自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第8回

攻撃しない

 
自信をつける。
 
自信は、
コップに入った『水』の底に沈む
『コイン』のようなもの。
 
『水』を減らせば
『コイン』が自然と顔を出す。
 
前回そんなお話を
させていただきました。
 
コップの中の『水』は
3つのことを “しない” と
減らしていくことができます。
 
一つ目は、
前回ご紹介した
 
『迎合しない』
 
でしたね。
 
今回ご紹介するのは、
二つ目です。
 
それは、
 
『攻撃しない』
 
です。
 
もちろんあなたは
 
「攻撃なんて・・・、
 そんなことめったにしないでしょう」
 
と感じられると思います。
 
確かにそうですよね。
 
面と向かって自覚を持って
『攻撃』をすることは
めったにしないと思います。
 
でも、
このようなご自身の行動に
お心当たりはありませんか?
 
●人の揚げ足をとる
例えば、会ってすぐに、
お化粧や髪型の乱れを指摘する。
 
●人をネタにして笑いをとる
例えば、
「この子こういうクセがあるんだよねぇ」
と飲み会などでバラす。
 
●人のアラばかり口に出す
例えば、テレビを見ながら
「この人がよくテレビに出られるね」
「この歌のどこがいいか解らない」
と、いちいち文句を言う。
 
などなど。
 
何となく
『攻撃』というほどでは
無い感じがしますよね。
 
でも、これらの
人をバカにしてしまうような行動も
立派な『攻撃』なんです。
 
なぜなら、
相手の心は“しっかり”と
傷ついているからです。
 
言われた相手は潜在的に、
あなたに不快感を持ち、
敵意を感じるかもしれません。
 
積もり積もれば、
あなたへの腹立たしさを
自覚するかもしれませんよね。
 
あなたに限らず、
誰もがこんな『攻撃』を
ついついしてしまのではないでしょうか。
 
私たちはなぜ
こんな誰の得にも
ならないような『攻撃』を
してしまうことがあるのでしょうか?
 
それは、
 
“自信がないから”
 
です。
 
自信がないから
先に相手のミスを指摘します。
 
自信がないから
相手をバカにして
自分が優位に立とうとします。
 
つまり自信が無くて
 
 
『不安』
 
 
なのです。
 
なぜ『不安』になるのでしょうか?
 
それは、
 
 
『攻撃』
 
 
してしまうからです。
 
堂々巡りですね。
 
前回ご説明したとおり、
人間は行動すればするほど
その行動の動機を強めます。
 
自信がなくて『不安』だから
『攻撃』をする。
 
『攻撃』をすれば
自信がなくなって、
『不安』が強くなる。
 
だからまた
『攻撃』をしてしまうのです。
 
しかも『攻撃』の
やっかいなところは、
“怒りや恨みを解消する効果”も
あるところです。
 
私たちは心の奥底に
根雪のように積もった
『怒り』や『恨み』を抱えています。
 
虐げられ、
バカにされ、
それでも耐え忍ぶしかなかった
『怒り』や『恨み』。
 
その膨大な
『怒り』や『恨み』を
攻撃することで解消しているのです。
 
つまり“傷を癒すため”に
攻撃してしまうという
一面があるということなんです。
 
傷を癒すことは快感です。
ついついクセになります。
 
だから、
『攻撃』を続けてしまう。
 
その『攻撃』には、
残念ながら “もれなく”
『不安』を強める効果がついてきます。
 
つまり 『傷を癒したい・・・』
という欲望に負け続けると
自信がどんどん無くなっていくのです。
 
攻撃ばかりしていたら
当然、人からも
嫌われていくでしょう。
 
人も嫌な思いをします。
 
自分にとっても
他人にとっても
何も良いことが無いですよね。
 
だから
 
『攻撃』
 
しない。
 
人と会っても
相手をバカにせず見下さず
対等に堂々と接する。
 
こうして『攻撃』をしなければ、
『不安』が自然と減っていきます。
 
コップの中の『水』(不安)が
どんどんと減っていき、
底にあった『コイン』(自信)が
顔を出してくるのです。
 
まずは
自分と人との関係を良く見て
自分の行動の中に『攻撃』が含まれていないか?
 
よく観察するところから
始めてみませんか。
 
きっと、
たくさんの『攻撃』が
潜んでいることに
気がついていただけると思います。
 
ちょっと
ショックを受けてしまうかも
しれませんが大丈夫。
 
『攻撃』をやめればすぐに、
自分の心の奥底から
今まで感じたことのない
『自信』がみなぎってくることを
感じてもらえると思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ