自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第12回

理解しない

 
あなたの周りには、
 
「誰かに理解してもらいたい」
 
と必死になって自分の苦しさを
訴えている人がいらっしゃいますか?
 
理解してもらいたくても、
なかなか理解してもらえない悩み。
 
そんな複雑な悩みを抱えている方が、
身近におられますでしょうか。
 
私は、
その複雑な悩みの種となっているものを
 
『わかりにくい不幸』
 
と呼んでいます。
 
私たちは他人が抱える
『わかりにくい不幸』を
自分なりに理解し
相手の立場に立って
 
「それは確かにつらいなぁ」
 
と思いやってあげることがありますよね。
 
それなのに相手からは
 
「解ってくれていない!」
 
と言い放たれてしまい、
怒りや悲しみを覚えることが
あるのではないでしょうか。
 
また逆に相手の苦しみを
自分なりに理解したことで
 
「そんなことくらいで悩むなんて」
「甘えてるだけなんじゃないの」
「みんな我慢して生きてるんだよ」
 
といった気持ちが浮かんできて
相手を励ましたり叱ったりすることが
あるのではないでしょうか。
 
その結果相手がますます
心を閉ざしてしまうこともありますよね。
 
どちらのパターンも
相手の苦しさを"理解する”ことに
よっておきたできことです。
 
そこで提案したいのが
 
『理解しない努力』
 
です。
 
相手の苦しみに触れて
心の底から同情の気持ちがわいてきた時。
 
相手の苦しみに触れて、
叱咤激励の言葉が浮かんできた時。
 
そのまま言葉にする前に、
「本当に理解できているだろうか?」
ともう一度考えてみることをオススメしたいのです。
 
つまり
 
"安易に理解しない”
 
努力をして欲しいのです。
 
なぜなら私たち人間の心は、
まさに生き物のように
日々変わっていくものだからです。
 
相手の苦しみも
常に日々形を変えているはずですよね。
 
"理解した”という感覚は、
人の心がずっとそのままでいるという
前提によって成り立つ考え方ではないでしょうか。
 
だから私は思うのです。
 
"理解する”ことよりも、
"理解しようとする”ことのほうが
大切なのではないか、と。
 
日々変化する心を"理解する”よりも
常に"理解しようとし続ける”ことこそ
大切なのではないでしょうか。
 
私たちの脳には、
人間らしい思考をつかさどる
『前頭前野』という部分があります。
 
その一部分である
『内側部』というところは、
人を思いやり共感すると活発に動くそうです。
 
セロトニン研究の第一人者である
有田秀穂博士はこの部分を
『共感脳』と名づけました。
 
『共感脳』を活発に動かすことは
思いやる能力を鍛えることになるとして
人への親切や語り合いをススメておられます。
 
"理解した”と思ってしまうことは、
そこで『共感脳』の成長を止めてしまうことに
なるかもしれません。
 
"理解しようとし続ける” ことで
『共感脳』は活動し続けて、
私たちの思いやり能力を高めてくれるのでは
ないでしょうか。
 
そのためには
"理解した”と思っても
あえて勇気をもってその気持ちを疑う。
 
『安易に理解しない努力』をして欲しいのです。
 
相手を理解してあげることよりも、
"理解しようとし続ける”その気持ちこそが
私たちの思いやり能力を高めてくれる。
 
相手の気持ちに寄り添っていける "心” を
育んでくれると言えるのではないでしょうか。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ