自分で自分を追いつめない方法

 

しない努力をアピールする女性の画像

 

しない努力

 
第10回

したがわない

 
したがわない?
 
そんなこと言われても
難しいですよね。
 
現実問題、
したがわなければならない場面は
山ほどあります。
 
上司からの指示にしたがわなければ
たくさんの面倒がおきたあげくに、
仕事を失うかもしれません。
 
あなたが看護士なら、
手術中に医師から
 
「メス」
 
と言われて、
 
「したがいません」
 
とは言えば、
人の命にかかわります。
 
法律にしたがわなければ、
逮捕されてしまいます。
 
そもそも、
『したがわない』ことに、
いったい何のメリットがあるというのでしょうか?
 
実は、私たちは、
したがわないことによって
 
『焦り』 『義務感』 『後悔』
 
から解放されるのです。
 
つまり、
 
「早くしなきゃ」
 
「やらねばらない」
 
「ああしておけばよかった」
 
という、
よくある苦しい感情に
とらわれずに生きていけるようになるのです。
 
『したがわない』とは、
何でもかんでも
人の言うことに反発する
ということではありません。
 
『黙ってしたがわない』
ということ。
 
つまりあなたが、
 
『考えてから自分で選ぶ』
 
ということなのです。
 
『自分で決める』という
自覚を持って生きる方法とも
言えるかもしれません。
 
「自分で決めるのだ」
「自分で決めたのだ」
という感覚ほど私たちを
『焦り』 『義務感』 『後悔』から
解放してくれるものはありません。
 
例えば、
あなたが仕事に追われている時、
上司から別の案件について
 
「あの企画書、早く出して」
 
と指示されたとします。
 
反射的に
「ハイ、今すぐ取り掛かります」と
したがってしまえば、
 
「早くしないと」
 
と自動的に焦ってしまいます。
 
他の仕事で忙しいのに
 
「企画書を出さねばならない」
 
と義務感で苦しくなり、
上司に怒りが向きます。
 
さらに、自分の仕事が遅れて
残業となり
 
「スケジュール考えてから
 返事すればよかった」
 
と後悔することにもなります。
 
『黙ってしたがう』ことで、
焦りと、義務感と、後悔が
同時に発生してしまいますよね。
 
じゃあ、実際のところ、
上司の指示を断れるのかと言えば、
それも難しい問題です。
 
だから、
 
『自分で考えて選ぶ』
 
のです。
 
上司から
「企画書、早く出して」
と指示される。
 
今は他の仕事で忙しい。
でも、ここでいきなり断るほど
忙しくはないかな。
上司もお客さんからせかされて
落ち着かないのかもな。
ちょっと優先してあげるか。
2時間くらいの残業なら、
手当ても出るし、やっても悪くないか。
よし引き受けよう。
 
「ハイ、今すぐ取り掛かります」
 
結果的には同じ返事、
同じ行動をとるかもしれません。
 
しかし、それを
 
『自分で考えて選ぶ』
 
ことが重要です。
 
『自分で決めた』という
自覚があるだけで、
 
「早くしなきゃ」
「ねばならない」
「ああしておけばよかった」
 
という感情にさいなまれなくて
済むようになるからです。
 
『したがわない』努力をする訳です。
 
これをいきなり
人間相手にやるのは、
なかなか難しいかもしれませんよね。
 
そんな時、
私がオススメしているのは、
“機械”を相手に
『したがわない練習』をすることです。
 
例えば、信号機。
青になっても、
反射的には進まない。
 
一旦、待ちます。
 
今、進む理由を考えてみましょう。
 
「待つのが嫌いだから」
でもかまいません。
 
それから進みましょう。
 
特に今すぐ進む理由がなければ、
次の青まで待ってみましょう。
 
例えば、駅のホーム。
電車が来ます。
ドアが開きます。
 
乗らない。
 
一旦、待ちます。
今、乗る理由を考えてみましょう。
 
都心であれば、
5分に一本は電車がきます。
 
それでも本当に今、
この電車に乗る必要があるのか
考えてみましょう。
 
特に今すぐ乗る理由がなければ、
次の電車を待ってみましょう。
 
『黙ってしたがう』のをやめて
『したがわない』練習をするのです。
 
言うまでもありませんが、
『したがわない』からと言って、
赤信号なのに進んだり、
ドアがしまった電車に
乗ろうとするのは絶対やめましょう(笑)
 
慣れてきたら、
職場などで人を相手に
やってみましょう。
 
回を重ねるごとに
あなたの、
 
『焦り』 『義務感』 『後悔』
 
が、グーンと減っていくのを感じていただけると思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ