今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第3回
今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?

 
私は前回、今までのアダルトチルドレン克服法には「取りこぼしてきた盲点」があると述べました。
 
そして、その点こそがアダルトチルドレン克服というパズル完成のための「マスターピース」なのだと。
 
では、その「マスターピース」、つまり、今までのアダルトチルドレン克服法が「取りこぼしてきた盲点」とは、いったい何なのでしょうか?
 
それは、
 
「立ち位置を変える」
 
ということ。
 
それこそが、真のアダルトチルドレン克服法に欠かせない「マスターピース」なのです。
 
では、その「立ち位置を変える」とはいったいどういうことなのかを説明していきましょう。
 
今まで語られてきたアダルトチルドレン克服法でも、ものの「見方」や「考え方」を変えるための、あらゆる方法が提供されてきましたよね。
 
もちろん、これらの方法はとても重要であり、アダルトチルドレンの呪縛から逃れるために取り組む価値のあるものだということは、あなたも体験してご理解いただいていると思います。
 
ただし、ものの「見方」や「考え方」を変えるていどでは、アダルトチルドレンのもたらすしつこい苦しみと決別することはできません。
 
なぜなら、「見方」や「考え方」変えるということは、言うなれば、同じ「立ち位置」に立ったまま、首の角度を変えたり、体の向きを変えているに過ぎないからです。
 
それでは、新たな問題にぶつかったときに対処し切れず、昔から染みついてしまったアダルトチルドレンとしての解決策を、知らず知らずのうちに選んでしまうことになる。
 
そうして、克服したはずの問題を何度もくり返してしまい、「またやってしまった…」と、ガックリと肩を落とすことになってしまうわけです。
 
だから、「見方」や「考え方」を変えるのではなく、「立ち位置」そのものを変えてしまう。
 
同じ場所に立ったまま、ものの「見方」や「考え方」だけを変えて、問題をなんとか「解決」しようとするのではなく、立っている場所それ自体を変えることで、問題を「解消」させる。
 
今までとまったく違う場所に立つことで、目の前にあった問題が問題ではなくなるということです。
 
それが、「立ち位置」を変えるということ。
 
そして、「立ち位置」を変えれば、無理をしなくても自然に「見方」や「考え方」が、ガラリと変わってしまうのです。
 
その「立ち位置」を変えるための具体的な方法、心構えをお伝えするのが、この「アダルトチルドレンを本気で克服する方法」という連載コラムのテーマです。
 
アダルトチルドレンの苦しみは、とてもしつこいものです。
 
「立ち位置が変わった!」と思っても、またすぐにあなたをもとの「立ち位置」に引き戻そうとするでしょう。
 
それに対抗するためには、何度も何度も反復して、「立ち位置」を変えつづけることです。
 
だから、私はこのコラムをとおして、何度も何度もあなたに「立ち位置」を変えるために必要なお話しを連載しつづけていきます。
 
中には社会的に見て非常識だと感じる内容もあるでしょう。
 
不快に感じることすらあるかもしれません。
 
しかし、実はその感覚、つまり、ものの「見方」や「考え方」こそが、アダルトチルドレンという狭い「立ち位置」に、知らず知らずのうちに、自分を閉じ込めてしまっていることにほかならないのです。
 
このコラムを読みつづけることで、あなたは、自分の「立ち位置」が変わり、以前とは比べものにならないほど視野が広がり、考え方が柔軟になっていくことを実感することができるでしょう。
 
そして、その実感こそが、あなたがアダルトチルドレンを克服できた、揺るぎない証となるのです。
 
それでは、次回から早速、「立ち位置」を変えるための、詳しいお話しをしていきましょう。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
 
<次回更新予定2018年8月22日(水)>
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ