TOP | コラム一覧 | 脱世間起業への道 | 起業の失敗で負うダメージが怖いとき


更新日:2020年9月10日

起業の失敗で負うダメージが怖いとき

 

起業の失敗で負うダメージが怖いとき

LinkIcon目次はコチラ  
 

脱世間起業への道

 

第12回
起業の失敗で負うダメージが怖いとき

 

┃失敗を想像して起業に踏み切れない

 
起業を思いとどまる理由として多いのが「失敗」が怖いというもの。
 
とくにそのときに受ける「ダメージ」を想像して、起業に踏み切れなくなる方は本当に多いです。
 
もちろん、私もそうでした。
 
もしかすると、あなたもそのお一人かもしれません。
 
たしかに、起業の失敗は怖いですよね。
 
そのときに受ける、金銭的なダメージ、肉体的なダメージ、心理的なダメージが怖い・・・。
 
そんなダメージは誰もが避けたくなるものです。
 
ただ、脱世間起業では「負えるリスクの範囲で起業する」のが鉄則です。
 
だから、「ダメージ」をかぎりなくゼロに近づけることもできます。
 
そして、そのような低ダメージの起業をしても、ちゃんと利益をあげられる時代になっている。
 
なぜなら社会には、そのためのスマホやプラットフォームをはじめとする環境もノウハウも、すでにそろっているからです。
 
しかも、それらを誰もが安くかんたんに使えるようになっています。
 
私たちは、本当にラッキーな時代に生きていると思います。
 
ただ、それらのことがわかっていても・・・。
 
やっぱり失敗で受けるダメージが怖い。
 
どうしても起業を思いとどまってしまう人が多いのです。
 
 

┃じつは「会社勤め」の方がダメージを負っていないか?

 
ここで、あなたに冷静に考えていただきたいことがあります。
 
それは、あなたは今「ダメージ」を受けていないのか、ということ。
 
つまり、今の職場にいて、あなたは「ダメージ」を受けていないのかということです。
 
嫌味を言う上司、マウントを取ろうとする同僚、生意気な部下、クレームをつけてくる顧客。
 
まさに「ダメージ」を受けているのではないでしょうか。
 
さらに、仕事のリモート化によって「成果主義」が強まるなか。
 
減給や降格、リストラという大きな「ダメージ」が手ぐすね引いて待っています。
 
つまり、失敗したときに待っている「ダメージ」が大きくなっているということです。
 
だから失敗しないように、神経をすり減らし疲れ果ててしまう。
 
それでも休むことは「成果」に響くから決して許されない・・・。
 
そして今日も、目覚まし時計にたたき起こされて、朝から「ダメージ」を負ってしまう・・・。
 
毎日のことだから慣れてしまっていただけで、しっかり今も「ダメージ」が積み重なっている。
 
だからこそあなたは今、脱世間起業に興味をもっていらっしゃるのではないでしょうか?
 
 

┃会社勤めのダメージでほぼ寝たきりになった私

 
そんなえらそうなことを言っている私も、以前は会社勤めをしていました。
 
そして、起業したあとの失敗を怖れて、会社を辞められずにいました。
 
しかし、のちに脱世間起業をして振り返ってみると、ある重要な「事実」に気づきました。
 
それは「脱世間起業の失敗で負うダメージ」よりも、「会社勤めをつづけることで負うダメージ」の方が、くらべものにならないほど大きかったという「事実」です。
 
日々、ひたすら時間と体の自由を組織に奪われたあげく、苦手な人間関係にまみれて仕事をしなければならない。
 
私は、そんな会社勤めにしがみついていたことで、たいへん深いダメージを負いました。
 
なんども重度のうつ病になり、住むところを失い、借金を負い、ほぼ寝たきりにまでなってしまいました。
 
それにくらべたら、脱世間起業したあとの失敗など失敗とすら感じません。
 
当然うまくいかなかった事業もありますが、「負えるリスクの範囲」で取り組んでいたので「ダメージ」はほとんどありませんでした。
 
にもかかわらず、脱世間起業をする前はそれを怖れていた。
 
今受けている膨大な「ダメージ」よりも、未来のわずかな「ダメージ」を恐れていたのです。
 
今思うと、なぜなのか不思議でしかたありません。
 
 

┃ダメージに耐える理由が見出せるか?

 
しかも脱世間起業は、自分が失敗したぶんだけ自分が「ダメージ」を負えば済みます。
 
自分が招いたダメージですから、納得もできます。
 
つまり、耐える理由がかんたんに見出せます。
 
しかし、会社勤めをしていると、他の誰かの失敗からも「ダメージ」を受けます。
 
仕事もせず偉そうに座っているだけの上司のメンツを保つために「ダメージ」を負わなければなりません。
 
ネチネチ絡んでくる同僚のために「ダメージ」を負わなければなりません。
 
わがままだけは一人前の部下のために「ダメージ」を負わなければなりません。
 
そのために体に無理をして、心にストレスをかけ、あげくに給料を下げられることもあります。
 
そこに果たして、耐えつづけるだけの理由が見出せるのか・・・。
 
ぜひ「真剣」に考えてみてください。
 
他人がもたらした大きな「ダメージ」を負って生きるのか?
 
それとも、自分のための小さな「ダメージ」だけを負って生きるのか?
 
あなたならどちらを選びますか?
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

関連するコンテンツ

会社勤めはもう限界、でも起業も無理…
「起業しないリスク」が急激に高まってる
 

 
【残り2席!】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催
 

おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。