生きづらい人生に悩むあなたへ

 

自分の受け入れ方を表現した画像

 

心地よい人生の便り2

 
<91通目>

自分の受け入れ方

 
こんにちは。
Brain with Soulの信夫です。
 
今日の調子はいかがですか?
 
「元気に張り切っていきましょう!」
 
という世間の声は聞き流して
自分のペースでやっていきましょうね。
 
さて、あなたはよく、
 
『自分を受け入れましょう』
 
という言葉を耳にすることが
ありませんか?
 
いい自分だけではなく、
弱い自分、ずるい自分、
情けない自分、
 
どんな自分をも認めて、受け入れる。
 
それが自分自身を成長させて、
心を楽にしてくれる。
 
本当に、
おっしゃる通りだと思います。
 
でも、
これがなかなか難しい。
 
私も、よく、
そんなご相談をいただきます。
 
今の自分を受け入れたい。
 
怒りや、ねたみやという、
ネガティブな感情も大切な自分だと思いたい。
 
できないものはできないと放り出し、
それが自分だと認めたい。
 
でも、
どうしても受け入れられない…。
 
そんなご相談です。
 
あなたも、
ご経験がありますか?
 
例えば、
怒りや、ねたみという
ネガティブな感情が出てくると、
 
ついつい、
 
「そんなこと考えちゃダメだ」
 
「こんな後ろ向きな感情が、
 出てこないようにしなくては」
 
と、自分にダメ出しをする。
 
できないものはできないと、
放り出そうとしても、
 
「頑張りが足りないのでは」
 
「もっと努力しないと」
 
と、いつの間にか、
自分のお尻を叩いている。
 
そして、
自分で自分を追いたてるという、
悪循環にハマっていってしまう。
 
どうしても、
自分を受け入れられない…。
 
いったいなぜ、
こうなってしまうのでしょうか?
 
その理由の一つは。
 
世間で言われている、
 
『自分を受け入れましょう』
 
という言葉に、
 
『あきらめましょう』
 
という意味が、
強くこめられているからです。
 
つまり、
 
「あなたの努力は無駄でした。
 だからもうやめにしましょう。」
 
という雰囲気が、
あまりにも強すぎるのです。
 
あなたが今まで努力してきたこと、
そのすべてが否定されるような雰囲気。
 
今までの苦しみが、
まったく役に立っていないかのような、
そんな雰囲気があるため、
 
言われた側は、逆に、
 
「そんなこと認めたくない」
 
「ここで引き下がれない」
 
という気持ちが、
わいてきてしまうのです。
 
確かに今、自分は、
自分のネガティブな面を
受け入れたいと思ってはいる。
 
あきらめたいと思ってはいる。
 
けれど同時に、
 
自分の努力を無駄だと認めたくない、
 
という感情も、
強くわいてきます。
 
当然のことですよね。
 
確かに、あなたの努力、
 
つまり、
 
自分のお尻を叩き、
自分を追い立てつづけてきたこと。
 
それは、生きづらさの原因に
なってきたかもしれません。
 
しかし。
 
だからといって、そのすべてが、
無駄であったわけではありません。
 
あなたは、
その努力のおかげで、
確実に成長しました。
 
あなたが、
今日まで生きのびてこられたのは。
 
今までのあなたが、
その努力をしてきたからに他なりません。
 
そう。
 
今までのあなたの努力は、
無駄な努力などでは決してないのです。
 
現在あなたが生きているのは、
その努力のおかげです。
 
今までのあなたが、
現在のあなたの生命を成り立たせているのです。
 
本当に自分を受けれるとは、
その事実を受け入れること。
 
『今までのあなた』に敬意を表して、
その努力を誇りに思うこと。
 
『今までのあなた』のことを、
堂々と誇ることなのです。
 
あなたは、
本当に良く頑張ってきました。
 
十分よくやりました。
 
だから自分を受けれるなら、
堂々と受け入れる。
 
誇りを持って受け入れる。
 
ぜひそうしてください。
 
『あきらめる』には、
二つの意味があります。
 
諦める=断念する。
 
明らめる=事実をあきらかに認める。
 
いろいろなところで耳にする話ですが、
どちらを選ぶかで大きな違いがあります。
 
あなたは、
ぜひ『明らめる』ようにしてください。
 
そして自分を、
堂々と誇りを持って受け入れてくださいね。
 
どうしても、
一人では難しいなと感じたら。
 
無理せずいつでも、
個人セッションやワークショップに、
来てくださいね。
 
それでは今日もあなたに、
心地よい人生が訪れますように。
 
 
Brain with Soul代表
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ
 


心地よい人生の便り2 <目次>

 
61.自分の使命を見つけたい
62.なぜこれが自分の使命だと思えるのか?
63.苦しみを無くす方法
64.生きていたくない
65.人付き合いがわずらわしい
66.人付き合いをしなくて済む条件
67.生きづらい、生きにくい
68.激しい感情の処理方法
69.なかなか行動にうつせない
70.心と体はつながっている
71.自分を変えるのに必要な期間
72.自分を変える2つの方法
73.理解してもらえない
74.人が怖い
75.自分の弱さが恥ずかしい…
76.長所が見つからない
77.悩んでばかりで嫌になる
78.生きづらさから脱け出すために
79.張り合わない
80.孤独ゆえの幸せ
81.お金より大切なもの
82.職場にいるのがツラい
83.生き方ハラスメント
84.アダルトチルドレンが母の愛を求めてしまう本当の理由
85.悩み解決本との上手な付き合い方
86.すべて運命で決まっているのか?
87.自分は何をやってもダメだと思ったら
88.自信を持つには?
89.同じ悩みでつまずいてしまう
90.感情にふり回されて自信が持てない
91.自分の受け入れ方
92.生きる意味、自分の使命が見つからない
93.頑張ることは良いことか?
94.人を信用できない
95.自分を信じるには?
96.健康法を継続するコツ
97.呼吸を整える本当の理由
98.完璧主義をやめたい
99.人にどう見られているか気になる
100.力んでしまう
101.全身を脱力する方法
102.肩の力を抜く方法
103.生きづらい時、何をすればいいのか?
104.予定どおりに行動できない
105.情けないぞ人類
106.最後に頼りになるのは?
107.自分の受け入れ方 <実践編>
108.なぜ自分で決められないのか?
109.自分で決められるようになるコツ
110.人から拒絶されるのが怖い
111.それでもやっぱり決められないあなたへ
112.ポジティブに考えられない
113.ストレス処理のうまい人
114.上手な逃げ場のつくり方
115.人に利用されてしまう
116.人に利用されないコツ
117.『心の弱さ』と『心の闇』の違い
118.引き合う闇…、共依存を防ぐために
119.見栄を張ってしまう
120.最後にどうしても伝えたいこと(最終回)
 
 
LinkIcon1~60の目次はコチラ