TOP | 生きづらさ体験談 | Riri | モラハラ夫に頼らず生きるため私が練習していること


更新日:2021年8月31日

モラハラ夫に頼らず生きるため私が練習していること

 

モラハラ夫に頼らず生きるため私が練習していること

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらさ体験談

文:Riri

 

第7回
モラハラ夫に頼らず生きるため私が練習していること

 

┃車の運転が出来るようになりたい理由

 
あなたは、車の運転が好きですか?
 
私は、10年以上前に免許をとりましたが、自分の運転に自信が持てず、車に乗る機会もどんどん無くなっていっていき、そのままペーパードライバーとなってしまいました。
 
ですが、最近車の必要性を感じる機会が多くなった為、思い切ってペーパードライバー講習を受講する事にしました。
 
車の運転が必要だと思う1番の理由は、私が運転する事によって、モラハラ気質の夫の運転に頼る機会が格段に少なくなる、という事です。
 
現在は、遠くに出掛ける時や、スーパーで大量に食材を買う時などは、夫に運転して連れていってもらいます。
 
ですが、モラハラ気質の夫は、夫が運転している時に危ない運転をする車などがいると、突然機嫌が悪くなって暴言を吐いたり、大声をあげてブチ切れる事が多々あります。
車内で大声で怒鳴ったり、相手の車を追いかけたりする為、こちらはハラハラしたり、嫌な思いをする場面が多い状況でした。
 
その為私は、夫の車で一緒に出掛ける回数を減らし、交通機関を利用したり自転車移動をして、同じ車に乗る機会を減らすようにしました。
ですが、やはり日常的に車が必要であると感じる場面が多く、私が運転できたら、夫の機嫌を見ながら車に乗せてもらう必要がなくなると考え、覚悟を決めて運転の練習を始めました。
 
 

┃運転できると今後の人生に役立つ

 
私が車の練習をするにあたって、今後の人生についても考えました。
 
今現在は、夫と別居婚をする事によって、以前よりは夫からモラハラを受ける機会が少なくなっています。ですが、それでも夫は、突然私や息子に大声でブチ切れる事があります。
 
夫は、「これでも、モラハラをなおす努力をしている。ブチ切れる事はあるかもしれないけれど、【ブチ切れ続けない努力】【死ね、殺すぞ】などの暴言を吐かない努力はしている。その努力は認めてほしい。キレ方はなおすよう意識するけれど、キレる事自体をなおすというのは難しい」と言いました。
 
私も、以前と比べると、確かに夫は自分のモラハラ行為を反省し、それをなおす努力をしてくれていると感じます。
 
ですが、まだまだ目に余る暴言や、酷いブチ切れ方をする事もあるため、私は、【今後も夫と別居婚を続ける可能性】と、【離婚する可能性】、どちらの選択肢も視野に入れて、いざという時に、私と息子が行動を起こしやすくする為にできる準備を、今からたんたんと進めておく事にしました。
 
車の運転は、今現在はじっくりと取り組む事が出来る環境なので、今のうちに始めておく事に決めました。
 
 

┃平穏で穏やかな生活を送れる環境かどうかを基準に考える

 
私は、息子との生活が、「平穏」で「穏やか」に過ごせる環境かどうかを基準に考え、それが出来なくなった場合には、覚悟を決めて夫から離れようと考えています。
 
私が1番大切にしたい事は、私と息子が、平和で安心して生活できる環境を整え続ける事。
その環境を守る為に、私自身が、今できる準備と覚悟をしておく必要があると感じました。
 
今後、私が運転できるようになったら、息子の幼稚園や習い事の送迎、買物、病院など、苦手な交通機関を使わずに移動ができる。
また、自分のペースで、心が穏やかになる場所や落ち着く場所など、行きたいところに行ける。今後の生活には、車が必要な場面が増えてきます。
 
私と息子が、安心して生活できる環境を整え続ける。その為に、私自身が動きやすい様に準備する。
 
その為の手段のひとつとして、車の運転がスムーズに出来るよう、じっくりと取り組んでいきたいと思います。
 
文:Riri
 
LinkIconRiriのプロフィールはコチラ
 

もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
【最後の開催!】
人間関係が苦手な人へ、脱世間起業塾開講
 
 
 

おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。