TOP | 生きづらさ体験談 | もくもく | 「自信がない」をもたらす真犯人


更新日:2021年1月5日

「自信がない」をもたらす真犯人

 

「自信がない」をもたらす真犯人

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらさ体験談

文:もくもく

 

第17回
「自信がない」をもたらす真犯人

 

┃自分なんて価値がないと思ってしまう。

 
あなたは、自分に対する「自信」を考えたことがありますか?
 
生きづらい人は、
 
自分なんて生きている価値がない
 
なんのために生きているのかわからない
 
自分なんて…
 
と、感じて
 
「自分の生き方には自信があります!」
 
「自分が1番です!」
 
「自信があるからやらせてください!」
 
と思うことなど、あまりないのではありませんか。
 
そもそも自分に自信があったら、《生きづらい》と思うことはないのかもと私は思います。
 
なんでこんなにも、自信がないと感じてしまうのでしょうか。
 
 

┃自信がないのは誰にも認められないから

 
自信がないのは、
 
自分を認められることがなかった
 
自分を認めてもらうことが少なかった
 
ことも一つの要因ではと思います。
 
私も、なんでこんなに
 
自分に自信がないのだろう
 
自分を認められないのだろう
 
なんで…
 
なんで…
 
と考えたことは多々あります。
 
それは、認めてもらったという「経験」を持ち合わせていないからなのかもしれません。
 
過去を振り返れば、
 
たとえテストでいい点を取ったとしても、家族には
 
「よかったね」
 
くらいで、ほぼそんなことは当たり前のように扱われていました。
 
自分の親が教師であったため、周りからも、
 
あいつはそれなりにできて当たり前
 
なにかあっても親に教えてもらえるもんね
 
という感じで見られていました。
 
実際には、そんなことは一切なかったのですが。
 
とにかく、
 
すごいね
 
よくできたね
 
といった、褒められたり、自分のしたことを認めてもらったりした経験は、記憶にほとんどなかったのです。
 
認められた経験を感じていないからこそ、
 
自信がない
 
につながっているのかなと思います。
 
 

┃自信がないのは人のせいではない

 
ただ、なんで自信がないのかを考えたとき、そこにあるのは
 
他人の評価を気にしてしまっているからかなと思います。
 
自分ではないところに、重きを置いてしまっているのではないでしょうか。
 
人は、人の意見や感情に少なからず影響を受ける生き物です。
 
自分の周りにいる人間に意見を言われると、その影響を受けてどんどん自信をなくしてしまう。
 
それがあくまで相手の意見のひとつだということを見失いがちです。
 
本来であれば、
 
たとえ親に認められなくても、あなたはあなたです。
 
友人に認められなくても、あなたはあなたです。
 
恋人や、パートナーに認められなくても、あなたはあなたです。
 
そうではありませんか。
 
それがわかっていたとしても、ついつい生きづらい人は、
 
人に言われる自分にとってネガティブな情報を、無意識に受け入れがちではないかと思います。
 
生きづらい人は、楽観的な人のように
 
そんなことは無視しておけばいい
 
自分はできる人間じゃないか
 
と自分に自信をもつことが、簡単にできないと思います。
 
そして自信をどんどんなくしていきます。
 
しかし、自信という存在はどこにもないのです。
 
自信のなさが役に立つときもあると思います。
 
なぜなら、自信がない人の気持ちがわかるからです。
 
自信がない人の役に立つことで、それが自信に変わるかもしれません。
 
人は生きている以上、全く役に立っていないということはありません。
 
たとえ自信がなくても、あなたがいるから生きることができる人や、動物がいると思います。
 
だからこそ、自信がないと思う本当の真犯人は自分だと思います。
 
自分にはなんの自信もない
 
生きている価値も感じない
 
本当はそうではないはずです。
 
いま、生きていくのが大変だと思う自分でも生きているだけで本当はすごいこと。
 
そんなことを思ったとき、自信なんてあろうがなかろうが構わない、ただ目の前にあることをして生きていけばいいのではないか。
 
そんなようにも思っています。
 
文:もくもく
 
LinkIconもくもくのプロフィールはコチラ
 

 
もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
【残り3席!】
人間関係が苦手な人へ、脱世間起業塾開講
 

おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。