私は変われるでしょうか?

 

私は変われるでしょうか?

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第52回
私は変われるでしょうか?

 
今まで、カウンセリングのなかで「変わりたい」とおっしゃる方のご相談をたくさんお受けしてきました。
 
「私は変われるでしょうか?」
 
アダルトチルドレンと自覚されている方から、数え切れないほどそう問われてきました。
 
「変わる」とは、不思議な言葉です。
 
自分で「変える」のでもない、他人に「変えられる」のでもない。
 
自然と「変わる」にもかかわらず、自分の意志も必要なような……。
 
そこで、私はこう問い返すことにしています。
 
「どう変わりたいのでしょうか?」
 
すると、たいてい次のようなお答えが返ってきます。
 
「それがわからないのです…」
 
たしかに、幼いころから心を抑えつけられてきてしまったのですから、自分の気持ちがわからなくなってしまうのも仕方のないことですよね。
 
そのような方とは、カウンセリングをとおして、ご自分の心に丹念に気づいていく作業をくり返していきます。
 
つまり、今どこにいてこれからどこへ行きたいのか、自分が変わる「行き先」を決めるのです。
 
すると、やがてご自分がどの方向に変わっていきたいのかという答えが見えてきます。
 
しかし、そこで新たな問題が立ち上がってきます。
 
その「行き先」が知らずしらずのうちに、
 
「社会の都合」
 
に合わせたものになってしまっているのです。
 
つまり、自分が本当に進みたい方向ではなく、社会が進ませたい方向にどうしても引きずられてしまう…。
 
アダルトチルドレンは、「社会の都合」に左右されやすい傾向が強くあります。
 
だから、もしあなたが「変わりたい」と思っているのなら。
 
そして、アダルトチルドレンだと自覚されているのなら。
 
「行き先」は、慎重に決めていく必要があります。
 
そうしなければ、「社会の都合」によって、あなたが変わる「行き先」を決められてしまうことになるかもしれません。
 
わきあいあい、誰とでも楽しく手を取り合って、明るく元気でイキイキしているという「行き先」。
 
なぜ生きるのかという疑問をもつこともなく、ひたすら個人の快楽や気晴らしに没頭するという「行き先」。
 
朝から組織に勤めて、集団のなかで仕事がこなせるようになるという「行き先」。
 
経済的な価値を生み出さなくては「活躍」していないことにされてしまうという「行き先」。
 
そんなふうに「行き先」を自動的に決められて、あなたが「変わったかどうか」を判断されてしまうのです。
 
もちろん、今挙げた「行き先」が必ずしも間違っていると言っているわけではありません。
 
ただその「行き先」が、もしもあなたにピッタリ合っていたのだとしたら。
 
あなたが切実に「変わりたい」と願うほど、苦しい思いをすることはなかったのではないでしょうか。
 
そして「生きづらい」とまで感じることはなかったのではないでしょうか。
 
「変わる」ということは、自分のなかにある「社会にとって都合の悪い性質」を消し去ってしまうことではありません。
 
ましてや、「社会にとって都合の悪い性質」を、そのまま受け入れてあきらめてしまうことでもありません。
 
そのはざまで葛藤をくり返し、「変わる」方向を自分で決めていく。
 
「行く先」を自分で決めていく。
 
そしてその「行き先」に向けて、みずからの足で歩きはじめたとき。
 
あなたは「変わる」のではなく、自分を「変える」ことができるのです。 
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
41.人間関係がうまくいかない
42.孤独を磨き上げる
43.努力しても嫌われつづける人
44.いつも自分ばかり残業している
45.快楽と上手につき合おう
46.自分のなかに基準がない
47.面倒くさがりをなおしたい
48.自分に合った働き方を見つけたい
49.他人に興味がもてない
50.自分に興味がもてない
51.人の顔色をうかがってしまう
52.私は変われるでしょうか?
53.どこに行っても同じだぞ!
54.自分がわからない


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。