この世界を知り、生きづらさから脱け出す

 

Brain with Soul現象

 


第16回
強烈な幸せ

 
 
扁桃体が敏感な人が持つ『能力』とは、
いったいどんな能力でしょうか?
 
それは、
 
『強烈な幸せを感じられる能力』
 
です。
 
扁桃体が敏感ということは
感情の反射神経が、
とてもいいのです。
 
そのため、人一倍苦しい思い、
ツラい思いをしてきています。
 
さらに。
 
扁桃体が敏感な人は、
幼い頃に複雑な環境で
育った可能性が高い。
 
そのため、
感情移入する能力
非常に高くなっているのです。
 
たとえば、
扁桃体が敏感な人には、
映画や小説など、
たとえ作り話であっても、
そこに、
 
『強烈な現実感』
 
を感じることができます。
 
これは扁桃体が丈夫な人、
複雑な経験をしたことがない人には、
やりたくてもできないことです。
 
まさに一つの大きな、
 
『能力』
 
と言えるでしょう。
 
人生の複雑さ、
孤独に生きる苦しさ、
人間関係のはかなさ、
人の心のあさましさ…、
この世界そのものの不条理さ、
 
そういった、
人生のネガティブな側面を、
 
敏感に、そして、
とてもリアルに感じ取る
『能力』を持っているのです。
 
ということは。
 
日常的なささいな幸せを、
感じ取れるようになれば。
 
そのささいな幸せが、
とても大きく感じられる。
 
すなわち、
 
『幸せの落差』
 
によって、
ささいな幸せでさえ、
簡単に大きな幸せを
感じられるようになる。
 
さらに、
それだけでは済みません。
 
もし誰もが感動するような、
明らかに幸せなできごとに遭遇したら。
 
その幸せのインパクトは、
はかり知れないほど大きくなる。
 
つまり、
扁桃体が敏感な人しか味わえない、
 
 
『強烈な幸せ』
 
 
を感じることができるのです。
 
『強烈な幸せ』を味わえるのは、
扁桃体が敏感な人だけの特権なのです。
 
これは、
よく耳にするような、
 
「すべてのものを、
 愛することができる」
 
とか、
 
「すべてのものに、
 感謝できるようになる」
 
という聴きごこちの良い、
道徳的な能力とはまったく違います。
 
扁桃体が敏感な人の持つ
『能力』とは、
 
ネガティブな感情と
幸せな感情との落差を、
味わえるということ。
 
それは、
 
心の中の移動距離が、
長いということ。
 
つまり、
 
『心の空間』
 
を広く使えるということなのです。
 
せっかく扁桃体が敏感ならば。
 
その『能力』を存分に生かしたい。
 
『心の空間』を存分に飛び回りたい。
 
あなたは、
そう思いませんか?
 
そこで次回はこの、
『心の空間』について、
詳しくお話ししていきたいと思います。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ