鬼のような親

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第29回
鬼のような親

 
「本当に鬼のような親でした。」
 
カウンセリングの場でお話をうかがっていると、ご自分の親をそう表現される方がおられます。
 
あなたも、ご自分の親を「鬼のような親」だと感じたことがあるかもしれません。
 
弱音を一切許さない。
 
とにかくひたすら我慢をさせる。
 
つらい、苦しいと言っても信じない。
 
体調不良すら信じずに、無理やり学校や塾へ行かせる。
 
親のメンツを守るため無理やり勉強をさせる。
 
突然ヒステリーを起こし、奇声をあげて怒り狂う。
 
機嫌を損ねると、泣いても謝っても無視をしつづける。
 
失敗をあざ笑う。
 
人格を否定する。
 
酒を飲んでは暴れる。
 
暴力で脅して言うことをきかせる。
 
自分の責任を平気で子供になすりつける。
 
幼い子に夜中まで長々と説教をし、眠そうな顔をしただけでひっぱたく。
 
暗い部屋や押し入れに閉じ込め、時おり開けてはニヤニヤと笑いながら見おろす。
 
口では愛してると言いながら、いざというとき平気で子供を見殺しにする。
 
自分たちだけ助かろう、利益を得ようとする。
 
だましてでも仕送りをさせる。
 
それらはまさに、非情な振るまい。
 
あなたが「鬼のような親」だと感じるのも当然のことでしょう。
 
でも、もしかするとそれは大きな勘違いかもしれません。
 
あなたは「鬼のような親」に育てられたのではないかもしれない。
 
実は、あなたを育てたのは、
 
「親のような鬼」
 
だったのかもしれない。
 
給料を稼いで、食べさせてくれることだけが、親の役目では決してありません。
 
何かをしてくれたから親なのではない。
 
子の自尊心にうるおいを与え、自分のエゴよりも子の意志を育もうと「心」を尽くすのが親。
 
行動だけではなく「心」が親を決めるのです。
 
その「心」を欠いているのだとしたら、それは親ではなく鬼。
 
行動だけは親のように振るまっていた、
 
「親のような鬼」
 
なのです。
 
あなたは、鬼に育てられたのかもしれない。
 
にもかかわらず、生き延びてきた。
 
心ある親に育てられた人たちの中にまぎれ、苦しみながらも人生を投げ出さずに懸命に生き延びてきた。
 
それは言葉にはできないほどの大きな偉業です。
 
あなたは生きているだけで「奇跡」。
 
毎日「奇跡」を起こしつづけているのです。
 
そのことを決して忘れないでください。
 
アダルトチルドレンを「本気」で克服するために。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
41.人間関係がうまくいかない
42.孤独を磨き上げる
43.努力しても嫌われつづける人
44.いつも自分ばかり残業している
45.快楽と上手につき合おう
46.自分のなかに基準がない
47.面倒くさがりをなおしたい
48.自分に合った働き方を見つけたい
49.他人に興味がもてない
50.自分に興味がもてない
51.人の顔色をうかがってしまう


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。