TOP | コラム一覧 | アダルトチルドレンを本気で克服する方法 | やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう


やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう

 

やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第55回
やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう

 

┃「無理」「できない」と感じるのはなぜ?

 
あなたは、なにか新しいことをはじめるとき、スムーズに行動にうつすことができますか?
 
それとも、やる前から「無理」「できない」と感じてしまうでしょうか?
 
カウンセリングの現場でも、いよいよ新しいステップに進むという段階になると、
 
「絶対に無理です」
 
「私にはできません」
 
とおっしゃる方がとても多くおられます。
 
そのほとんどの方が、アダルトチルドレンと自覚されている方です。
 
「無理です」「できません」というセリフを耳にすると、それを聞いたたいていの人は、
 
「やる前からできないと言うな!」
 
「はじめからあきらめるなよ!」
 
とけしかけてきます。
 
しかし「無理」「できない」と言っているご本人は、心の底から「無理だ」と感じているのです。
 
そこに、できないと言うなとか、あきらめるなという言葉をかけられても、容易に受け入れることはできません。
 
では、そもそもなぜアダルトチルドレンは、やる前から「無理」「できない」と感じてしまうのでしょうか?
 
それは、第一歩目の合格ラインが高すぎるから。
 
「最初にできなくてはならないレベル」が、ものすごく高く設定されているのです。
 
これは、目標が高いということとは別のことです。
 
目標が高いこと自体は、悪いことではありませんよね。
 
そこに向かっていく推進力になりますし、すぐに達成できてしまう目標では、チャレンジするかいもなくなってしまうでしょう。
 
問題なのは、踏み出す第一歩目の合格ラインが高すぎるということなのです。
 
 

┃やる前からあきらめるのは過去の環境のせい?

 
ではなぜ、第一歩目の合格ラインが高くなってしまうのでしょうか?
 
はじめはみんなうまくできないのが当然なのですから、第一歩目の合格ラインを無理に高く設定する必要はありませんよね。
 
にもかかわらず自然と合格ラインを高めてしまうのは、幼い頃から身近にそれを求める人がいたから。
 
それが、大きな理由のひとつとして考えられるでしょう。
 
たとえば父親や母親、祖父や祖母、兄や姉、弟や妹。
 
さらに学校や塾、習い事の先生といった周辺の人たちが拍車をかけたのかもしれません。
 
もちろん、それ以外の理由も考えられますし、安易に原因を特定しない方がいいでしょう。
 
しかし、もしあなたがはじめから完璧であることを求められ、優れた誰かといつも比較される環境のなかで育ったのなら。
 
その過酷な記憶が、あなたの第一歩目の合格ラインを高めていることは充分に考えられるでしょう。
 
そのため第一歩目からいきなり完璧を目指したり、初心者なのにプロと比較してしまう。
 
そのクセがあるゆえに、やる前から「無理」「できない」と感じてあきらめてしまうのかもしれません。
 
 

┃第一歩目から完璧を目指さない方法

 
アダルトチルドレンは、失敗が許されないという感覚を根づよくもっていることがたいへん多いです。
 
そもそも日本の社会自体、失敗が許されにくい。
 
失敗した人にとても冷たい社会です。
 
第一歩目の合格ラインが高いうえに、失敗が許されないとなったら、それはもう、やる前から「無理」「できない」と感じて当然だと言えるでしょう。
 
そこでせめて最初の合格ラインだけでも下げようとするのですが、これもなかなかうまくいかない。
 
自分では下げたつもりでも、他の人から見ると「頑張り過ぎじゃない…」と心配されてしまうレベルだったりします。
 
では、どう考えれば適切な合格ラインを設定できるのでしょうか?
 
まずは「ヨチヨチ歩き」からはじめてみましょう。
 
アダルトチルドレンは、つかまり立ちもしたことがないのに、いきなり大人のように歩こうとする赤ちゃんのようなもの。
 
だからどんなに合格ラインを下げても、下げきれないのです。
 
誰だって最初からスタスタと歩けはしません。
 
ヨチヨチと歩きはじめたはずです。
 
それでも、毎日少しずつ「ヨチヨチ歩き」を積み重ねていたら、自然としっかりと歩けるようになったのではないでしょうか。
 
ヨチヨチと危なげに歩いていたはずのものが、3ヶ月後にはスタスタと歩けるようになり、半年後には走っていたはずです。
 
その間「完璧に歩かなければ!」「モデルのように歩かなければ!」と考えて、歩く前に「無理だ、できない…」とあきらめたことはなかったでしょう。
 
ましてや、「一日100歩こう!」とか「時間を計って昨日よりも速く!」とか「毎日スクワット50回!」などと自分に課したこともなかったはずです。
 
「ヨチヨチ歩き」を自然と積み重ねて、自然と歩けるようになりましたよね。
 
だからまずは「ヨチヨチ歩き」からはじめてみる。
 
赤ちゃんらしくはじめればいい。
 
それでも十分に熟練した「歩行者」になれる。
 
じっさいにあなた自身が経験したことなのですから、間違いないでしょう。
 
第一歩目はヨチヨチでいいのです。
 
どんなに美しく歩くパリコレのモデルさんも、最初は「ヨチヨチ歩き」」だったのですから。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

関連記事

LinkIcon楽に生きたい


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
41.人間関係がうまくいかない
42.孤独を磨き上げる
43.努力しても嫌われつづける人
44.いつも自分ばかり残業している
45.快楽と上手につき合おう
46.自分のなかに基準がない
47.面倒くさがりをなおしたい
48.自分に合った働き方を見つけたい
49.他人に興味がもてない
50.自分に興味がもてない
51.人の顔色をうかがってしまう
52.私は変われるでしょうか?
53.どこに行っても同じだぞ!
54.自分がわからない
55.やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう
56.職場の人間関係がつらい
57.自分で自分をしばりつけてしまう人
58.不自由を感じてしまう原因
59.口が悪くて孤立してしまう
60.親のせいにするのは自分の甘えなのか?
61.嫌味ったらしい言い方をしてしまう


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。