自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第3回

自分のせいにしない

 
今回も、
あらかじめ書いておきますと、
 
「自分のせいにしない!
 人のせいにしよう!」
 
という無責任なお話では、
もちろんありません。
 
あなたは、
こんなことでお悩みになることは
ありませんか?
 
「なんでこんなことくらいで腹がたつのだろう…。」
 
「こんな程度で恐がるなんて我ながら情けない・・・。」
 
「このくらいで落ち込むなんて自分が嫌になる…。」
 
ネガティブな感情に振り回されて、
そんな自分を責めてしまう時、
誰だってありますよね。
 
なんとか
ネガティブな感情が起きないようにして、
笑顔でさわやかにいられるように努力を重ねる。
 
でも、うまくいかない。
 
落ち込む。
 
さらに努力する。
 
うまくいかない。
 
自分がいやになる。
 
これは全て、
ネガティブな感情が起きたことを
『自分のせい』にしているから生まれる
悪循環ですよね。
 
ここで言う自分とは、
自分の『意思』のことです。
 
『感情』を自分の『意思』で
コントロールできるものだという前提で
努力すると苦しくなってしまいます。
 
確かに私たちは
怒りや恐怖を
自分の意思で静めていくこともできます。
 
でもそれは、“感情”が
 
『起きたあと』
 
のお話ですよね。
 
最初に起きる“感情”は、
『生理現象』です。
 
針を腕にさされたら
「痛い!」と感じるのと同じです。
 
「痛い!」と感じたあとに
「痛がらないようにする」ことはできますが、
「痛い!」と感じることは避けようがありません。
 
怒りや、恐怖や、落ち込みも同じで、
そう感じてしまうこと自体は、
『生理現象』なのですから、
避けようがありませんよね。
 
私たち人間は、
ついつい自分の『意思』が発生する
優先順位をあげてしまいがちだと思います。
 
1『知覚』 → 2『意思』 → 3『感情』という
優先順位で発生すると考えがちではないでしょうか。
 
でも実際は、
1『知覚』 → 2『感情』 → 3『意思』という
順番で発生しますよね。
 
『知覚』までではなく、
『感情』までが自然に発生しています。
 
『感情』の発生は、
自分の『意思』とは無関係ではないでしょうか。
 
だから、
起きてしまった『感情』に対して、
「どうしてこんなことくらいで・・・」と
自分のせいにするのは、
もうやめにしませんか?
 
自分のせいに「しない」努力を
していきましょう。
 
でも、冒頭に書かせていただいたとおり、
人のせいにしても何も解決しないですよね。
 
では、何のせいにすればいいのでしょうか?
 
『人体の構造のせい』にしてください。
 
自分の意思のせいではなく、
人間の体がおこした生理現象のせいなのだと
考えるクセをつけていきましょう。
 
怒りや、恐怖や、落ち込みといった
ネガティブな感情は、
脳の大脳辺縁系というところにある
 
『扁桃体』
 
が、目の前のできごとを不快だと
判断したからおきていると
言われています。
 
その『扁桃体』の敏感度は、
人それぞれ。
 
敏感肌みたいなもので、
基本的には自分では
どうすることもできないようないのです。
 
これは、
自分だけではなく、
他の人にも言えることですよね。
 
怒りっぽい人、
恐がりな人、
落ち込みやすい人、
みんな、そういう『扁桃体』なのです。
 
本人の『意思』で、
やりたくてやっている訳ではありません。
 
そう相手を思いやるクセをつけると、
相手の感情に振り回されずに済むように
なるかもしれませんね。
 
相手のせいにしない。
『人体の構造のせい』にしましょう。
 
では、私たちは、
『扁桃体』がおこすネガティブな感情に対して
何もできないのでしょうか?
 
あきらめるしかないのでしょうか?
 
そんなことはありません。
 
『起きた後の感情』に対しては、
『意思』の力で対処することができますよね。
 
『扁桃体』の活動に、
『意思』の力で介入できることが
研究でも解ってきています。
 
その時、
大きな手助けをしてくれるのが、
『セロトニン』 です。
 
セロトニンは、
ネガティブな感情にかかわる脳内物質の
放出をおさえてくれます。
 
私たちが
冷静に、穏かに考えられるように
保ってくれるのです。
 
ネガティブな感情を
すぐに自然に静めていくことが
できるようになります。
 
そのためには『生理』の対策として
セロトニンを脳内に
十分に分泌させておく必要があります。
 
その上で『心理』の対策として
自分のせいに「しない」努力を
していきましょう。
 
自分のせいに「しない」努力で、
私たちの心を育てていきましょう。
 
ネガティブな感情を引きずらない
冷静で穏かな、“強い心”へと。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ