな人生」を手に入れる

 
私が言いたいのは、
こういうことです。
 
もし私と同じように、
超少数派であるために、
 
「実害」
 
に直面している人がいるのなら、
その感性を持っている人にしか
生きられない人生を極めてみてはどうか。
 
その感性こそが、
自分を自分として
成り立たせている核であり、
その核を持つものならではの
人生を送ってみてはどうか。
 
キッパリとその核を持つ者として、
この社会で生き抜いてみることを
自ら選び取ってみてはどうか。
 
自分の感性を
人に理解させようとするのではなく、
 
その感性を持って生きる大変さを
社会に認めさせようとするのでもなく、
 
また、
その感性を自ら捨てたり
圧殺しようとするのでもなく、
 
周囲と対立してでも、
あえてその感性と
強く手を携えて生きていくという、
 
「チャレンジ」
 
に身を投じてみる。
 
その「覚悟」をしてみてはどうか。
 
そう提案してみたいのです。
 
それは、超少数派という生き方を、
自ら選びとるということ。
 
そうすることで、
目の前の景色が変わって見えてきます。
 
今まで、その感性のせいで、
 
「できない」
 
と思っていたことが、
実はその大半は、
 
「やる必要のないことであった」
 
ということに気がついていきます。
 
そして、今まで真っ向から
衝突してしまいがちだった
多数派の人たちが
気にならなくなっていき、
「実害」が人生に深みを与える
貴重な財産であると感じられてきます。
 
さらに、
人間関係が厳選されていき、
自分にとって本当に必要な人
というものがわかっていきます。
 
その結果、
超少数派という生き方を
選んだ人にもたらされる、
 
「これぞ自分の人生だ」
 
という強いつよい納得の感覚を
得ることができます。
 
そして、自分の持つ
超少数派的感性がもたらしてくれる、
 
たった一つの、
 
「レアな人生」
 
を手に入れることができるのです。
 
もちろん、どんな生き方をしても、
どんなに平凡と思える人生を送っても、
それぞれの人にしか得られない
たった一つの人生です。
 
しかし、
当人にしか理解できないような
微妙な感性のさじ加減を自覚し、
それを味わい尽くして生きる人生は、
誰の人生とも明確に違う、
 
その一瞬一瞬が
とても貴重で豊かな体験の連続だと
強く感じることのできる、
 
「レアな人生」
 
となるのです。
 
それは、
自分の超少数派的な感性を
全面に押し出して、
やりたいようにやればいい
ということとは違います。
 
もしその感性が、殺人や傷害、
窃盗といった反社会的な衝動と
深く結びつく感性であれば、
あっという間に社会から
葬り去られてしまうでしょう。
 
「レアな人生」とは、
あくまでも、社会と相容れない
自分の超少数派的感性を持ちながら、
どう社会の中で生き抜き、
自らに充実感と納得をもたらすような
豊かで味わい深い人生を手に入れられるか。
 
その挑戦に自ら飛び込むということ。
 
多数派の人たちに
期待するのではなく、
自分の感性に期待するのです。
 
私は、植物がこの世から
無くなればいいとも思わないし、
人々が植物を愛し増やそうとするのを
やめて欲しいと言うつもりも、
まったくありません。
 
ただひたすらに、
この感性を持っている
自分にしか送れない人生を
思う存分味わってみよう、
そう思っているだけなのです。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ