「物言わぬ」に囲まれる

 

嫌われてよかった

LinkIcon目次はコチラ 
 

嫌われてよかった

 

第11回
「物言わぬ親友」に囲まれる

 
 
今回は、
 
「嫌われたまま生きる三つのメリット」
 
のうち、
二つ目のメリットをご紹介します。
 
あなたが、苦しみを生み出す
「人間関係」から離れると決め、
それを実際に生活の中で実践していったとき、
まず最初に感じること。
 
それは、さみしさ…、かと思いきや、
たいていの場合は別の感覚に包まれます。
 
それは、解放感。
 
しかも、
今まで感じたことのないほどの、
強烈な解放感です。
 
今まで、人といるたびに
神経をすり減らしていたこと、
何とか「自然」に振る舞えるように
努力していたこと、
にもかかわらず嫌われてしまい
心を痛めていたこと、
相手に不快な思いをさせて
落ち込んでいたこと…。
 
それらのことから、
一気に解放されたことで訪れる
圧倒的な爽快感。
 
嫌われたまま生きることを選んだ人は、
自分をきつくきつく縛りつけていた
ロープがほどけ、
生まれて初めて何の抵抗もなく
自由に体が動かせることを
知ったかのような、
そんなよろこびに
全身を包み込まれるでしょう。
 
ただそのよころびを感じながらも、
日々、会社や学校の
「人間関係」に接していると、
どうしても人の目が気になってしまう。
 
いつも一人でいて
変なヤツだと思われていないか、
急に誘いを断るようになって
「感じが悪い」と悪口を言われていないか…。
 
そんな居心地の悪さが、
よろこびをかき消していってしまうことも
あるでしょう。
 
とくに「嫌われ上手」な人は、
人の目、人の噂に敏感です。
 
またしても自分が
何かやらかしてしまったのではないか、
自分のことを
悪く言われているのではないか、
そんなふうに、
いつも心のどこかで怯えています。
 
たとえ「人間関係」から離れると決めても、
その感覚はなかなか消えてはくれません。
 
そしてその感覚に追いやられて、
やっぱり一人はつらい、
さみしいと強く感じてしまうのです。
 
でも、
もう苦しい「人間関係」には戻りたくない。
 
あの解放感を知った以上、
あそこに帰っていくつもりには
どうしてもなれない。
 
一人はつらいという感情と、
一人でいたいという感情。
 
そんな正反対の二つの思いに
板ばさみにされるとき、
次のように感じることがあります。
 
「誰か一人でもいい。自分のことをわかってくれて、そばにいてくれる、そんな親友がたった一人でもいてくれたら、人間関係を離れる勇気が湧いてくるのに…」と。
 
たしかに、
「人間関係」と距離を置くからといって、
この世界の中で完全に人付き合いを
断ち切れるわけではありません。
 
日々、人の手を借り、
また自分も人を助けながら、
互いに支え合って
生きていく必要があります。
 
会社で仕事をするにしても、
電車一つ乗るにしても、
多くの人がそこにたずさわっている。
 
「人間関係」と距離を置くためには、
その中であえて一人でいる強さが
必要になります。
 
そのときに、
 
「この人がいてくれるから大丈夫」
 
と思える存在がいてくれたら、
どれだけ心強いでしょう。
 
自分にはこの人さえいてくれれば、
他人からどう見られても平気、
そんなふうに思えるような、
いわゆる、
 
「親友」
 
とも呼べる相手がいれば、
「人間関係」の中でも一人で強く
生きていくことができるはずです。
 
ここで、「人間関係」と
距離を置くことを選んでおきながら、「
 
「親友」
 
を欲しがるなんて都合よすぎるだろう、
そんなふうに感じる人も
多いのではないでしょうか。
 
しかし、
「人間関係」から距離を置いたからとって、
「親友」ができないわけではありません。
 
いえ、
むしろ「親友」をつくりやすい状況に
なると言えるでしょう。
 
それが、
嫌われたまま生きる二つ目のメリット。
 
「物言わぬ親友に囲まれる」です。
 
嫌われたまま生きることを選んだ人は、
前回ご紹介したとおり、
すでに膨大な「命」を手に入れています。
 
その時間を、
 
「親友探し」
 
に使うことができるのです。
 
といっても、
そこでまた仲間探しのために
スポーツのサークルに入ったり、
習い事をはじめて、
別の「人間関係」を増やしてしまうのでは
今までと何も変わりません。
 
だから、
ここで言う「親友探し」の相手は
人ではありません。
 
本や、映画、音楽、絵画、彫刻、アニメ。
 
つまり、
 
「作品」
 
です。
 
それはこちらが求めない限り、
必要なこと以外は一切口にしない、
「物言わぬ親友」。
 
しかし、
ひとたびこちらが支えを求めれば、
この上ない重要なことを教えてくれます。
 
しかも、その親友は、
膨大な数から選ぶことができる。
 
そして、
あなたが「親友だ」と認めさえすれば、
いつでもそばにいてもらうことができるのです。
 
たとえば、
小説や映画の主人公には
あらゆるタイプの人物がいます。
 
その人がポツリポツリと
語り出すセリフの中には、
あなたの心を慰め、ときに励まし、
奮い立たせてくれるものが
必ずあるでしょう。
 
同じように、
自分の感性に比較的似ている
エッセイスト、コラムニストを見つけて、
その人の本を何冊も読んでみれば、
その言葉の中に、
あなたを支える具体的なアドバイスが
記されているでしょう。
 
また古典的なクラシック音楽や
絵画などの芸術作品は、
個人という枠を越え、
この世界の本質を表現しようと
しているものばかりです。
 
日本のアニメも、
ただ面白がらせる、
ただ感動させるのではなく、
人間の存在そのものを問うことを
題材としているものが多く見られます。
 
そのような重厚な「作品」に触れ、
自分という存在そのものを見つめることは、
ことのほか人生に深みと
濃密な充実感を与えてくれます。
 
そして、
「作品」という名の親友は、
あなたが求めさえすれば、
嫌な顔せず、何度でも、
その励ましやアドバイス、充実感を、
あなたにもたらしてくれます。
 
さらに、
「嫌われ上手」な人には、
それらを存分に味わうことのできる、
自由かつ膨大な「命」が与えられているのです。
 
美術館に行くと、
この世界の根源が
にじみ出てきているかのような
濃厚な作品の前を、
何人かで楽しくおしゃべりながら
サラッと通り過ぎていく人たちを
多く見かけます。
 
それはその人たちの楽しみ方なので、
まったくよいと思うのですが、
せっかく、
 
「物言わぬ親友」
 
が目の前にいるのに、
なんてもったいないことだろう
という思いがします。
 
そのような場で熱心に見入っている人は、
たった一人で来ているものです。
 
もし、
あなたが「嫌われ上手」な人なら、
あなたは「人間関係」を良好にするために、
今までさまざまな工夫や努力を
重ねてきたことでしょう。
 
人のせいにして終わらせることなく、
自分の内面を見つめ、自分を変えようと
必死で頑張ってきたはずです。
 
言うなれば、
「自然」に人間関係を保てる
周囲の人たちにくらべて、
あなたの方がよほど真剣に
人生に向き合ってきた。
 
にもかかわらず、
なぜあなたの方ばかりが
嫌われなければならないのでしょうか?
 
なぜあなたばかりが
責められなければならないのでしょうか?
 
そんなにも価値観や感性が違う人たちと
一緒にいる必要なんてない。
 
その人たちの中から、
無理に気の合う仲間や
親友を見つけようとする必要なんてない。
 
そうは思いませんか?
 
だってあなたには、
数えることのできないほどの
「物言わぬ親友」たちが、
あなたとの出会いを、
今この時も待っていてくれるのですから。
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ