TOP | 生きづらさ体験談 | もくもく | 「頑張れない自分」を責めて追い詰めてしまう人へ


更新日:2021年8月27日

「頑張れない自分」を責めて追い詰めてしまう人へ

 

メンタルが弱い、どうしたらいいんだろうと悩んだときにできる簡単なこと

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらさ体験談

文:もくもく

 

第34回
「頑張れない自分」を責めて追い詰めてしまう人へ

 

┃「頑張ってね!」では、励まされない

 
仕事頑張ってね!
 
勉強頑張ってね!
 
子育て頑張ってね!
 
家事頑張ってね!
 
あなたは人生で、「頑張ってね!」という言葉を何度も聞いたり、言ったりしてはいないでしょうか。
 
「頑張ってね!」という言葉を人はときに多用し、相手を励ましたり、激励するために使っていると思います。
 
この「頑張ってね!」と激励する言葉を受け取った人は、本当にそれで頑張ることができるのでしょうか?
 
 

┃人が言う「頑張ってね!」の違和感

 
「頑張ってね!」と人が言うとき、そこには相手に対する励ましが当然あると思います。
 
応援しているという善意が、そこにあるでしょう。
 
ただ、「頑張ってね!」と言われた人にとって、いつもその応援を素直に受け止めることはできるのでしょうか。
 
実は心では「もう頑張れない」と思うときはないでしょうか。
 
そんなことを考えたとき、私は安易に「頑張ってね!」と人を励ますことができなくなりました。
 
なぜなら私自身も、「頑張ってね!」と励まされたときに、違和感を感じたからです。
 
人に「頑張ってね!」と言われたとき、
 
「言われなくても頑張っている」
 
「もうこれ以上、何を頑張れと言うんだ」
 
こんな感情を抱いたときが、少なからずあったからです。
 
しかし、「頑張ってね!」と言われたら、人はもっと頑張らなければと思うものです。
 
頑張るという言葉は、それだけ精神的に相手に重みを持たせる言葉だなと思います。
 
もちろん、「頑張ってね!」という励ましが悪いわけではありませんし、プレッシャーを与えたいために言うわけでもないでしょう。
 
それでも、頑張ってと言われた人を追い込んでいる可能性もあるのです。
 
 

┃頑張るタイミングは自分で決めればいい

 
人によって言葉の感じ方、受け取り方はさまざまにあるとは思います。
 
特に励ましの言葉である「頑張ってね!」は、人を追い込みたくて言うわけではないでしょう。
 
ですが、その言葉によって追い込まれるような感覚になるときもある。
 
だからもし、「頑張れない」と思ったとしても自分を責めないでほしいと私は思うのです。
 
頑張れないあなただって、十分にあなただからです。
 
朝起きることすら頑張れないときだってある。
 
それもあなたです。
 
私もいくら頑張ろうと思っても、頑張れないときがある。
 
「頑張ってね!」なんて安易に人に言ってほしくないときがある。
 
どんなにわかっていても、どんなに人に「頑張ってね!」と言われても頑張れないときが人にはある。
 
だから頑張れないときでも、決して頑張れない自分を責めないでほしいのです。
 
人の言動に左右されず、自分も責めずに自分の気持ちだけに向き合って生きたいものです。
 
頑張るのは、人に言われたからすることではないのです。
 
あくまで、
 
自分のタイミングでいい
 
自分の気持ちがついてきたときでいい
 
生きているだけでも十分「頑張って」いるのですから
 
文:もくもく
 
LinkIconもくもくのプロフィールはコチラ
 

もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
【最後の開催!】
人間関係が苦手な人へ、脱世間起業塾開講
 
 
 

<目次>

1.『父親は死んだ』とうそをつかれた20年間
2.親に相談できなかった進路
3.私の就職先を偽る家族
4.家族に「負け」を認めたくなかった
5.他人の言動に一喜一憂してしまう
6.自分は生きているのか実感できない日々
7.父親のいない私の離婚と子どもへの罪の意識
8.相談相手は誰でもいいというわけではない
9.自分は本当に不幸なのか
10.自分の軸を持とうと思うとき
11.行動できない自分を認めるということ
12.自己肯定と自己否定に疲れ切ったあなたへ
13.いつも不安と戦うしかないのか
14.欲求を満たしますか、義務感を優先しますか
15.あなたの夢は、本当に必要な夢ですか?
16.生きるとは苦しいことと認める
17.「自信がない」をもたらす真犯人
18.年が変わったからと、目標を立てていませんか?
19.その批判はなんのためですか。
20.ダメな人間は本当にいるの?
21.人はお金におぼれている?
22.自己嫌悪をやめたいときは自分を見つめよう
23.感情の波に飲み込まれず、淡々と生きよう
24.動物や植物に自分の思いを投影してしまう私
25.ただ生きてみるという選択
26.『孤独』のとらえかた
27.無気力と向き合っていますか
28.生きづらい人は、ひとりでできる仕事で起業しよう!
29.ネガティブ思考をしてしまう自分を認めよう!
30.自分とうまく向き合えない原因とは?
31.過干渉な親との距離を取るために有効な対処の仕方
32.考えすぎの人が、こころを落ち着かせるためにできる簡単なこと
33.メンタルが弱い、どうしたらいいんだろうと悩んだときにできる簡単なこと
34.「頑張れない自分」を責めて追い詰めてしまう人へ
35.人と関わりたくないときは、こう考えると楽になる!
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。