超少数派という新しい生き方

 

独自の生き方を表現した画像

 

植物が嫌いという病

 

第13回
とことんやる、納得するまでやる、全力でやる

 
前回述べたような、
双方に責任がないという
受容を試みても、
 
「仕方なかったのだ」
 
と納得することができない場合が
あるかもしれません。
 
そのようなときに頭に浮かぶのは、
きっと、
 
「ただ、あきらめただけじゃないのか?」
 
「責任逃れの言い訳に過ぎないのではないのか?」
 
「トラブルを回避したかっただけじゃないのか?」
 
という疑いの問いかけです。
 
このような問いかけに答えて、
自らを納得させることは
とても難しいでしょう。
 
なぜなら、
理屈で答えて納得できるようなら、
そもそも問いかけ自体が
浮かんでこないはずだからです。
 
ゆえに、
この問題を解決するためには、
問いかけにどう答えるかではなく、
問いかけ自体が浮かんでこないように
するしかありません。
 
それにはいったいどうしたらいいのか?
 
方法はただ一つです。
 
とことんまでやる、
納得するまでやる、
しかも全力でやる。
 
これには二つの意味があります。
 
一つは、
 
「実害を解消するための対処」
 
をとことんまでやる、
納得するまでやる、
全力でやるということ。
 
もう一つは、
 
「葛藤」
 
をとことんまでやる、
納得するまでやる、
全力でやるということです。
 
超少数派として生きることを
選んだのであれば、
日々「実害」が我が身に
ふりかかってくるでしょう。
 
それを予防しようとすること、
的確に対応しようとすること、
克服しようとすることといった、
 
「実害を解消するための対処」
 
を徹底的にやってみる。
 
あらゆる選択肢を考え抜き、実践し、
トライアル&エラーをくり返して、
それでもなおトライする。
 
それをつづけた果てに、
もう無理だという限界を感じ、
それでもなおつづけてみる。
 
そしてもう本当に
これ以上は不可能の領域だ、
これ以上は「Don’t」ではなく
Can’t」なのだと認めざるをえず、
打ちのめされ思い知らされた
その果てに訪れる「納得」。
 
それを得たときに、
はじめて疑いの問いかけが消失し、
 
「仕方なかったのだ」
 
無責任という解決法
受け容れることができるのです。
 
そして、
それを実現させる動力が、
 
「葛藤」
 
だと言えるでしょう。
 
たとえ予防や的確な対応、
克服へのトライをつづけようと思っても、
どこかでその結果に満足してしまったら、
次なるトライは必要がなくなり、
新たな選択肢を模索することはなくなるでしょう。
 
それは自分の「深化」
止めてしまうことに他なりません。
 
自分が取り組んだ実践と、
次に取り組む実践をつなぐ強力な引力、
それが「葛藤」なのです。
 
ゆえに「葛藤」も、
とことんまでやる、
納得するまでやる、
全力でやる必要がある。
 
その絶え間ない「葛藤」の連鎖こそが、
ゆるぎない「納得」をもたらしてくれるのです。
 
しかし「葛藤」については、
「実害を解消するための対処」とは違い、
たとえ「納得」を得て、
打ちのめされ思い知らされたあとでも、
その手を緩めてはいけません。
 
それは新たなるトライの
はじまりでしかないからです。
 
私たちは、
とことんまでやる、
納得するまでやる、
全力でやることで、
 
「もうこれ以上、自分ではどうにもできない自分」
 
というものに突き当たります。
 
これこそが自分の核を構成するものであり、
どんなに力を加えようが変わりようのない、
 
「変えがたい自分」
 
だと感じざるをえないものに
出会うことができる。
 
それは自分の中に、
この世界における一つの、
 
「極」
 
を見出したということです。
 
この世界の「極」には、
必ず「対極」があります。
 
それは自分の中で出会った「極」にも
正反対の究極があるということ。
 
つまり自分の中の「極」が
ハッキリと見えてくるということは、
次に自分が何と「葛藤」するべきなのか、
その対象が明確に見えてくるということに他なりません。
 
「極」と「極」との「葛藤」は、
表面的な「葛藤」とはまったく違います。
 
表面的な「葛藤」は、
しょせん距離の近いもの同士での
折り合いをつける相談ていどでしかないでしょう。
 
しかし「極」同士の「葛藤」は、
その言葉のとおり、
果てと果てとのあいだで生じる問題。
 
自分を「深化」させる中で見出した
この世界の究極と、
その真逆に位置する究極とのあいだという、
広大な思考空間でくり広げられる、
一大スペクタクルなのです。
 
それは、
世界の浅い場所でおこなわれる
表面的な「葛藤」のように、
どちらかを選んでしまえば済む
というわけにはいきません。
 
そうしてしまうには、
「極」同士の距離が離れ過ぎている。
 
だからこそ、「極」なのです。
 
それゆえに「極」同士の「葛藤」には、
どちらかを選ぶという考え方ではない、
新しい視点が必要になってきます。
 
それが、
 
「両極を包み込んで成熟させる」
 
という視点です。
 
どちらか一つではない。
 
両方をとるわけでもない。
 
容赦なく正反対にあるものを
包み込むことによって、
その両極が成熟し、
別の何かが生まれる。
 
その過程を生き抜き
味わい尽くすことこそが、
超少数派として生きていくということ
そのものだと言えるでしょう。
 
自分の中に「極」を見出した人は、
「両極を包み込んで成熟させる」ことで、
さらに自分の「深化」が進んでいくでいきます。
 
自分が深まるにつれ、
新たに見出していく「極」と
その「対極」の距離はより広いものとなり、
それを足がかりに、さらに内奥へと、
自分を「深化」させることが
できるようになるからです。
 
やがてその過程において、
自分の中で見出された「極」たちが、
一つのまとまりをなしていることに
気がつくでしょう。
 
そして自分自身が、
 
「この世界の極の一つ」
 
であることを自覚するのです。
 
その果てで私たちは、
人生におけるかけがえのない
ある大切なものに出会うことができます。
 
「葛藤」をとことんまでやる、
納得するまでやる、
全力でやることで出会えるもの。
 
それと出会うために、そして、
それを生きるために自分は生まれてきたのだ。
 
そう思えるほどの宝物…。
 
その宝についてはまた後の章で、
じっくり述べていきたいと思います。
 
私たちの周囲には、
とくに「葛藤」する様子もなく、
「変えがたい自分」について
気軽に口にしている人がいますよね。
 
たとえば、
 
「それ無理。俺って、○○が苦手だから。」
 
「私って、○○がないとダメな人なの。」
 
と自分を早々に決めつけ、
それを簡単に相手に表明し、
要求できる人たちです。
 
それはもちろん悪いことでも
何でもありませんが、
そのような人たちは、
ただ単に自己肯定感が強いだけで、
自分の中のやりたくない、
これが欲しいという単純な欲求に
従っているだけに過ぎません。
 
自分の「極」を
見つけるという生き方とは
まったく別のものです。
 
「葛藤」のない自己像は、
とてももろいものです。
 
いずれ、
強く「葛藤」せざるをえない場面に
でくわしたときに、
「納得」という裏打ちのない
自己肯定感では支えきれずに、
その虚像はボロボロと
崩れ落ちてしまうでしょう。
 
絶え間ない「葛藤」の連鎖と、
そこから生み出された実践のくり返し。
 
それによって、
私たちは自分の「極」を見出し、
やがては自分が「極」そのものとなり、
疑いようのない深い受容と、
強固な自己像を得ることができるのです。
 
<次回更新予定 未定>
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
LinkIcon前のページへ