アダルトチルドレン克服方法

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第6回
親を捨てる

 
あなたは、何気ない会話の中で、こんなやりとりを耳にすることがありませんか?
 
「私、親の悪口を言う人って大っ嫌い。そういう人って、親なんか死んじゃえとか口では言ってるけど、いざ親が本当に大きな病気にかかったら、すごくあわてて、悪口を言ったことを絶対に後悔するくせにって思うんだよね。だから私は、そういう人を見ると必ず説教しちゃうんだよね。」
 
「ああ、それわかるなぁ。確かに本当に死なれたら嫌だもんねぇ。」
 
「うわー、私も耳が痛ぁい。そういう心にもないこと言っちゃうもんなぁ。」
 
「そうだなぁ、俺も気をつけよう。」
 
「ああ、なんか親に会いたくなってきちゃった。今夜電話してみよっかな。」
 
「私も、週末はお土産でも買って実家に帰って、顔見せてこよう。」
 
こんな、どこにでもありそうなよくある会話。
 
しかし、その会話にまったく入っていくことができない。
 
それどころか、一切、共感できるところがない。
 
だから、ただただ黙ってそのやりとりを聞いているだけになる。
 
心の中で渦巻く、どす黒い嵐を抑え込みながら…。
 
あなたには、そんな経験がありますでしょうか?
 
もしかすると、そんな感覚を持つ自分のことを責めてしまうこともあるかもしれません。
 
でも、安心してください。
 
そのような感覚を持つことは、決して異常なことではありません。
 
反対に、正常な反応だとすら言えるでしょう。
 
なぜなら、あなたにとって、親との関係は苦しみそのもの。
 
生きづらさにあえぎ、今、生きていることそれ自体を肯定できないあなたにとって、親はその苦しい人生を生んだ元凶としか思えないのですから。
 
それはアダルトチルドレン特有の苦しみ。
 
親に自尊心をつぶされた者が味わいつづける、生きることそのものの苦しみ。
 
そして、親の顔を見るたびに、親のことを思い出すたびに、そのつぶされた自尊心がうずくのです。
 
だから、アダルトチルドレンを「本気」で克服したければ、その苦しみの元凶と決別しなければなりません。
 
つまり、親子であることをやめる。
 
それは、親との付き合いに少し距離をおくとか、なるべく会わないようにするとか、そんな生半可な断ち切り方ではない。
 
「親を捨てる」のです。
 
この表現、もしかしたら、あなたを少しビックリさせてしまったかもしれませんね。
 
確かに、一般社会において「親を捨てる」なんて言ってしまったら、非常識な者として、ものすごい非難と反発にあうでしょう。
 
誰のおかげで生きているんだ。
 
親があるから今があるんだろう。
 
育ててもらっておいて勝手なことを言うな。
 
親を敬え、いたわれ、ねぎらえ、それが子に与えられた務めだろう…、と。
 
たしかに間違ってはいません。
 
まったくの正論だと私も思います。
 
でもそれは、アダルトチルドレンとしての生きづらさを抱えたことのない人たちによって述べられる「のん気な正論」でしかありません。
 
現実から目をそらした、単なる「理想論」です。
 
実際には、互いに関わりつづけることで、苦しみしか生み出せない親子関係がある。
 
それが、まぎれもない「現実」です。
 
そのような関係において、子の側が自分の人生を取り戻すためには、「あの人の子である」という「立ち位置」から離脱する必要がある。 
 
アダルトチルドレンを「本気」で克服するためには、「親を捨てる」必要がある。
 
もし実際の行動として、それができる状況にないのであれば、心の中で「親を捨てる」必要があるのです。
 
では、いったいなぜ「そこまでする必要」があるのでしょうか?
 
次回は、その明確な理由について見ていきたいと思います。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ