アダルトチルドレン克服方法

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第7回
アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと

 
アダルトチルドレンを克服するために絶対欠かせない必要なこと。
 
それは「親を捨てる」ことだと、前回私は述べました。
 
距離を置いて付き合うのではなく、親子であることをやめる。
 
もちろん戸籍上はできませんし、ご家庭の事情や、収入の面などで、それが実行できないこともあると思います。
 
そんな場合は、少なくとも心の中でいいから「親を捨てる」。
 
「あの人の子であることをやめる」のです。
 
では、どうしてそこまでする必要があるのでしょうか?
 
それは、アダルトチルドレンから脱け出す上で必要な、最低限の「環境」を整えるためです。
 
どんなにあなたが、アダルトチルドレンを克服する努力をしつづけたとしても、その身近に親がいれば、あなたの心は乱されつづけるでしょう。
 
もし身近にいなくとも、「この人は私の親である」と認めたまま、たまに話すだけでも、いえ、思い出すだけでも、せっかくの努力が振り出しに戻されるはずです。
 
あなたもそれを何度も経験してきたのではないでしょうか?
 
あなたは、たとえ心の中ででも親子関係をつづけているかぎり、親に怒り、親に期待し、親に怯え、これからも、自分の貴重な時間と労力とお金を費やしつづけることになるでしょう。
 
そのような過酷な状態の中で、アダルトチルドレンの克服が本当に果たせるでしょうか?
 
だから、「あの人の子」をやめる必要がある。
 
それが、アダルトチルドレンを本気で克服するために欠かせない必要なこと。
 
その「環境」を整えた上で、アダルトチルドレンの克服にのぞまなければ、何度も同じ所を行ったり来たりしてしまうだけです。
 
あのブッダでさえ、まずはじめにしたことは「出家」です。
 
つまり、家族を捨てた。
 
そのような「環境」を整えてはじめて、自分の心を整えることができたのです。
 
家族と共に暮らし、繁華街のど真ん中で悟りをひらいたわけではないということ。
 
どんなに辛抱強い人でも、大嫌いな人に頭を叩かれながら笑顔でいられる人はいません。
 
「もっとも自分の心を乱すもの」との関係を取り除いてからでなければ、その心を整えられない。
 
それこそが、理想論の通用しない「現実」なのです。
 
次回は、「あの人の子」をやめる際に、実際に生じる問題について見ていきたいと思います。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ