アダルトチルドレン克服の優先順位

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第14回
アダルトチルドレン克服の優先順位

 
前回までに述べてきたように、アダルトチルドレンが親にすべてをブチまけると、親に全否定されたり親への仕返しが止まらなくなるなど、負の連鎖がおこることがほとんどです。
 
これを避けるためには、いったいどうしたらいいのでしょうかか?
 
それは、アダルトチルドレン克服の「優先順位」を知ることです。
 
私たちは、よく間違いを犯してしまいます。
 
アダルトチルドレンを本気で克服するためには、親に自分の苦しみをわからせることが必要だと。
 
しかし、本当は「優先順位」が逆なのです。
 
つまり、アダルトチルドレンを克服すると、自分の苦しみを親が理解しはじめるのです。
 
親に関わらなくなり自らの道を歩んでいる姿、そんな変わりゆく子の姿を見て、はじめて親が自分の子育てに疑問を持ちはじめるのです。
 
そうして、子の側が親へのこだわりを取りはらい、親側のガードもやわらいだとき、はじめて冷静で正確な対話がもたらされ、親が子の苦しみを理解するのです。
 
多くの場合は、この「優先順位」がさかさまになっているために、不毛な親子の争いが絶えないのです。
 
もちろん、親が子の苦しみを理解するのは、今あげたようなケースだけではありません。
 
我が子が中年期をむかえても、うまく社会に溶け込めずに苦しんでいる姿を見て、親が自ら反省する場合もあります。
 
ただいずれにせよ、子の側から苦しい思いをブチまけられて、親が素直に納得するケースは、非常にまれだと言わざるをえません。
 
それで納得するような心の余裕を持っていたら、はじめから子を抑圧して育てるようなことはしなかったでしょう。
 
自分の感情で、子供を振り回すようなことはしなかったでしょう。
 
親の心が幼稚だからこそ、子が苦しめられてきたのです。
 
では、親にすべてをブチまけることは、絶対に避けるべきなのでしょうか?
 
実は、そうともかぎらないのです。
 
ある覚悟をもってのぞめば、そこに大きな意義が生じてきます。
 
次は、そのケースについて見ていきましょう。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ