TOP | コラム一覧 | Brain with Soul現象 | 扁桃体が世界の性質を決める


この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第14回
扁桃体が世界の性質を決める

 
私は、
 
「扁桃体が世界を性質を決める」
 
と考えています。
 
扁桃体とは、脳にある『心のアンテナ』。
 
目の前の現実をあなたが認知した時ときに「快か?不快か?」を判断します。

それはあなたの中でくだされる、現実に対する「最初の判断」ともいえるものの一つです。

意識されるよりも速いため、あなたは目の前のものがなんなのかもわからずに、驚いたり、声をあげたり、避けたりすることができます。
 
ときにその働きは命にもかかわるため、「攻撃するのか?逃げるのか?」という究極の判断をも瞬時におこなってくれるのです。
 
そこには「怒り」と「恐怖」という感情がつきまといます。
いち早く目の前の現実が「快か不快か」を判断する。
 
つまりそれは、この世界そのものをどのように受け止めるのか判断しているということになるでしょう。
 
この世界の性質を決める、最初の判定者、それが扁桃体です。

扁桃体によって、この世界の受け止め方が決まる。
 
あなたにとってこの世界がどんな世界なのか、その性質は扁桃体によって決まるのです。
 

<参照記事>
扁桃体の役割と生きづらさの原因との関係を、図や参考文献ととともに詳しく解説しています
生きづらい原因は脳の扁桃体?

 
この扁桃体の敏感度は、人それぞれによって大きく違います。

その後、幼少の頃の体験によってより敏感になるかどうかが分かれるのです。
 
人間にとって不条理で危険な場所で、長いあいだ幼少期を過ごせば当然敏感度は高まってしまいます。
 
不快なものにより反応しやすくなり、怒りやすくなり、恐がりやすくなるのです。
 
つまり、もしあなたの扁桃体が敏感であれば、世界は無条件に不快な性質をおびやすくなるということ。

あなたに「怒り」や「恐怖」を湧きあがらせる引き金に満ちた、好ましくない性質の世界になるということです。
 
それは「生きづらい世界」と言えるかもしれません。
 
これはなにを意味しているでしょうか?
 
それは生きづらさを決めているのは『事実』だけではないということ。

私たちはふだん、自分たちの住む世界の性質を『事実』のみによって決めようとします。
 
○○という事実があるから楽しい、○○という事実があるから苦しい、と。
 
たとえば身近な例で言えば「運動会があるから楽しい」といったふうに。
 
しかし本当は「運動会がある」という事実だけでは世界の性質は決められません。
 
運動会があるという『事実』それ自体に、あなたが快か不快を感じるかは決めることはできないからです。
 
もちろん、運動が得意という『事実』があれば運動会は、楽しいかもしれません。
 
そして、運動が苦手という『事実』があれば、運動会は苦しいかもしれません。
 
でも、たとえ運動が得意でも運動会が嫌いな人もいるでしょう。
 
それは「みんなで大騒ぎする」という『事実』があるかれかもしれません。
 
しかしこれも「みんなで大騒ぎする」からこそ運動会が好きな人もいるでしょう。
 
つまり『事実』をいくら寄せ集めても、世界の性質は決められない。

『事実』だけでは、世界の性質は決められないのです。
  
世界の性質を決めるのに必ず必要なのは『扁桃体』だということです。

だから、生きづらさから脱け出すためには「扁桃体をいたわる」ことが不可欠なのです。
 
そして、あなたの扁桃体に合った生き方を見極める必要があるのです。
 
それさえできれば、あなたの生きづらい人生が「心地よい人生」へと着実に変わっていくということです。
 
それを実現するために欠かせない、扁桃体のもつ『ある重要な特質』があります。
 
次回はその重要な特質ご紹介していきましょう。
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
【残り1席です】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。