人に批判されるのが怖い

 

人に批判されるのが怖い

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第25回
人に批判されるのが怖い

 
世の中には、人に批判されることをとても怖いと感じる人がいます。
 
もちろん批判されて気持ちがいいという人は、あまりいないでしょう。
 
誰だって、人から批判を受けたらネガティブな感情が浮かんでくるものです。
 
でも、その感情が出過ぎてしまう人がいる。
 
人からの批判に過剰に反応してしまうのです。
 
このコラムをお読みのあなたも、そんなお悩みを抱えたお一人なのかもしれません。
 
とくにアダルトチルドレンには、人の批判に反応しすぎることに悩んでいる人が大勢います。
 
その中には、批判されただけでムキになったり怒り狂ってしまうという、自己愛が強すぎるタイプの人もいます。
 
でもきっとあなたは違う。
 
批判されると落ち込んでしまう。
 
自分を責めてしまう。
 
自信をなくしてしまう。
 
そして批判されるのが怖くなってしまうのです。
 
では、なぜそこまで批判されるのが怖くなってしまったのでしょうか?
 
それは、
 
「家族から批判を受けつづけたから」
 
かもしれません。
 
子供の頃から、何かするたびに細かく批判をされる。
 
あなたが何が言い間違えただけでも、鼻で笑われたり、大げさにあげ足を取られる。
 
しかも、そのことにたいしてあなたが腹を立てたり、批判し返すと、相手は突然表情を変えて怒り狂う。
 
長々と説教をはじめる。
 
暴力をふるう。
 
だから、あなたは腹が立っているにもかかわらず、謝らなければならなかった。
 
悔しいのに我慢しなければならなかった。
 
どんなに傷ついても愛想笑いをするしかなかった。
 
それは言葉では言い表せないほどの苦しい体験。
 
その体験が深い心の傷となった。
 
あのときのことを体が覚えている。
 
だからあなたは、人に批判されるのが怖くなったのかもしれません。
 
でもそれは、心に受けた傷のため。
 
あなたの責任ではありません。
 
そんな体験をすれば、批判されることが怖くなって当然なのです。
 
そんな苦しい事情を知らない人たちは、あなたに容赦なく批判を浴びせかけてきます。
 
これからもあなたは日々、批判にさらされて生きていかなければならないでしょう。
 
とてもしんどいですよね…。
 
だから、あなたにぜひ知っておいていただきたいことがあります。
 
それは、あなたが人からの批判を真に受ける必要が、まったくないのだということ。
 
実はあなたが批判を怖れる理由は、一つもないのだということです。
 
なぜなら他人は、
 
「あなたの人生を経験したことがないから」
 
です。
 
あなたの人生は、あなたしか経験したことがないもの。
 
他人が批判できるものではないのです。
 
私たち人間は、それぞれまったく別の人生を積み重ねてきました。
 
それは「自分歴」とも言えるものです。
 
あなたが今24歳なのであれば、あなたの「自分歴」は24年です。
 
あなたが今36歳なのであれば、あなたの「自分歴」は36年です。
 
あなたが今50歳なのであれば、あなたの「自分歴」は50年です。
 
それに比べて周囲の人は、あなたの人生を経験した年数はゼロ年。
 
いえ、ゼロ秒です。
 
そんなドシロウトに、なぜあなたが批判されなければならないのでしょうか?
 
あなたの人生を0.1秒たりとも経験したことのない人に、とやかく言われる筋合いはありません。
 
あなたはあなたのベテランなのです。
 
あなたの人生をプレーした経験がまったくないヒヨッコに、あなたのいったい何がわかるというのでしょうか?
 
それは、バットも握ったことのない人間が、イチロー選手のプレーについて本人に直接ダメ出しするようなもの。
 
タチの悪い冗談でしかありません。
 
あなたが、その悪い冗談を真に受ける必要なんて、これっぽっちもないのです。
 
もちろん、イチロー選手だって、コーチや同僚の言うことには耳を傾けるでしょう。
 
でも、それはプロからの根拠ある指導や指摘だからであって、ドシロウトの無責任な批判を聞くのとはまったく別のことです。
 
あなたも、根拠ある指導や指摘であるならば、聴く価値があると思うでしょう。
 
それによってみずからの襟を正すことは、大切なことだと私も思います。
 
しかし、こちらが頼んでもいないのに、自分が思っただけのことを偉そうに言い放つドシロウトの言葉に、耳を貸してあげる必要がどこにあるのでしょうか?
 
あなたの貴重な人生の時間を、「悪い冗談」につき合うために使うことが、本当に正しい選択なのでしょうか?
 
あなたはあなたの年齢の数だけ「自分歴」を重ねてきた。
 
あなた以外に、あなたの人生を生きた人はいない。
 
あなたの話し方、言葉、身ぶり、手ぶり、仕事ぶり、そのすべてが「自分歴」の集大成。
 
あなたを批判できるのは、あなたしかいないのです。
 
この先も、あなたは人に批判を受けて、過剰に反応してしまうかもしれません。
 
ショックを受けてしまうかもしれません。
 
でも大切なのは、その過剰な反応に飲み込まれないこと。
 
そして「私の人生は私しか経験したことがない」と自覚しつづけること。
 
それをくり返すことで、批判に負けない強いあなたが育っていくのです。
 
あなただけの「自分歴」を重ねるごとに。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
 
<次回更新予定2018年8月22日(水)>
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ