TOP | コラム一覧 | 心地よい人生の便り | 欲望に振りまわされなくなる習慣


更新日:2020年5月30日

欲望に振りまわされなくなる習慣

 

欲望に振りまわされなくなる習慣

 

心地よい人生の便り

 
<28通目>

欲望に振りまわされなくなる習慣

 

┃ストレスが溜まると「欲望」を満たしたくなる

 
あなたはストレスがたまってくると「やりたくてたまらなくなること」がありますか?
 
たとえば、おいしいものをたくさん食べたくなる。
 
お酒をガブガブ飲みたくなる。
 
パチンコやパチスロで遊びたくなる。
 
キャバクラやホストクラブで大騒ぎしたくなる。
 
マニアックな性欲を満たしたくなる。
 
つまり「欲望」を満たしたくなる。
 
「欲望」を満たした快感で、ストレスを「スカッ!」と一気に解消しようとするわけです。
 
これは「欲望」に依存している状態とも言えるでしょう。
 
誰でも一つや二つは、このような「欲望」への依存を抱えているものではないでしょうか?
 
日々大きなストレスを感じ、生きづらい人生を送っている方であれば、なおさらその依存は強くなっていることでしょう。
 
カウンセリングの現場でも、よくうかがうお話です。
 
でも、この「欲望」を満たすという方法でストレスを解消しつづけていると、いずれは強い快感がなければ生きていけなくなっていきます。
 
つまり、「欲望」を満たしつづけなければ生活できない状態になっていくわけです。 
 
そして常に「欲望」を満たすことで頭がいっぱいになってしまうのです。
 
 

┃「欲望」は意志の力では抑えられない

 
「欲望」を満たすことでもたらされる強い快感がなければ生きていけない。
 
そうなる前に、なんとかこの「欲望」を抑えたいと思いますよね?
 
 でも、これがなかなか難しい。
 
「欲望を満たしたい!」という力は、生半可な力ではありません。
 
なぜなら、この力があったからこそ、我々人類はこの過酷な世界のなかで生きてこられたからです。
 
さらには、その「欲望の力」が強いものが生き残ってきた。
 
つまり「欲望」を磨き上げてきた存在。
 
それが私たち人類です。
 
意志の力で「ガマン、ガマン」と抑えられるようなシロモノではないのです。
 
それを無理に抑えつけようとすると、よけいに大きなストレスがかかります。
 
その結果、さらに「欲望」を満たしたくなるという悪循環が生まれてしまうことになる。
 
「欲望」恐るべし・・・。
 
では、いったいどうすればいいのでしょう?
 
 

┃欲望を抑えたければ「快感をすり替える」

 
いろいろな方法があるのですが、みなさんにとても好評な方法があります。
 
それは「快感をすり替える」という方法です。
 
かんたんに言うと、欲望を満たして得られる快感と、もっと健康的で健全な快感をすり替えてしまうのです。
 
私たち人間は、「欲望」を満たすほかにも「快感」を得られるものをもっていますよね。
 
たとえば、試験に合格したり、仕事をやり遂げたときのような「なにかを達成すること」。
 
これは、ことのほか大きな快感をともないます。
 
また、木の下でひなたぼっこをしたり、壮大な風景を観たときのような「自然に触れること」。
 
さらに、本を読んで知識を得たり、初めての街を散策したときのような「知らないことを知ること」。
 
このようなときにも、とても大きな快感をともなうことが多いですよね。
 
つまり「達成、自然、学習」ですね。
 
それらも充分に、「欲望」を満たしたときの快感の代わりになるというわけです。
 
たしかに、その一つひとつは「欲望」を満たすときのような強烈なインパクトをもっているわけではないかもしれません。
 
しかし、寄せ集めればかなり強力な快感になります。
 
じっさい、「欲望」に振りまわされていない人というのは、「達成、自然、学習」が、日常に上手に組み込まれている人が多いのです。
 
もちろん、もともと「欲望」が薄い人もいれば、そもそもストレスがたまりにくい人もいるでしょう。
 
でも、たとえ「欲望」が強くてもそれに振りまわされない人というのはいます。
 
そのような人は、意志の力で無理やりコントロールしているわけではなく、「欲望」の入るすきがないくらい「達成、自然、学習」を習慣の一部にしている場合が多いのです。
 
 

┃欲望に振りまわされなくなる具体的な習慣

 
もしあなたが、「欲望」に振りまわれて困っているのなら。
 
ぜひ「欲望をすり替える」ことを実践してみてください。
 
「欲望」を満たすために使われがちだった時間に、「達成、自然、学習」の予定を入れてしまってください。
 
また、「欲望」を刺激されそうな環境から距離を置き、「達成、自然、学習」で、そこに近づくすきを与えないようにしてみましょう。
 
たとえば、仕事を終えて家に帰ると、なんとなくテレビを見る習慣のある若い男性がいるとします。
 
「家に帰ったらテレビをつける」は多くの人がよくやる習慣です。
 
しかし、じつはその時間と環境こそが「欲望」に振りまわされるきっかけだったということも、よくあるのです。
 
テレビに次から次と映しだされる女優やアイドルを見ていると・・・。
 
自然とムラムラしてきて、ガマンできずにネットで風俗店探しに没頭しはじめ、気がつくと夜の街で大金をつぎ込んでしまう・・・。
 
さらに、テレビに次から次と映しだされるラーメン屋やスイーツを見ていると・・・。
 
自然とよだれが出てきて、ガマンできずにコンビニ走り、大量のカップ面とスイーツを買い込んで一気食いしてしまう・・・。
 
こんなときこそ、時間と環境に「欲望」が入るすきを与えないように気をつける。
 
つまり、「欲望」と「達成、自然、学習」をすり替えるわけです。
 
仕事でストレスがたまったら家に帰らず、とにかく図書館に寄ることにする。
 
そこで推理小説を読む。
 
そして、トリックや犯人が明かされ「達成」した快感を味わう。
 
小説を読む気がしないときには、旅行のガイドブックを広げて週末の予定を立て、じっさいに週末の日帰り旅行に出かけて「自然」に触れる。
 
また、漢字検定やTOEICのドリルをもち込んで「学習」し、じっさいに試験にもチャレンジしてみる。
 
そうして「達成、自然、学習」の総力を結集して「欲望」とすり替えていくことで、少しずつ「欲望」に振りまわされない習慣が身についていくのです。
 
人間はそもそも「欲望」が強い生き物です。
 
だから、意志の力だけで抑えつけようなどという無茶はしない。
 
それよりも「欲望」を起こすきっかけとなる時間と環境を見つけ出し、「達成、自然、学習」にすり替えていく。
 
これが、欲望に振りまわされなくなる習慣なのです。 
 
それでは今日もあなたに、心地よい人生が訪れますように。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

関連コンテンツ

欲望のダイエット
「欲望」を、自分に合った「適切な量」にする方法をご紹介しています。

 

心地よい人生の便り <目次>

1.体が動かなくなる理由
2.自己評価を上げる方法
3.感謝をしないメリット
4.心も体もクタクタに疲れているのに休めない
5.正反対の感情のあつかい方
6.心が疲れているときには視野を「狭く」しよう
7.ポジティブな感情に「書き換わる」方法
8.ネガティブ思考から脱け出す方法
9.苦しみのエリート意識
10.なにをやっても長つづきしないのはなぜ?
11.月曜日の憂鬱を解消する方法
12.自分の強さに気づき自分を信頼できる方法とは?
13.言い方がきついと言われてしまう
14.セロトニンを増やす朝食
15.躊躇なく行動できるようになる法則
16.悩む自分に嫌気がさしたら
17.セロトニンのいいところ
18.恐怖心はあなたの強さの証明
19.目標の大切さ - なぜ目標を設定するのか?
20.堂々と逃げよう - 逃げることは悪いことなのか?
21.規則正しい生活ができない - 「9時5時生活」がストレスになる
22.覚悟の決め方 - なぜ覚悟が決まらないのか?
23.働く気力がわいてこない - お金と気力の関係
24.焦りや不安を解消する「贅沢」のしかた
25.飽きずにつづけられるようになる2つの工夫
26.本当にやりたいことを見つける方法
27.焦りがしずまる歩き方
28.欲望に振りまわされなくなる習慣
29.現状に満足してもいい?してはいけない?
30.自分を癒したいなら「垣根」を越えよう
31.かわいい快楽
32.今の時速 
33.「本当の気もち」がわからないなら 
34.朝、寝起きの不快感に惑わされない
35.漠然とした不安を感じたら
36.お金は大切?
37.苦手を克服する方法
38.本当にあなたは自分に甘いのか?
39.感情をしずめる極意
40.イライラの原因
41.突然不安になってしまう…
42.気分が落ち込んだ時には?
43.「私は頭が悪い」と感じるなら
44.いつも笑顔で過ごさなくてもいい理由
45.笑顔で過ごした方がいい理由
46.調子の波が激しい原因
47.気分の浮き沈みの対処法
48.人間関係で疲れる原因
49.他人の評価を気にしない練習
50.人生がうまくいかない人
51.どうすれば人生がうまくいくのか?
52.自分を変えたい
53.自分を変えられる新習慣
54.傷つきやすい心を守るには?
55.もう傷つきたくないなら
56.あなたが、とてつもなくスゴい理由
57.感情を安定させる法則
58.感情を溜めこまない方法
59.興奮し過ぎてしまう
60.興奮し過ぎてハイになった時の対処法
 
LinkIcon61通目以降を読む


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。