TOP | コラム | 虐待の後遺症 | 「かわす」努力


「かわす」努力

 

虐待の後遺症のイメージ

LinkIcon目次はコチラ 
 

虐待の後遺症

 

第20回
「かわす」努力

 
『Can’t』の自分を受け入れ、
自分を迎合させてしまう
「環境」から離れるという
新たな「方向」へと
人生の舵をきったとき。
 
全力で「逃げる」ことだけに
努力するのではなく、
周囲の人たちとのよけいな摩擦が
おきないようにすることにも
努力を上手に「配分」し、
摩擦を減らす準備や工夫をする。
 
前回はその必要性について
ご紹介しました。
 
では、
実際にどのような準備や工夫をして、
そこにどのくらい努力を
「配分」すればいいのでしょうか?
 
前回の、
「職場の配置がえ」
のたとえをつかって、
具体的な方法を紹介していきましょう。
 
前回のように、自分を
迎合させてしまう「環境」から
逃げる努力が実って、
無事に部署を異動できた。
 
しかし、
もといた部署の同僚、部下、上司と
どうしても顔を合わせなくてはならないときがあり、
引きとめられたり、非難されたり、
邪魔されたりすることが出てきます。
 
そんなときに必要な努力とは、
「ほほ笑みと返事」です。
 
つまり、「かわす」努力。
 
相手の言動に対して
深刻な表情で拒否したり、
言い訳したり、謝ったりすることなく、
ほほ笑んで必要最低限の返事だけをする。
 
この瞬間は、
そのことだけに
全精力を注ぎ込むのです。
 
人というのは
最低限の返事だけをされると、
それ以上は言葉を
つなげられなくなるものです。
 
なぜなら、
そこで無理に何かを言おうとすれば、
より深く相手の心情に
「突っ込む」ことになるからです。
 
そうなれば、混み入った話に
ならざるをえなくなりますし、
しつこく食い下がるような形になってしまうため、
相手を不愉快にしてしまったり、
会話自体を拒否されかねません。
 
だから、
聞かれたことに対して、
必要な返事だけされてしまうと、
なかなか会話をつづけることができないのです。
 
ただし、
その返事を無愛想にしてしまったら、
話しかけてきた人も
邪険に扱われたような気分になり、
よけいな角が立ってしまいます。
 
そこで、
ほほ笑みを浮かべながら、
最低限の返事をするのです。
 
そのほほ笑みによって、
相手に不愉快な思いをさせることを
避けることができますし、
さらに態度に余裕を感じさせるため、
それ以上、その話題に対して
突っ込んではいけない雰囲気を
かもし出すことができます。
 
もちろん、
その相手はもともと
自分を迎合させてしまうような
相性の人なのですから、
本当は余裕なんて持てないでしょう。
 
だから、
心の中はドキドキでかまわない。
 
ドキドキしたまま、
ほほ笑んで返事をすればいいのです。
 
そこにこそ努力をする。
 
その短い時間だけは、
ほほ笑んで返事をすること「だけ」に
労力を集中させるのです。
 
毎日ともに過ごしていたら、
それは難しいかもしれませんが、
どうしても自分を迎合してしまう
「環境」と接さなければならないとき、
そのときだけは、
 
「逃げる」
 
のではなく、
ほほ笑みと返事という、
 
「かわす」努力
 
に集中するのです。
 
このような対応は、
ぶっつけ本番で
できるものではありません。
 
事前に返事を
いくつか用意しておいて、
それをほほ笑んで言う練習が必要です。
 
たとえば
 
「そんな地味な部署やめて、こっち戻ってきなよ。俺から部長に進言してあげようか?」
 
と引きとめてくれる同僚には、
 
「ありがとう。でも大丈夫。」
 
と、ほほ笑んで返事をする。
 
「そっちは楽そうでいいっすよねぇ~。こっちは、人手が足りなくていっぱいいっぱいですよ。」
 
非難めいたことを言う部下には、
 
「そうなのか。こっちもそれなりにはバタバタしてるよ。」
 
と、ほほ笑んで返事をする。
 
「・・・・・・・。」
 
と無視をしてくる上司には、
 
「では、よろしくお願いします。」
「ありがとうございます。」
「失礼します。」
 
と、ほほ笑んで挨拶だけする。
 
こんな風に、
いくつかの返事(挨拶)の
パターンを用意しておくのです。
 
そして、それを実際に
声に出して練習してみます。
 
短い言葉ですが、
はじめのうちは紙に書いて、
それを読み上げるようにする方が、
楽に口にすることができます。
 
慣れてきたら、
紙を見ないで言う練習をしてみましょう。
 
はじめのうちは、声がかすれたり、
ノドが詰まったように
感じるかもしれませんが、
何度なんども口にしているうちに、
しだいに適度な声の大きさで、
自然と言葉にできるようになってきます。
 
返事のパターンを、
自然と声に出すことが
できるようになってきたら、
次はほほ笑みの練習をしてみましょう。
 
満面の笑顔になる必要はありません。
 
口角を「ニッ」と少しあげて、
ほんのちょっと口を開くだけで、
ほほ笑みの表情であることは
相手に十分伝わりますので、
 
軽く目じりとほほを
ゆるめるていどのイメージで
ほほ笑んでみましょう。
 
少し照れくさいかもしれませんが、
どんな表情になっているのか、
鏡でしっかり確認することが大切です。
 
ほほ笑みも上手に
つくれるようになったら、
先ほど練習した返事のパターンと
その表情を組み合わせてみましょう。
 
ほほ笑みながら、実際に、
 
「ありがとう。でも大丈夫。」
「では、よろしくお願いします。」
 
など、声に出して
練習していくのです。
 
これも、鏡を見ながら
取り組んでみましょう。
 
はじめは、不自然になって
しまうかもしれませんが、
回数を重ねるごとに
表情と言葉がマッチしてくる感覚を
つかめるようになるはずです。
 
より自分になじませるために、
普段の生活の合間に口にしてみたり、
比較的接しやすい人に向かって、
実際にほほ笑んで返事してみることも、
身につけるうえで効果的でしょう。
 
このように、
「逃げる」というチャレンジのため以外にも、
「かわす」ためにも努力を「配分」する。
 
これによって、
よりよくスムーズに「逃げる」ことが
できるようになるのです。
 
次回は、
虐待の後遺症をもつ人が、
それでも逃げ切れなくなったときの
考え方や対処法についてご紹介します。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ