TOP | コラム一覧 | 脱世間起業への道 | 生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法


更新日:2022年10月19日

生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法

 

生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法

LinkIcon目次はコチラ  
 

脱世間起業への道

 

第24回
生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法

 

┃目標や願望といった「理想の未来」ではやる気は維持できない

 
やる気を失った女性の画像

 
世間の起業塾で、やる気を維持するためにまずやらされること。
 
それは、達成したい「目標」や「願望」といった「理想の未来」を設定することです。
 
たしかに、多くの人はそれで「やる気」を維持できるでしょう。
 
しかし・・・。
 
生きづらい人は「理想の未来」でやる気を維持できません。
 
なぜなら「現在の苦痛」の方が圧倒的に強力だからです。
 
つまり、今目の前にある生きづらさが強すぎて、「理想の未来」に現実感をもてないのです。
 
これは、どんなに強い欲望を満たすことや、莫大なお金を目標に設定しても同じこと。
 
今すぐそれが手に入らないのであれば、今目の前にある生きづらさの現実感に負けてしまう。
 
目標を達成するまでのあいだ、苦しくてとてもではないが待てない。
 
だから、生きづらい人は「理想の未来」ではやる気を維持できないのです。
 
 

┃生きづらい人に最適な「やる気の源」とは?

 
握り拳の画像

 
生きづらい人は、達成したい「目標」や「願望」を「やる気の源」にすることはできません。
 
ではいったいなにを「やる気の源」にすればいいのでしょうか
 
それは「絶対にイヤだ!」という思いです。
 
もう、集団にまみれながら働くのはイヤだ!
 
もう、ドン感な人たちとの人間関係で苦しむのはイヤだ!
 
もう、生きづらさを隠して自分をゴリゴリと削り落としながら仕事をするのは、ぜっっっったいにイヤだ!
 
そんな「絶対にイヤダ!」というネガティブな感情やネガティブな記憶。
 
それを「やる気の源」にしていくのです。
 
生きづらさに苦しんで生きてきたぶん、その爆発力たるや、ものすごいものがあります。
 
もちろん、その感情や記憶の臨場感を高め過ぎて具合が悪くならないように注意する必要があるのは言うまでもありません。
 
しかし、「絶対にイヤだ!」という思いの臨場感を上手に高め、維持していくことができれば。
 
それはそのまま、生きづらい人の「やる気の源」になるのです。
 
 

┃生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法

 
解放感を味わう女性の画像

 
「やる気の源」、それは「絶対にイヤだ!」という思い。
 
では、どうすれば「絶対にイヤだ!」という思いの臨場感を上手に高めて、維持していくことができるのでしょうか?
 
それは「思い知る」ことです。
 
自分には集団にまみれて働くことは無理だということを「思い知る」のです。
 
どういうことでしょうか?
 
あなたは、会社で集団にまみれて働くなかで、「とんでもなく苦しい体験」をしてきたことでしょう。
 
そして自宅に帰り、部屋で一人「もうこれ以上は限界だ!!」と、こらえていた本音が爆発するような感覚を経験したことがあるはずです。
 
その「もうこれ以上は限界だ!!」という、心の奥底の本音が解放されるような「限界感」。
 
それをなんども思い出し、噛みしめる。
 
そして「自分には集団のなかで働くことは無理なのだ」と「思い知る」のです。
 
重要なのは「とんでもなく苦しい体験」の方を思い出したり噛みしめないこと。
 
それはあまりにも刺激が強すぎるので、そのあと感じる「限界感」の方を噛みしめましょう。
 
「限界感」は、苦しい体験と違い、自分の正直な思いに気づけた瞬間なので、スッキリとした解放感をともなっているものです。
 
だからこそ、「やる気」を維持することに活用できるのです。
 
ここを取り違えると、ただただつらいだけの「危険な苦行」になってしまいますので、充分に気をつけてください。
 
 

┃「起業したくて仕方がない人たち」と一緒にいてもやる気は出ない

 
ハチマキをしてメガホンを持つ女性の画像

 
世間の起業塾では、一緒に起業する仲間がいることをウリにしていますよね。
 
それが、やる気を維持する秘訣だと。
 
そのため、ペアを組ませて、どちらが先に起業できるかを互いに競わせることすらあります。
 
ただ・・・。
 
このようなやり方も、生きづらい人には向いていません。
 
なぜなら、世間の起業塾は「起業したくて仕方がない人たち」が集まっているからです。
 
「とにかくたくさん稼ぎたい!」
 
「タワーマンションに住みたい!」
 
「セレブになりたい!」
 
「だから起業したくて仕方がない!」
 
「そのためにはバリバリ自分を売り込みたい!」
 
そんな人たちと一緒にいても、生きづらい人のやる気は出ません。
 
逆に、
 
「このノリ、かなりきつい・・・」
 
「私には無理・・・」
 
と感じて、やる気がそがれてしまうでしょう。
 
とはいえ、世間の起業塾の言っていることは間違いではりません。
 
たしかに、起業する仲間がいることはとても大切です。
 
互いに支え合って、やる気を維持することができます。
 
ただし・・・。
 
その仲間は「感性の合う仲間」であることが絶対条件なのです。
 
生きづらい人は、「生きづらい人の感性に合う起業仲間」と支えあう必要があるのです。
 
そうしてはじめて、やる気を維持できるのです。
 
 

┃生きづらい人が支え合える「起業仲間」とは?

 
静かにガッチリ握手している画像

 
では、どのような人たちが、生きづらい人の感性に合う起業仲間なのでしょうか。
 
生きづらい人が支え合える起業仲間。
 
それは「戸惑いながら起業する人たち」です。
 
生きづらさを抱えた自分に、本当に起業なんてできるのだろうか?
 
やりたいこともない自分に、本当に起業なんてできるのだろうか?
 
人間関係の苦手な自分に、本当に起業なんてできるのだろうか?
 
そんなふうに、迷いながら、一歩ずつ慎重に歩みを進めていく人たち。
 
生きづらい人は、そのような「戸惑いながら起業する人たち」とともにいることで、はじめて支え合い、互いのやる気を維持することができるのです。
 
あの人だって戸惑いながら進んでいるのだ、自分もやってみよう、と。
 
そんな「戸惑いながら起業する人たち」のために、私は脱世間起業塾Adicを設立しました。
 
そして「戸惑いながら起業する人たち」が支え合えるようにAdic Salonを創ったのです。
 
起業するうえで、仲間と支え合える環境は必須です。
 
ただ、あなたが人間関係が苦手で生きづらいのなら。
 
「起業したくて仕方がない人たち」ではなく「戸惑いながら起業する人たち」と支えある環境を手に入れましょう。
 
そうすることで、あなたの起業のやる気は、無理なく自然と維持されるようになるでしょう。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり
 
もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
一人で稼げる脱世間起業の秘訣。無料動画セミナーはココをクリック!
 
 

脱世間起業への道 <目次>

1.正社員になることは本当に「安定」なのか?
2.「起業しないリスク」が急激に高まっている
3.会社勤めはもう限界、でも起業も無理…
4.「バリバリ稼ぐ」か「静かに暮らす」か?
5.早めに起業に踏み出す絶大なメリットとは?
6.起業したいけど「やりたいこと」が見つからない
7.まずは「自分のため」に起業しよう
8.起業が成功するたった一つの条件
9.起業のための「最低限のやる気」を出す方法
10.「仕事が楽しくない」を解決する方法
11.なかなか起業に踏み切れない本当の原因とは?
12.起業の失敗で負うダメージが怖いとき
13.ビジネス本を読んでも稼げない理由
14.起業したいけどビジネスに興味がもてない
15.起業したいけどクレームが恐い
16.起業しても本当に食べていけるだろうか・・・
17.準備不足で起業すると「人生の財産」が手に入る
18.なぜ今が起業の絶好のタイミングなのか?
19.なぜ理由もなく「起業は怖い」と感じてしまうのか?
20.「会社員」と「起業」どっちがお得?
21.情報発信したいけどネタも自信もないとき
22.脱世間起業すると自分の「正解」が迷いなく見える
23.積極的な売込みが苦手な人のための4つのWEBマーケティングテクニック!
24.生きづらい人が起業の「やる気」を維持する方法
25.批判を避けて「ナマ温かい場」で起業しよう!
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。