アダルトチルドレン克服方法

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第9回
一生懸命育てたのに!

 
親が子を一生懸命育てること。
 
前回も述べたように、それは、「当たり前」のことでしかありません。
 
つまり、「親は子を一生懸命育てるべき」という義務でもなければ、「親は子を一生懸命育てるかどうか決めていい」という権利ですらない。
 
子を一生懸命育てる存在、それを「親」と呼ぶのです。
 
それ以上でも、以下でもない。
 
だから、親が子を一生懸命育てるのは、「当り前」以外のなにものでもない。
 
その「当たり前」のことをしておいて、「一生懸命育てたのに!」と言ってくる親がいるのだとしたら、それはとんだお笑い草です。
 
そんな幼稚な脅しに屈する必要はありません。
 
あなたの親は、そのように言えばあなたがひるむと知っていて、あえて言っているのですから。
 
それが、相手がずっとあなたに対してとってきた「戦略」。
 
その「戦略」を成立させるためには、どうしてもありもしない「恩」が必要なのです。
 
だから親はあなたに、一生懸命育てたという偽の「恩」の存在を声を大きくしてアピールしてくるのです。
 
「一生懸命育てたのに!」と、親が一人、自分の子育てをふり返り、ひっそりと悔やんで涙を流しているのなら問題はないでしょう。
 
親だって人間。
 
そのように後悔したり、反省する気持ちがこみ上げてくるのは当然のことです。
 
真面目な親ほど、そんな感情が強くわき出てくるかもしれません。
 
しかし、その感情を我が子に直接ぶつけてしまうのは、あまりにも身勝手すぎる行動であるとしか言いようがありません。
 
幼い子は、親(大人)に育ててもらうしか生きていく方法がありません。
 
それしか選択肢がなかったのです。
 
その立場の弱さにつけ込んで、「一生懸命育てたのに!」と我が子に言い放つことは、親が自分の立場を最大限に利用して、我が子に罪の意識を持たせようとする卑怯な「戦略」でしかないのです。
 
その「戦略」にはまる「立ち位置」に、あなたがいつまでも居つづけてあげる必要が、本当にあるのでしょうか?
 
もしあなたが、必要が「ある」とハッキリ言い切れるなら、もちろんそのままの「立ち位置」にとどまっていてもいいと思います。
 
しかし、もし必要が「ない」と感じるのなら。
 
そして、アダルトチルドレンを「本気」で克服するのなら。
 
「一生懸命育てたのに!」という言葉に背を向けて、あなたは自分の人生を歩きはじめればいい。
 
親を捨てる」という道を、堂々と選べばいい。
 
たとえ周囲の人に「親不孝」となじられても。
 
もちろん、ここで強い罪悪感が、あなたの頭をよぎるでしょう。
 
世間には、自分と同じ年代で、親とわきあいあい楽しく過ごし、親孝行している人もいる。
 
その人たちを見ると、やはり自分はとんでもない「親不孝」をはたらいているのではないか?
 
そんなネガティブな気分におそわれるかもしれません。
 
でも、その必要はありません。
 
あなたは決して「親不孝」などではない。
 
次回は、その明確な理由について述べてみたいと思います。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ