TOP | コラム一覧 | 心地よい人生の便り | 他人の評価を気にしない練習


他人の評価を気にしない練習

 

他人の評価を気にしない練習

 

心地よい人生の便り

 
<49通目>

他人の評価を気にしない練習

 
他人からの評価が気になるときに、簡単にできる練習法。
 
今回はそれをご紹介しますね。
 
他人の評価を気にしないようにしようとするときに、ついつい私たちは、
 
「あの人は、私が思っているほど、こちらを見ていない。」
 
とか、
 
「私の思い過ごしだ。気にし過ぎないようにしよう。」
 
と考えてしまいますよね。
 
つまり、他人の評価を気にしないようにしようと、真正面から感情を、
 
“コントロール” 
 
してしまうのです。
 
これでは逆に、心は反発してしまいます
 
ではどうすればいいのでしょうか?
 
それは、思考の階段を一つ登って、感情を、
 
“マネジメント”
 
するのです。
 
感情を直接コントロールしようとするのではなく、遠巻きに管理(マネジメント)してみるのです。
 
すると、他人からの評価を気にするあまり出てきた不安や心配やネガティブな感情が、段々としずまっていきます。
 
そのための練習が、
 
『自分だけの世界で評価をする
 
という方法です。
 
この練習をつづけていくと、だんだんと、
 
“評価するのは自分”
 
という脳内の神経回路が、強化されていきます。
 
つまり、脳のクセが出来あがるわけです。
 
すると、「他人にどう評価されたか」よりも、「自分がどう評価するか」 という気持ちの方が優先されるようになってくるのです。
 
感情を真正面から無理やり抑えつける(コントロールする)のではなく、まったく別の方向から感情が自然と静まるように管理(マネジメント)していく。
 
それが、この練習の本質です。
 
では、具体的な練習方法をご紹介しましょう。
 
あなたには、趣味がありますか?
 
または、好きな人がいるでしょうか?
 
つまり、他人に遠慮することなく自分の感性で「楽しいなぁ」「好きだなぁ」と思える対象です。
 
人から褒められたり、けなされることのない「自分だけの世界」と言いかえてもいいかもしれません。
 
そしてその「自分だけの世界」の中で、日々、趣味の出来ばえや、好きな人の表情を評価するのです。
 
たとえば、
 
「今日の趣味の出来は、昨日に比べてよくないな。30点。」
 
「今日のあの人の髪型、いつもよりフンワリ度が高くてかわいい。」
 
などなど。
 
自分以外に誰もいない、たった一人の世界の中で、誰からも邪魔されずに、自分だけの価値観で評価をくだす練習をするわけです。
 
小さくてもいいので、あえて声に出して、意識して評価することがポイントです。
 
結局のところ、他人の評価が気にならない人ポジティブな人というのは、自分がくだした楽観的な評価を、他人がくだした評価よりも優先しているだけです。
 
言いかえれば、のん気なだけ。
 
このことは、社会心理学でも『ポジティブイリュージョン』 と呼ばれて、実験でも証明されています。
 
みんな自分の好きなように評価して、それを優先させているだけというわけです。
 
もちろん、この練習をもとからポジティブな人がやったらどんどん傲慢な人になってしまうかもしれません(笑)
 
だから、この方法は、自分に厳しいあなたのような人にだけ教えられる方法なんです。
 
基準なんてどこにもない。
 
ぜひ「自分だけの世界」の中で、遠慮なく評価をくだすクセをつけてくださいね。
 
もしこの方法がうまくいかなかった場合、また、趣味もなく好きな人もいない場合は、別の角度から取り組める練習法もご紹介していますので、そちらもあわせてご覧ください。
 
それでは今日もあなたに、心地よい人生が訪れますように。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

関連記事

LinkIcon人からの評価が気になる
LinkIcon人に拒絶されると傷ついていしまう
LinkIcon人に批判されるのが怖い
 


心地よい人生の便り <目次>

1.体が動かなくなる理由
2.自己評価を上げる方法
3.感謝をしないメリット
4.ギブアップしましょう
5.正反対の感情のあつかい方
6.視野をせまくしよう
7.ポジティブな感情に書き換える方法
8.ネガティブ思考から脱け出す方法
9.苦しみのエリート意識
10.何をやっても長続きしないのはなぜ?
11.月曜日の憂鬱を解消する方法
12.私ほどの人間が
13.虐待の後遺症
14.セロトニンを増やす朝食
15.ハズレを引こう
16.悩む自分に嫌気がさしたら
17.セロトニンのいいところ
18.恐怖心はあなたの強さの証明
19.目標の大切さ
20.堂々と逃げよう
21.本当に規則正しい生活がいいのか?
22.覚悟の決め方
23.お金と気力の関係
24.どんどん贅沢しよう
25.飽きずに続けるための2つの工夫
26.本当にやりたいことを見つける方法
27.焦りがしずまる歩き方
28.欲望に負けそうな時には
29.現状に満足していい?してはいけない?
30.垣根を越えて
31.かわいい快楽
32.今の時速 
33.『本当の気持ち』が解らないなら 
34.朝、寝起きの不快感に惑わされない
35.漠然とした不安を感じたら
36.お金は大切?
37.苦手を克服する方法
38.本当にあなたは自分に甘いのか?
39.感情をしずめる極意
40.イライラの原因
41.突然不安になってしまう…
42.気分が落ち込んだ時には?
43.「私は頭が悪い」と感じるなら
44.いつも笑顔でなくてもいい理由
45.笑顔で過ごした方がいい理由
46.調子の波が激しい原因
47.気分の浮き沈みの対処法
48.人間関係で疲れる原因
49.他人の評価を気にしない練習
50.人生がうまくいかない人
51.どうすれば人生がうまくいくのか?
52.自分を変えたい
53.自分を変えられる新習慣
54.傷つきやすい心を守るには?
55.もう傷つきたくないなら
56.あなたが、とてつもなくスゴい理由
57.感情を安定させる法則
58.感情を溜めこまない方法
59.興奮し過ぎてしまう
60.興奮し過ぎてハイになった時の対処法
 
LinkIcon61通目以降を読む


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。