アダルトチルドレン克服方法

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第4回
扁桃体が敏感だと自覚する

 
あなたの身近に、お肌が敏感な人、つまり『敏感肌』の人はいますか?
 
もし、その敏感肌の人が、プールの監視員をやっていたら、そして毎日、日焼けで肌がただれて苦しんでいるとしたら、
 
「な、なにをやってるんだ…」
 
あなたは、そう疑問に思うのではないでしょうか。
 
それは、ただただ自分を痛めつけるだけで、まったく理にかなっていない。
 
なぜそんな無茶をするのだ、と。
 
実は、アダルトチルドレンのうち、ほとんどの人が、その、
 
“理にかなっていない無茶”
 
をしているのです。
 
そうして、毎日毎日自分を痛めつけているのです。
 
では、アダルトチルドレンは、いったい何が敏感なのでしょうか。
 
それは、
 
脳の扁桃体
 
です。
 
扁桃体とは、脳の中にある感情のアンテナ。
 
目の前の出来事に対して、いち早く、快であるか、不快であるかを判断する役目をになっています。
 
不快であれば、攻撃するのか怖がるのかを、すぐさま判断して、あなたに知らせてくれます。
 
つまり、この扁桃体が敏感であると、ネガティブな感情が高まりやすいということ。
 
怒りや恐怖が、瞬時にわきおこり、簡単に大きくなっていってしまうのです。
 
そして、この扁桃体の敏感度は、生まれつき決まっていると考えられています。
 
さらに、幼少の頃のネガティブな体験によって、より敏感になってしまい、そこで決まった敏感度は、もう鍛えることができないと現時点では考えられています。
 
アダルトチルドレンは、幼少の体験において、扁桃体が敏感にならざるを得ない環境で生まれ育ちました。
 
しかも、生まれつき敏感だとしたら、なおさら鋭い感度を持った扁桃体になっていることでしょう。
 
そうなんです。
 
あなたの扁桃体は敏感なのです。
 
これは、気合いや根性でどうにかなることではありません。
 
敏感肌が、気合いや根性で丈夫にはならないように、『敏感な扁桃体』は、努力で何とかなるものではないのです。
 
にもかかわらず、真面目なあなたは、懸命に努力してきました。
 
自分を責め、自分の弱さが原因だと、鍛えようとしてきました。
 
しかし、思うように結果が出ず、自信を無くし、さらに自分を責めるようになってしまったかもしれません。
 
でも、もうそんな、“理にかなっていない無茶” をする必要はないんですよ。
 
今まで本当に本当に、よく頑張ってきましたね。
 
本当に本当に、よく耐え抜いてきましたね。
 
これからは、
 
“理にかなった方法”
 
によってアダルトチルドレンを本気で克服していきましょう。
 
そのためには、まず、自分の扁桃体が敏感であると自覚するところから始めましょう。
 
まずそれを認めて、受け入れるのです。
 
その「立ち位置」に、しっかりと立ちつづけるのです。
 
そうすれば、この先の生きる道が、大きくひらけてきます。
 
『心地よい人生』の指針が見えてきます。
 
つまり、あなたが、何をすればいいのかが明確に見えてくる。
 
できないことを無理にやろうとする苦しみから解放されるのです。
 
次回は、その新たな「立ち位置」に立ち、人生を変えるための具体的な習慣をご紹介します。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ