自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第4回

動じない

 
「動じないなんて無理!」
 
まったく、その通りだと思います。
 
『どうじない努力』という
タイトルをつけておきながら、大賛成です。
 
物音にビクっとして
動悸がはやまる。
 
動じるのは、体が引き起こす自然現象。
どうしても、動じる時がありますよね。
 
というよりも、
そのおかげで私たちは
危険を察知できる訳です。
 
「私の体さん、動じてくれてありがとう」
と感謝してもいいくらいですよね。
 
でも、今回のテーマは
「動じない」努力です。
 
では一体、
どんな「動じない」努力をするのかというと、
 
『動じた自分に動じない』 努力
 
をしていくことをオススメしたいんです。
 
ご説明しますね。
 
このコラムで
ご紹介を続けているような
『平穏な心』を保つ努力。
 
そういった努力を続けていくと、
心が乱れてしまった時に、
すごく動揺してしまうことが出てくると思います。
 
「せっかく平穏でいられる努力をしているのに、
 なぜ心が乱れてしまったのだ!」
 
と、動揺してしまうのです。
 
つまり、
 
『動じてしまった自分に動じてしまう』
 
わけです。
 
例えばここまでご紹介した
感謝しない努力
自分のせいにしない努力
 
あなたも、
すでに試していただいたことと思います。
 
これによって
常に平穏でいられて、
ストレスを少しでも減らしていただけたのなら、
とても嬉しく思います。
 
でも逆に、
こんな心情になった場面は
ありませんでしたか?
 
「ああ、つい上辺で感謝して
 ストレスを感じてしまった!
 せっかく努力してきたのに・・・。
 ストレスを感じないようにしなきゃ。
 どうしてできないんだ。
 努力が足りないのかな。」
 
「ああ、また自分のせいにして
 落ち込んでしまった!
 ちゃんと努力してるのに!
 冷静にならなきゃ。
 何でできないんだ。
 私には向いてないのかな。」
 
これが、
 
『動じた自分に動じている』状態
 
です。
 
ストレスを感じないはずなのに、
ストレスを感じてしまった。
 
冷静でいられるはずなのに、
冷静でいられなかった。
 
つまり、動じてしまった。
 
だから
「ああ、動じてしまった!」
と、焦る。
 
「何とかしなければ!」
と、さらに焦る。
 
「何でできないだ!」
と、自分を責める。
 
セロトニンのために
ストレスを減らそうとしているのに、
これでは、逆効果ですよね。
 
確かに、
せっかく努力してきたことが
出来なかったわけですから、
誰だって動じてしまうと思います。
 
しかしいくら焦っても
自分を責めても、
動じてしまったことを
取り返せる訳ではありません。
 
時間も巻き戻せません。
 
「なんで動じてしまったんだ!」
と、動じれば動じるほど、
ストレスを感じ、
さらに冷静さを失うだけです。
 
だから一旦、
動じた自分を認めましょう。
 
心が乱れた自分を認めましょう。
 
平穏な心を保てなかった自分を
認めてしまうのです。
 
平穏な心でいられるというのは、
「まったく何も感じなくなる」という
ことではないですよね。
 
ストレスを感じることもあります、
冷静さを欠く時もあります。
 
そんな
『動じた自分』を受け入れて
冷静に対応できる心が、
『平穏な心』なのではないでしょうか。
 
『動じた自分』を、
動じずにしっかりと受け止めてあげましょう。
認めてあげましょう。
 
それが、
 
『動じた自分に動じない』努力
 
です。
 
『しない努力』を
この先も続けていただくにあたって
余計なストレス、余計な焦りから、
きっとあなた守ってくれるはずです。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ