TOP | コラム一覧 | 心地よい人生の便り | ポジティブな感情に「書き換わる」方法


ポジティブな感情に「書き換わる」方法

 

ポジティブな女性の画像

 

心地よい人生の便り

 
<7通目>

ポジティブな感情に「書き換わる」方法

 

┃感情を「書き換える」のではなく、感情が「書き換わる」

 
今回は、
 
「心がポジティブな感情に書き換わる方法」
 
をご紹介します。
 
そう表現すると、強引に前向きな考え方をしなければいけないような気分になってきますよね。
 
いわゆるポジティブシンキング。
 
あなたも、実践されたご経験があると思います。
 
でも、これってすごく疲れますよね(笑)
 
なぜならポジティブシンキングは「ポジティブな感情に書き換わる方法」ではなく、「ポジティブな感情に書き換える方法」だからです。
 
自然と「書き換わる」のではなく、無理やり「書き換える」。
 
だから、疲れてしまう。
 
心を楽にしたいと思ってポジティブシンキングに取り組んだのに、反対にストレスが溜まってしまう結果になることが多いのです。
 
つまり、単なる「ヤセ我慢」で終わってしまうということ。
 
生きづらさを抱えている方には、気づかぬうちにこの「ヤセ我慢」をしてしまっている人がとても多くいらっしゃいます。
 
だからまずこの「ヤセ我慢」をやめてみる。
 
言いかえれば、感情を無理やり「コントロール」しようしないとうことです。
 
その上で、ポジティブな感情に自然と「書き換わる方法」に取り組んでいくことが大切です。
 
 

┃感情はコントロールされることを嫌う

 
では、どうすれば感情がポジティブに書き換わるのでしょうか?
 
それは、あくまでも感情を「マネジメント」することです。
 
「コントロール」ではなく「マネジメント」する。
 
いったいどう違うのでしょうか?
 
「コントロール」は「真正面から操作」しようとすること。
 
「マネジメント」は「遠巻きに管理」すると言いかえられるでしょう。
 
私たちは真正面から「コントロール」しようとしてくるものに、反発する傾向があります。
 
たとえば、あなたが職場の上司に仕事を頼まれたとき。
 
いちいち
 
「そうじゃない!こうやれ!ああやれ!」
 
と、手取り足取りいちいち指示されたら当然反感を覚えますよね。
 
感情も同じなんです。
 
いちいち「コントロール」されることを嫌う。
 
だから、あくまでも感情が自然と書き換わるように「マネジメント」だけをおこなう。
 
つまり感情を「遠巻きに管理する」ということが大切なんです。
 
 

┃感情がポジティブに書き換わる具体的な方法

 
では、ポジティブな感情に書き換わるように「マネジメント」するには、具体的にどうしたらいいのでしょうか?
 
やり方は意外と簡単です。
 
たとえば、「ポジティブ品」を視野にいれていくという方法があります。
 
一緒に実践してみましょうか。
 
今、あなたはこのコラムをみてくださっていますよね。
 
そこから、視点を少しずつずらしていきましょう。
 
そして、少しでもポジティブな感覚を覚えるものがあったら、それを「ポジティブ品」として覚えておきましょう。
 
街路樹でもいいですし、芸能人のポスターでもいいですし、マグカップの色だけでもかまいません。
 
ほんの少しでも、
 
「さわやかに感じる景色だな」
 
「綺麗な顔立ちの人だな」
 
「この色、好きだな」
 
とポジティブな感情を持てるものならなんでもOKです。
 
「ポジティブ品」が三つくらいたまったら、次はその三つだけを交互に見つづけてください。
 
他のものはなるべく目に入れないようにしながら、視野を狭く保ちましょう。
 
これだけです。
 
5分間つづけていただくと、ほんの少しずつではありますが、心がポジティブな感情に書き換わっていくのを感じていただけると思います。
 
自分にとって好ましいものしか目に入ってこないのですから、ポジティブな感情に勝手に書き換わってしまうのは自然の流れかもしれませんね。
 
コツは、
 
「前向きになろう!」
 
「ポジティブな感情になろう!」
 
と無理やり書き換えようとしないことです。
 
それは感情の「コントロール」になってしまいます。
 
ただボンヤリと3つの「ポジティブ品」を交互に見て、あくまでも遠巻きに「マネジメント」するだけにとどめておいてください。
  
もちろん、強烈なレベルでネガティブな感情に襲われているときは、あっという間に「コントロール」の領域に引きずり込まれやすくなります。
 
くれぐれも注意しながら、気分を立て直す一つの手段として練習してみてくださいね。
 
それでは今日もあなたに、『心地よい人生』が訪れますように。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

 
残り1席!
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


心地よい人生の便り <目次>

1.体が動かなくなる理由
2.自己評価を上げる方法
3.感謝をしないメリット
4.心も体もクタクタに疲れているのに休めない
5.正反対の感情のあつかい方
6.心が疲れているときには視野を「狭く」しよう
7.ポジティブな感情に「書き換わる」方法
8.ネガティブ思考から脱け出す方法
9.苦しみのエリート意識
10.何をやっても長続きしないのはなぜ?
11.月曜日の憂鬱を解消する方法
12.私ほどの人間が
13.虐待の後遺症
14.セロトニンを増やす朝食
15.ハズレを引こう
16.悩む自分に嫌気がさしたら
17.セロトニンのいいところ
18.恐怖心はあなたの強さの証明
19.目標の大切さ
20.堂々と逃げよう
21.本当に規則正しい生活がいいのか?
22.覚悟の決め方
23.お金と気力の関係
24.どんどん贅沢しよう
25.飽きずに続けるための2つの工夫
26.本当にやりたいことを見つける方法
27.焦りがしずまる歩き方
28.欲望に負けそうな時には
29.現状に満足していい?してはいけない?
30.垣根を越えて
31.かわいい快楽
32.今の時速 
33.『本当の気持ち』が解らないなら 
34.朝、寝起きの不快感に惑わされない
35.漠然とした不安を感じたら
36.お金は大切?
37.苦手を克服する方法
38.本当にあなたは自分に甘いのか?
39.感情をしずめる極意
40.イライラの原因
41.突然不安になってしまう…
42.気分が落ち込んだ時には?
43.「私は頭が悪い」と感じるなら
44.いつも笑顔でなくてもいい理由
45.笑顔で過ごした方がいい理由
46.調子の波が激しい原因
47.気分の浮き沈みの対処法
48.人間関係で疲れる原因
49.他人の評価を気にしない練習
50.人生がうまくいかない人
51.どうすれば人生がうまくいくのか?
52.自分を変えたい
53.自分を変えられる新習慣
54.傷つきやすい心を守るには?
55.もう傷つきたくないなら
56.あなたが、とてつもなくスゴい理由
57.感情を安定させる法則
58.感情を溜めこまない方法
59.興奮し過ぎてしまう
60.興奮し過ぎてハイになった時の対処法
 
LinkIcon61通目以降を読む


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。