自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第7回

迎合しない

 
自分にもっと自信を持ちたい。
 
自分にもっと自信があれば、
色々なことにチャレンジできるのに。
 
クヨクヨ悩まなくても済むのに。
 
あなたもこのような
やるせない気持ちになる時が
ありますでしょうか。
 
「自信をつけたい。」
 
誰もがそう思う瞬間が
必ずありますよね。
 
私たちは、
自信をつけるために、
色々な努力をします。
 
自分を好きになる努力をする。
自分の良いところを見つける努力をする。
嫌なことでも真正面から克服する努力をする。
 
そんな「する」努力を重ねても、
一向に変わる気配がない。
 
それどころか、
ささいな事で
動揺している自分に気づき
努力の虚しさを噛みしめてしまう・・・。
 
それもそのはず、
自信は「つける」ものではなく、
「わいてくる」ものだからです。
 
何かを「する」ことで
あとから付け足すのではなく、
何かを「しない」ことで、
自分の中から沸き出てくるものなのです。
 
そもそも自信は、
自分の奥に沈んでいるだけ。
 
水の入った
コップの底に沈む
『コイン』を想像してみてください。
 
コップの底の『コイン』が
自信です。
 
周りにある『水』が、
自信を無くさせる要素です。
 
この『水』を
減らしていけば、
『コイン』は自然と顔を出します。
 
つまり、
奥底に隠れていた自信が
『自然とわいてくる』のです。
 
では、
何を「しない」ことで、
コップの中の『水』を
減らせるのでしょうか?
 
3つあります。
 
一つ目は、
 
『迎合』
 
です。
 
私たちには、
社会生活ににおける
恐怖心があります。
 
人に拒否されたくない、
人に怒られたくない、
人に嫌われたくない、
仕事を失いたくない、
雰囲気の悪い環境にいたくない。
 
その恐怖心が、
『水』の中にたくさん含まれています。
 
恐怖心は、
恐怖心を動機とする行動によって
より強められてしまいます。
 
つまり、
「人に拒否されたくない」
という恐怖心から
他人に『迎合』してしまえば、
コップの中の『水』が増えてしまうのです。
 
恐さを回避するために
とっている行動が、
さらに恐さを強めてしまうのです。
 
『迎合』をやめれば、
コップの中の『水』に
たくさん含まれている
恐怖心がみるみる無くなっていきます。
 
当然、『水』の量が減ります。
 
無理に相手と対決する必要はありません。
 
嫌な相手との関係を、
真正面から克服する努力は必要ないのです。
 
その相手に、
『迎合』さえしなければいい。
 
私たちの気づかぬところに、
『迎合』は忍び込んでいます。
 
あなたの行動の中にも、
『迎合』が隠れていませんか?
 
相手の機嫌をとるために
あいさつする。
 
やたらと褒める。
 
もめてもいないのに
とりあえず謝る。
 
沈黙が生まれたら
とにかく何か話し出す。
 
もし『迎合』が
動機になっていると感じたら、
その行動をとらない。
 
『しない努力』をしてみましょう。
 
「迎合しない」と、
心の中で唱えましょう。
 
『迎合』し続けなければ
生き延びられない環境で
育った人もいます。
 
私もそうです。
 
私たちが
コップの底の『自信』に
出会うためには、
真正面から克服することは懸命ではありません。
 
それは、
コップの中の『水』を
減らしてからの話です。
 
まずは、
『迎合しない』。
 
ここから始めましょう。
 
始めてすぐ、
コップの中の『水』が
減っていくことを
実感できると思います。
 
次回は、
コップの中の『水』を減らす
2つ目の「しない」努力を
ご紹介いたします。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ