自分に興味がもてない

 

自分に興味がもてない

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第50回
自分に興味がもてない

 
以前、他人に興味がもてない人の対処法についてお話ししましたよね。
 
「アダルトチルドレンは他人に興味がもてないことが多い」と。
 
すると、よく次のようなご相談をいただくのです。
 
「私はアダルトチルドレンだと思います。でも、しのぶさんのおっしゃられることと反対に、他人にばかり興味があります。自分にまったく興味がもてないのです…」
 
とても切実なお悩みですよね。
 
一日中一緒にいる自分には興味が向かず、他人にばかり興味が向いてしまうのですから、自分がとてもかわいそうな状態です。
 
そこで、なぜ他人にばかり興味が向いているのかをうかがうと、
 
「いつも他人からどう見られているか気になって仕方がないからです」
 
と、ほとんどの方がおっしゃられます。
 
たしかに、自分が他人からどう見られているのか気になっていたら、他人にばかり興味が向いていると感じますよね。
 
でも、ちょっと待ってください。
 
よくよく考えてみると、もしかしたらそれは、他人に興味があるということではないかもしれません。
 
他人ではなく、他人の目から見えるものに興味がある。
 
つまり他人から見た、
 
「自分」
 
に興味がある。
 
他人そのものに興味があるのではなく、他人が「自分」をどう思っているのかに興味があるのではないでしょうか。
 
言うなれば、人の目をとおして「自分」ばかり見ている状態と言えるかもしれません。
 
その意味でアダルトチルドレンは、じつは、
 
「ほとんどの興味が自分に向いている」
 
のかもしれません。
 
ただ、せっかく自分に興味を向けているのに、肝心な「自分の感情」や「自分の欲求」を見ていない。
 
そして、
 
「自分がどう見られているか」
 
に、ほぼすべての興味が集中してしまっている。
 
だから、「自分の気持ちがわからない」というアダルトチルドレン特有の喪失感が生まれるのではないでしょうか。
 
そもそも、本当に自分に興味がないのなら、他人からどう見られても平気なはずです。
 
あなたがもし、あなた自身にまったく興味がないのなら、誰からなにを言われてもいっさい気にならないでしょう。
 
サッカーのパプアニューギニア代表が「弱い」と非難されても、あなたがいっさい気にならないのと同じことです。
 
それは、あなたがパプアニューギニア代表にまったく興味がないからです。
 
自分がどう見られているのか気になるのは、自分に興味があるから。
 
気になって仕方がないのは、自分に興味があり過ぎるからです。
 
これからはせっかくもっているその興味を、少しだけズラして使っていきましょう。
 
「自分がどう見られているか」よりも「自分がどう思っているか」。
 
ここに焦点を当てていく。
 
「自分の感情」「自分の欲求」に焦点を当てるのです。
 
今までは、焦点の当てどころが少しズレていただけです。
 
あなたはすでに、自分に興味をもっている。
 
それをズラせばいいだけなのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
41.人間関係がうまくいかない
42.孤独を磨き上げる
43.努力しても嫌われつづける人
44.いつも自分ばかり残業している
45.快楽と上手につき合おう
46.自分のなかに基準がない
47.面倒くさがりをなおしたい
48.自分に合った働き方を見つけたい
49.他人に興味がもてない
50.自分に興味がもてない
51.人の顔色をうかがってしまう


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。