超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第8回
超少数派の定義

 
ここからは、実際に、
超少数派の身に起る、
 
「実害」
 
の詳しい例をあげて、
その例をとおして、どのように、
 
「レアな人生」
 
を育んでいけばいいのかを
提案していきたいと思います。
 
そのサンプルとして、
 
「植物嫌悪症」
 
である私自身の
日常について紹介していきます。
 
その前に、ここで一旦、
今まで使用してきた多数派、少数派、
超少数派という言葉について
その定義をあらためて
見ておきたいと思います。
 
ここで定義する内容は、
あくまでも当コラム内で
使用するためのものであって、
世間一般で使用されている
意味とは相違があることを、
どうぞご理解ください。
 
<多数派>
事実として多くの人が共有し、
共感する感性を持っている人。
 
また、数えられることはなくても、
社会の中でそう感じることが
疑いようもなく「当たり前」と
認知されている感性を持っている人。
 
たとえば日本国内においては、
 
・主食は米である
・元気で長生きが一番である
・家族は大切にするものである
・人は助け合った方がいい
・犬と猫は人間のかわいいパートナーである
・植物は癒されるものである
 
など。
 
<少数派>
事実として、少数の人しか共有せず、
共感できない感性を持っている人。
 
そして、それらの感性に、
 
「○○病」
「○○症」
「○○好き」
「○○嫌い」
「○○オタク」
「○○マニア」
 
などの名前がつけられており、
社会や団体から認知されている人。
 
その感性を持つ人が、
もし世界中に
たった一人しかいなくても、
社会的に認められているのなら
少数派となります。
 
<超少数派>
その感性が独特なため、
その存在を想定されていない人。
 
そのため、その感性に
名前がつけられておらず、
数えられることすらなく、
社会や団体から認知されていない人。
 
以上です。
 
ご覧いただいたとおり、
「多数派」と「少数派」は
実際に数えられたり、
疑いようのない状況により、
多いのか少ないのかという
人数によって決まります。
 
そして、そのどちらもが
社会や団体などから
認知をされています。
 
それに対して「超少数派」は、
多いのか少ないのかすらわからず、
社会において
存在していないことになっている。
 
つまり、数える以前の、
 
「人数を超えた存在」
 
であるということです。
 
その意味では、
「超数派」と表記した方が
より正確なのかもしれませんが、
共有されにくい感性であるという
ニュアンスを大切にするために、
 
「超少数派」
 
とこのコラムでは
呼んでいきたいと思います。
 
そう考えると、もしかしたら、
独特だと思っていた
自分の感性を表明してみたところ、
社会の中で多数派になる
可能性もあります。
 
たとえば、
 
「僕は右足のつま先をグーにしながらでないと指輪が買えないんだ…」
 
と表明したところ、
 
「私も!」「実は僕も!」
 
と、世界中のほとんどの人が
そうであったということが
わかるかもしれません。
 
それでも、
実際にそのときが来るまでは、
その人たちは多数派ではなく、
超少数派なのです。
 
その超少数派の中でも、
このコラムでは、その感性が、
 
「社会に密着して」
 
おり、
 
「多数派の感性と正反対」
 
であるがために、
日々「実害」に直面している人を
主な対象としていきます。
 
そして、
超少数派という生き方を
自ら選び取ることを提案し、
それによって手に入れることのできる、
かけがえのない、
 
「レアな人生」
 
についてご紹介していきます。
 
ではいよいよ、
超少数派としての生き方について、
それをより際立たせるために、
私の日常の「実害」に焦点を当てながら、
 
「レアな人生」
 
の意義と、
その味わい深さとは
いったいどのようなものなのかを
見ていきたいと思います。
 
まず焦点を当てるのは、
 
「言ってるそばから…」
 
という問題です。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ