人間関係がうまくいかない

 

アダルトチルドレンを本気で克服する方法第41回 人間関係がうまくいかない

LinkIcon目次はコチラ 
 

アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法

 

第41回
人間関係がうまくいかない

 
人間関係。
 
この言葉を聞いただけで、「ああ…」とため息がもれてしまう人がいます。
 
「もう、こりごり…」
「もう、うんざり…」
「もう、関わりたくない…」
「もう、逃げ出したい…」
 
ため息の種類も、人によって本当にさまざまです。
 
しかし、アダルトチルドレンと自覚されている方は、このすべての種類のため息を日々もらしている。
 
人という群れの中で暮らしているにもかかわらず、どうしてここまで苦手なのかと我ながら不思議に思うほど、人間関係がうまくいかないのです。
 
ではなぜ、アダルトチルドレンはそんなにも人間関係をうまくいかせることが苦手なのでしょうか。
 
その理由は、例えば…、
 
人との境界線を引くのが苦手
 
人の目が気になる
 
人の批判が怖い
 
人に拒絶されると心が痛む
 
いろいろな理由が考えられますよね。
 
しかし、それらをまとめあげる、もっとも大きな理由が一つ存在しています。
 
それは、アダルトチルドレンが無自覚のうちにすべての人を、
 
「超重要人物」
 
だと感じているということです。
 
周囲にいる人がすべて「超重要人物」だと感じれば、誰と接するときにも真正面からまともに接してしまいます。
 
家族や友達、会社の同僚、上司、部下、取引先のお客さん、ご近所さん、ママ友…。
 
アダルトチルドレンは、日々会うこれらすべての人といつでも真正面から接してしまうために、心も体もクタクタになってしまうのです。
 
しかも、それだけにとどまりません。
 
街ですれ違っただけの人、電車で隣に座っただけの人、道順を聞かれただけの人、コンビニの店員、路線バスの運転手、サポートセンターのオペレーターまで…。
 
本当にすべての人と真正面から接してしまうのです。
 
相手は「超重要人物」なのですから、必要以上に気をつかいます。
 
そのため、怯え、迎合してしまうこともあります。
 
また必要以上に期待し、甘え、その結果として裏切られることもあります。
 
これを「すべての人」に対しておこなっていれば、人間関係という言葉を聞いただけで、あらゆる種類のため息が出るのは、当然のことと言えるかもしれません。
 
では、アダルトチルドレンにとっての「超重要人物」とはいったいどんな対象なのでしょうか?
 
それは、
 
「攻撃してくる人」
「理想の母親」
 
です。
 
アダルトチルドレンは、無自覚のうちに、周囲にいるすべての人に対して「いつ攻撃されるか」と警戒し、「すべてを受け入れてもらいたい」と期待しているのです。
 
だから、日々会う友人や会社の人たちも警戒し、同時に受け入れてもらいたいと思う。
 
たとえ道ですれ違う人であっても警戒し、同時に受け入れてもらいたいと思う。
 
嫌いな人のことはなおさら警戒し、そのうえ嫌いない人にもかかわらず受け入れてもらいたいと思う。
 
そして、必要以上に気を使い、怯え、迎合してしまう
 
さらに、必要以上に期待し、甘え、裏切られる。
 
こうしてアダルトチルドレンは、人間関係がうまくいかず、あらゆる種類のため息をつく結果となるのです。
 
あなたにももし、思い当たる点があるのなら。
 
あなたの持つ「警戒」と「期待」に注意してみましょう。
 
そこからどんな行動や言葉が出ているのか、チェックしてみましょう。
 
その上で、あなたの中にある「葛藤の分岐点」に焦点を当ててみてください。
 
きっと今までにない、人間関係に対する解決策が見いだせるはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶ かつのり(信夫克紀)
 


アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法 <目次>

1.アダルトチルドレンを「本気」で克服する方法
2.なぜ克服したはずの問題をくり返してしまうのか?
3.今までのアダルトチルドレン克服法が取りこぼしてきた盲点とは?
4.扁桃体が敏感だと自覚する
5.「あなたは強い」という事実
6.親を捨てる
7.アダルトチルドレン克服に欠かせない必要なこと
8.恩着せがましい親
9.一生懸命育てたのに!
10.あなたは本当に親不孝者なのか?
11.親にすべてをブチまけようと思う
12.親が子育ての非を認められない理由
13.親への仕返しが止められない
14.アダルトチルドレン克服の優先順位
15.親との対決に必要な覚悟
16.好きなこと、やりたいことがわからない
17.誰もわかってくれない
18.燃え尽き症候群をくり返してしまう
19.親子関係を良好にしたい
20.「してあげた」という親心
21.リラックスできない
22.体を整える
23.つき合う人を変える
24.ナイーブさを捨てる
25.人に批判されるのが怖い
26.自尊心が低い
27.アダルトチルドレンの「克服」とは?
28.感情をうまく表現できない
29.鬼のような親
30.人からの評価が気になる
31.自信よりも必要なもの
32.嘘をついてしまう
33.承認欲求が強い
34.仕事で手を抜けない
35.自己肯定感を高めたい
36.親と同じことをしてしまった
37.なぜ焦ってしまうのか?
38.不登校が許されなかった人
39.今の仕事が向いていない
40.勇敢であるということ
41.人間関係がうまくいかない
42.孤独を磨き上げる
43.努力しても嫌われつづける人
44.いつも自分ばかり残業している
45.快楽と上手につき合おう
46.自分のなかに基準がない
47.面倒くさがりをなおしたい
48.自分に合った働き方を見つけたい
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ