TOP | コラム一覧 | 生きる意味を見失ったときにするべきこと


更新日:2021.2.28

「生きる意味」を見失ったときにするべきこと

 

「生きる意味」を見失ったときにするべきこと

 
生きる意味を見失ったとき。
 
私たちは、いったいどうすればいいのでしょうか?
 
人生の袋小路とも言えるこの深い悩みに、解決策はあるのでしょうか?
 
その明確な「答え」を、このコラムのなかでご紹介します。
 
どうぞ先を読み進めてください。
 
読み終えたとき、あなたは新たな可能性を手にしているはずです。


苦しみのあまり生きる意味を問わざるをえない

 
生きる意味を問う女性

 
なんのために生きなければならないのか?
 
こんなにも苦しいのに。
 
こんなにも生きづらいのに。
 
なぜ生きていかなければならないのか?
 
生きづらさを抱えている方の多くが、そう感じておられます。
 
このコラムを読んでくださっているということは、あなたもそのお一人かもしれません。
 
仕事が忙しくストレスまみれの日々。
 
職場の人間関係がうまく築けない。
 
家に帰っても家族とは言い争いをするだけ。
 
恋愛をすれば利用されるかドロ沼にハマってばかり。
 
友人もいつの間にか離れていきいつも孤立してしまう・・・。
 
毎日が苦しい。
 
なにがつらいというより、生きることそのものがつらい。
 
そのあまりの苦しさに「生きる意味」を問わざるをえないのです。
 
「どうしてこんな思いまでして生きていかなければならないのか?」と。
 
しかし、その問いの答えは誰からも返ってきません。
 
ただただ「生きる意味」を見失ったまま、苦しい毎日がつづいていくだけ・・・。
 
こんなにも苦しいのに、どうして私は生きてしまうのか。
 
なぜみんなは平気な顔をして生きていられるのか。
 
理解ができない。
 
そして、その苦悩を誰に知られることもなく、ただひたすらに苦しみに耐えながら日々を過ごしているのです。
 

満たされているはずなのに生きる意味を感じられない

 
一方、順風満帆に見える人生のなかで「生きる意味」を見失うこともあります。
 
仕事も問題なく、上司や同僚からも信頼されている。
 
昇進して収入も着実に増えてきている。
 
パートナーや子供にも恵まれ、家に帰れば笑顔で家族が迎えてくれる。
 
努力をして、この「絵に描いたような幸せな日々」を手に入れた。
 
そのはずなのに・・・。
 
なぜか生きづらい。
 
というか、毎日が虚しい。
 
まるで空気をギュッとつかんだかのように、生きていることに手応えがない。
 
満たされているはずなのに「生きる意味」がわからなくなってしまうのです。
 
ふと一人になると、部屋の酸素が薄くなったように息苦しい。
 
そしていつもの問いがやってくる。
 
「なんのために生きるのか?」
 
必死で答えてみる。
 
理想の仕事を手にして、新しいプロジェクトも任されているから。
 
「で?」
 
家族を愛していて、いつも楽しく過ごせているから。
 
「で?」
 
どう答えても、すぐにその答えを突き返されてしまう。
 
それがなんになるのか、と。
 
そしてまた一人「生きる意味」を見失ったまま、虚しい日々を送りつづけるのです。
 


人に理解されず、より苦しくなる

 
あまりの苦しさに「生きる意味」を見失う。
 
満たされているはずなのに「生きる意味」を見失う。
 
いっけん違って見えるこの悩み。
 
じつは、どちらにも切実な共通点があるのです。
 
それは、この切実な悩みを「人に理解してもらえない」という共通点です。
 
だから、より苦しくなってしまうのです。
 
というか「生きる意味」の問題というのは、そもそも人に相談しづらいものですよね。
 
相談することが恥ずかしいと思ってしまう人も多いものです。
 
だから、相談するにはとても勇気がいります。
 
そこをなんとか勇気をふりしぼって、いざ相談してみると・・・。
 
ほぼ間違いなく次の反応が返ってくるのです。
 
・笑われる
 
・茶化される
 
・困惑される
 
・生きている方がいいという前提で話をすすめられる(会話が成立しない)
 
・贅沢な悩みであると切り捨てられる(説教される)
 
結局、誰にも話が通じない。
 
そうして一人孤独に「生きる意味」についての悩みを抱え込むしかなくなってしまうのです。
 


「ピアカウンセリング」という解決策がある

 
ピアカウンセリング

 
苦しくても、満たされても、「生きる意味」を見失ってしまう。
 
そして、それを相談してもまともに取り合ってもらえない。
 
まさに袋小路です。
 
では、いったいどうしたらいいのでしょうか?
 
一つの解決策となるのが「ピアカウンセリング」です。
 
「ピア」とは、同輩や仲間という意味。
 
つまりピアカウンセリングとは、同じ苦しみを経験したことのある人に相談をして、アドバイスをもらったりすることです。
 
通常のカウンセリングと違い、カウンセラーも同じ経験をしているので、共感してもらえることが多く、現実的なアドバイスを受けることができます。
 
相談をする側も、「この人は同じ経験をしているから」ということで、アドバイスをすんなり受け入れやすいのも特徴です。
 
そしてなにより大きなメリットが「話が通じる」ということ。
 
これにまさるメリットはありません。
 
今まで誰に話しても通じなかった自分の悩みが、スムーズに通じる。
 
プロのカウンセラーに話しても、深刻そうな顔でフムフムとうなずかれるだけだった話が、あっさり通じる。
 
「生きる意味」を見失ったまま生きるという切実な悩みも、まるで「当たり前のこと」のように会話が成り立つのです。
 
そのため、「生きる意味」を見失うというわかりにくい不幸を抱えた人にとって、ピアカウンセリングは一つの大きな突破口となりうるのです。
 

ピアカウンセリングは自分もカウンセラーになる

 
またピアカウンセリングには、もう一つの大きな特徴があります。
 
それは、カウンセラーが入れ替わることができるということです。
 
つまり、相談をしていた人が、今度は相談を受ける側にもなれるのです。
 
通常のカウンセリングではありえないことですよね。
 
自分がカウンセラーとなり、相談を受ける側を経験することで、より誠実で細かくいきわたったカウンセリングをおこなうことが可能になります。
 
そのため二人のあいだに、とても深いふかい「共感と癒しのうず」がわき起きるのです。
 
なぜなら他者に共感するとき、私たちの脳からはオキシトシンという「幸せ物質」が放出されるからです。
 
参考文献
J Barraza, P Zak「Empathy toward strangers triggers oxytocin release and subsequent generosity」2009

 
まるでお互いの心がスゥーッと浄化されていくような解放感。
 
私は、それを「カタルシスのもたらし合い」と呼んでいます。
 
それは「生きる意味」を見失いカラカラに乾いた心に、ジュワ~っと水がしみ込んでいくような圧倒的な癒しをもたらしてくれます。
 

<引用>
ヒトにおいて、オキシトシンは心と身体に作用し安らぎと結びつきという、わたしたちの健康にとって大切な状態に関与している。(中略)ヒトのライフサイクルを通して、オキシトシンは心身の健康に重要な物質であると考えられる。

(引用元:二神 弘子 藤原宏子「オキシトシンと心身の健康」2018
 
だから私は、自分のオンラインコミュニティ「Adic Salon」のなかでピアカウンセリングができるようにしています。
 
会員さん同士がピアカウンセリングし合える仕組みがあるのです。
 
そこでは日々「カタルシスのもたらし合い」がわき起こっています。
 


「理解されない」「どうして自分だけ」というつらさが解消される

 
つらさが解消される女性

 
「生きる意味」を見失うという悩みは、そうかんたんに理解され、解決される問題ではないですよね。
 
それゆえに、とてもつらい。
 
なぜなら私たち人間は「理解されない」ということをことのほかつらいと感じるからです
 
このことは、生きづらさ専門カウンセラーという仕事をしていて、日々痛感することです。
 
どなたも今まで自分の悩みをまともに理解してもらえなかった。
 
それが、どれほどまでにつらいことなのか、私自身「生きる意味」を見失って生きてきた人間として身に染みてわかるつもりです。
 
さらに私たち人間は、「どうして自分だけ」という状況にもとても弱い。
 
このこともカウンセリングをとおして、日々強く感じることです。
 
どうして自分だけが、生きる意味を見失っているのか。
 
どうして自分だけが、こんなにも苦しまなければならないのか。
 
どうして自分だけが、誰にも悩みをまともに理解してもらえないのか。
 
その「どうして自分だけ」という思いが、苦しさに拍車をかけてくるのです。
 
そして、「理解されない」と「どうして自分だけ」という二つのつらさを同時に解消してくれるのが、ピアカウンセリングだと言えるでしょう。
 
ピアカウンセリングを受けて、なにか明確な解決策がわかったわけではない。
 
一発で悩みを解決できるような魔法のようなアドバイスを受けたわけではない。
 
ただ。
 
理解してもらえた。
 
自分だけじゃなかった。
 
そう思えるだけで、深いカタルシスが起きて心が癒されるのです。
 
じっさいにピアカウンセリングを経験した人たちからは、
 
「はじめて話が通じて、それだけでうれしかった」
 
「聴いてもらえただけで楽になった」
 
とおっしゃる方がとても多くおられます。
 
「理解されない」と「どうして自分だけ」という二つのつらさが同時に解消されること。
 
これもピアカウンセリングならではのメリットでしょう。
 

ピアカウンセリングが成立しないケース

 
「生きる意味」を見失うという切実な悩みに、ピアカウンセリングが効果的であることをお伝えしてきました。
 
ここで、とても重要なことをお伝えします。
 
それは、ピアカウンセリングは相談するだけではなく、カウンセラーとしても誠実に取り組む必要があるということです。
 
まれに、ピアカウンセリングとは「今までわかってもらえなかった苦しみをわかってもらえる場だ」としか考えていない方がおられます。
 
ただただ「わかって、わかって、わかって、わかって」という思いをぶつけてしまう。
 
ひたすら自分の苦しみを訴えつづけるだけで、自分は誰からの相談も受けない。
 
つまり自分がカウンセラーとして話を聴くという気が、はじめからないのです。
 
それではピアカウンセリングは成立しません。
 
一方的に感情をぶつけても「カタルシスのもたらし合い」は起きないからです。
 
だからたいていの場合、そのような方は「わかってくれなかった」という不満をもつことになり、終わりのない「理解者探しの旅」に戻っていくことになります。
 
ピアカウンセリングを成立させるためには、カウンセラーとしても誠実に取り組むことが欠かせません。
 
自分に利益をもたらすために、他人にも利益をもたらすこと。
 
つまり「自分のために人の役に立つ」というジニアスエゴイズムが必要なのです。
 


ピアカウンセリングを体験する方法

 
では、どうすればピアカウンセリングを体験できるのでしょうか。
 
しかも「生きる意味を見失う」という深い悩みを相談できる人を、どこで探せばいいのでしょうか。
 
たしかに、ピアカウンセリングが自分にとって必要であると感じても、その相手がかんたんに見つかるとはかぎりませんよね。
 
でも。
 
じつは、そのための具体的な方法があるんです。
 
それは、自分がピアカウンセラーになることです。
 
ピアカウンセラーになれば、同じ苦しみをもつ人があなたのもとに集まってきてくれます。
 
その方たちと、ピアカウンセリングをすればいいのです。
 
先ほどご紹介した「Adic Salon」も、そのための場所の一つです。
 
そう考えると、生きづらさ専門カウンセラーという私の仕事も、ピアカウンセリングだと言えるでしょう。
 
もちろん私は、ご相談者様にカウンセリングをしていただくことはありません。
 
ただ、それでも充分に癒されます。
 
同じ苦しみを抱えている方のカウンセリングをさせていただくことで、カタルシスがわき起こり、私自身がとても癒されるのです。
 
なおかつご相談者様のお役にも立てるのですから、大きな「充実感」もわき上がってきます。
 
おかげさまで、私は毎日「充実感にヒタヒタに満たされた人生」を過ごさせていただいております。
 
それは「生きる意味」を実感するのに充分な答えを与えてもくれます。
 
あなたがもし「生きる意味」を見失っているのなら。
 
ピアカウンセラーを目指してみませんか?
 
Adic Salon」では「ピアカウンセリング講座」を無料で受講することもできます。
 
ぜひあなたも、ピアカウンセリングにチャレンジしてみてくださいね。
 
Adic Salonの次回入会受付は、
 
【2021年3月16日(火)夜8時から】
 
となります。
 
詳しくはこちらの「特設サイト」をチェックしてください!
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

 

関連するコラム

自分のために人の役に立とう(ただし押しつけにならないように)
生きづらい、生きにくい - その原因と対処法
 

もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。

おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。