仕事で手を抜けない

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法第34回 仕事で手を抜けない

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第34回
仕事で手を抜けない

 
アダルトチルドレンは、仕事で手を抜くことが苦手です。
 
そのために、いつでも時間に追われて焦っていたり、遅くまで残業することが多くなってしまうこともある。
 
結果として、うつ状態になったり、燃え尽き症候群をくり返してしまう人も多くいらっしゃいます。
 
仕事で手を抜けない理由として、悩み解決書やネットでよく見られるのが、
 
「完璧主義」
 
であるということ。
 
なんでも完璧にこなそうとするために、仕事も必要以上にこだわってしまい、手を抜けなくなってしまうというわけです。
 
たしかに、完璧主義の人には、仕事で妥協をしないイメージがありますよね。
 
ただ、たんなる完璧主義であれば、仕事のクォリティもあがり、他者からの評価も得られるなど、メリットも生じるはずです。
 
それに対してアダルトチルドレンの場合は、手を抜かず頑張っているわりに、結果がともなわず、他者からも思いのほか評価してもらえません。
 
いったいなぜなのでしょうか?
 
それは、アダルトチルドレンがたんなる完璧主義なのではなく、
 
「ネガティブな完璧主義」
 
だからです。
 
完璧主義の人は、仕事の目的を正確に理解して、その目的を達成するために完璧な仕事をしようとします。
 
それに対して「ネガティブな完璧主義」の人は、仕事の目的が、怒られないため、指摘を受けないため、できないヤツと思われないためといった、自分の心を守るためになってしまっている。
 
また、心の傷を癒そうとして、すごい人と思わせるため、才能があると思わせるため、センスがあると思わせるためといった、自己顕示的な目的になっている。
 
つまり、本来の仕事の目的が、自分の心理的な目的にすり替わってしまっているのです。
 
たとえば、お客さんへのプレゼン資料を作る仕事を上司から任されたとき。
 
仕事の目的は、「お客さんから契約してもらう」ということが最優先の目的になります。
 
そこで「完璧主義」の人は、お客さんが読みやすい文章にこだわったり、見やすいレイアウトや、商品写真のインパクトなどにこだわります。
 
しかし、「ネガティブな完璧主義」の人は、上司から指摘を受けないように、誤字脱字を必要以上にチェックしたり、おかしな日本語になっていないか何度も何度も書きかえたりする。
 
さらに、同僚と差をつけるために過剰なほどデザインにこだわったり、頭のよさそうな業界用語を調べてタイトルにつけたり、むずかしそうなデータをベタベタと貼りつけたりするのです。
 
そんなことをしているうちに、夜も遅くなり身も心も疲れ果てる。
 
あげくに、上司からも「わかりにくい」と評価されて、お客さんからの契約も得られず、本来の目的を果たすことができなくなってしまうのです。
 
だから、アダルトチルドレンが、適度に仕事で手を抜けるようになるためには、自分の中に、
 
「ネガティブな完璧主義」
 
である一面がないか、よく見つめてみる必要があります。
 
仕事の目的を見誤っていないか、作業にとりかかる前に自分自身に確認してみるのです。
 
もし仕事の目的が、自分の心理的な目的にすり替わってしまっていたら。
 
本来の目的をしっかり意識して、その目的を達成するために仕事を進めるようにしてみましょう。
 
自分一人では、なかなか気づけないと感じたら、冷静な第三者の視点から見てもらうことが大切です。
 
カウンセリングでも、ご相談者様とともによくこのワークに取り組みます。
 
なかには、ほぼすべての仕事が、自分の心を守るためや自己顕示のためであったということに気づき、愕然とされる方もおられます。
 
「ネガティブな完璧主義」に気づき、本来の仕事の目的にそって作業をする。
 
これだけでも、作業に追われることなく、必然的にいい結果がもたらされるようになっていくでしょう。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
 
<次回更新予定2018年8月22日(水)>
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ