なぜ自分ばかりが苦しいのか?

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

第19回
努力の「配分」を考える

 
自分を迎合させてしまう
「環境」から離れるための
人生の「方向」を見出し、
その新たな「方向」へと
実際に歩みはじめるとき。
 
実は、一つ気をつけたい
重要なことがあります。
 
それは、
 
「努力の配分」
 
を考えるというステップを
踏むということです。
 
ここまで、
今まで迎合を止めるために
かけていた労力を、
新たな人生の「方向」へと
進むために振り向ける、
つまり、「努力の方向」
変えるための考え方や方法について、
あなたとともに見てきました。
 
しかし、
その新たな「方向」へと、
全力で努力をしてしまうと、
なかなかやっかいな問題が
起きてしまいます。
 
それは、
周囲にいる人たちとのあいだに、
摩擦が生まれるという問題。
 
今まで過ごしてきた「環境」から
距離を置こうとすることで、
その「環境」で
ともに過ごしてきた人たちから
引きとめられたり、
ときには非難され、邪魔されるなど、
さまざまな人間関係の問題が
起きてきてしまうのです。
 
私たち人間をはじめとする
あらゆる生物は、
今暮らしている「環境」を
乱されることを嫌います。
 
できるだけ
今と同じ状況を保とうとし、
安全や安心を持続させようとする
傾向があります。
 
その中で、
今暮らしている「環境」の
一員である誰かが、
これまでとは別の行動を取ろうとしたり、
ましてやその場から離れ、
「環境」の構成をかえようとするならば、
全力でそれを阻止したくなります。
 
そのため、
人生の「方向」を変えようとする人に対して、
その「方向」へ進もうとするのを、
 
「危険だ」
「心配だ」
「無理するな」
 
と引きとめたり、
 
「逃げるのか」
「裏切るのか」
「見捨てるのか」
 
と非難したり、
 
「どうせできない」
「無駄だ」
「失敗しろ」
 
と邪魔したりしてしまうのです。
 
また、単純に、
自分と距離をおかれたり、
手を切られて、こころよく思う人は
まずいないでしょう。
 
ましてやそれが、自分に対して
迎合してくるのが当たり前で、
自分を気持ち良くさせてくれていた
相手なのだとしたら、
自分をないがしろにするような
態度の変化に接して、
なおさら腹を立ててしまうことでしょう。
 
ひどいさみしさを
おぼえてしまうことも、
あるかもしれません。
 
その結果、
自分から離れようとしている
その人に対して、
やはり引きとめたり、非難したり、
邪魔をしたりしてしまうのです。
 
迎合という虐待の後遺症を抱え、
ただでさえ
人付き合いが得意ではないのに、
新たな「方向」に進んだせいで、
周囲の人たちとのあいだに
そのような大きな摩擦が
おきてしまったら、
それは大きな心の負担となってしまいますよね。
 
そして、
実際にその摩擦を解消するために、
多大な労力を注ぎ込まざるをえなくなり、
新たな人生の「方向」へも、
なかなか進めなくなってしまいます。
 
そのような
望ましくない状態を回避するために、
 
「努力の配分」
 
を考える必要があるのです。
 
新たな人生の「方向」へ、
全力を注ぎ込もうとするのではなく、
周囲の人たちとのあいだに、
無駄な摩擦が
できるだけおきないように配慮するために、
労力を少し残しておく。
 
そして、
新たな人生の「方向」への道のりを、
スムーズに歩んでいけるように
工夫していくのです。
 
どんなにこちらが、
今までいた「環境」から
逃れようとしても、
その「環境」にいた人たちと、
まったく関わらなくて済むようになるには、
それなりの時間が必要になります。
 
また、
無事に逃れたあとであっても、
その相手が職場の人であれ、家族であれ、
偶然会うこともあるでしょうし、
顔をあわせる必要があったり、
連絡をとる必要がある場合がでてくるものです。
 
そのようなときに、
相手が引きとめてきたり、
非難してきたり、邪魔してきても、
 
逃げると決めたのだ」
 
と深刻になって相手を避けるのではなく、
そつなく対応できるように準備をしておく。
 
つまり、
自分を迎合させてしまう「環境」から
逃れることだけに努力するのではなく、
自分を迎合させてしまう相手や状況に
遭遇したときにどう対処するかを考え、
実際に対処するためにも
努力を振り向けるということです。
 
たとえば、先ほどの例のように、
苦手な同僚や部下から逃れるために、
職場で配置がえをしてもらえるように努力をして、
無事に異動できることになったとします。
 
しかし、
よほど大きな会社でないかぎり、
もといた部署とは仕切りもない
同じフロアで仕事をするということは
よくあるものです。
 
また、同じ会社であるかぎり、
苦手な同僚や部下と
仕事で顔を合わせることもあるでしょう。
 
そんなとき、
異動の事情を知ってか知らずか、
その同僚から、
 
「そんな地味な部署やめて、こっち戻ってきなよ。俺から部長に進言してあげようか?」
 
と、もとの「環境」に
引き戻そうとしてくれたり、
部下から、
 
「そっちは楽そうでいいっすよねぇ~。こっちは、人手が足りなくていっぱいいっぱいですよ。」
 
と異動したことに対して、
非難めいたことを言われたり、
また、もとの上司から、
 
「・・・・・・・。」
 
と、不機嫌そうな表情で
無視されることがあるかもしれません。
 
このような状況にふいに遭遇して、
「逃げる」ことに必死になり、
深刻に否定したり言い返してしまっては、
よけいな摩擦がおきてしまいますよね。
 
同僚からは、
 
「せっかく気をつかってやったのに、その態度はなんだよ。」
 
と責められ、部下からは、
 
「なに必死に言い訳してるんすか?うける~。」
 
とからかわれ、上司からは、
 
「謝るくらいなら、はじめから異動なんてするなよ。」
 
と文句を言われる。
 
そして、それ以来、会うたびに
お互いに険悪な雰囲気で過ごすことになり、
結局、以前とはまた違ったかたちで、
その「環境」にいることが
苦痛になってしまいかねません。
 
そんな好ましくない事態を避けるために、
「逃げる」こと以外にも努力を配分し、
準備し、工夫していくのです。
 
では、具体的に
どんな努力をしていけばいいのか?
 
次回は、
その例を一緒にみていきましょう。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ