TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?


更新日:2023年11月21日

内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?

 

内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?

LinkIcon目次はコチラ   
 

生きづらい人生の歩き方

 

第141回
内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?

 

┃ただ「繭の中」でジッとしていたい

 
内にこもりたい。
 
そんなときって、ありますよね。
 
すべてを遮断して、繭の中でジッとしていたいような。
 
落ち込んでいるような、悲しいような、怖いような。
 
すべてを投げ出してしまいたいような。
 
ただひたすらに、世間から逃れてそっとしておいてほしいような。
 
でも、そんなことはおかまいなく、家族も、会社の上司も、お客さんも、いつもどおり話しかけてくる。
 
いつもどおりの自分で接さなくちゃと思うけど、もうなにもやる気が出ないような・・・。
 
そんなとき。
 
あなたは、どうしていますか?
 
 

┃楽しいことも面白いことも役に立たない

 
きっと世間の多くの人は、外側に気もちを向けようとしますよね。
 
なにか楽しいことをしよう。
 
なにか面白いことをしよう。
 
カラオケにいったり、友だちと飲みにいって騒いだり、大好きなお笑い番組を見たり。
 
たしかにそれも、一つの解決策でしょう。
 
でも、それができるのは、内にこもりたい気もちにまだ余裕があるときだけでしょう。
 
本気で内にこもりたいときには、そんな楽しいことも面白いことも、自分を突き刺す冷たい針のように感じられる。
 
風邪を引いたときの肌のように過敏になった自分には、不快で嫌な刺激にしか感じられないのです。
 
だからすっぽりと繭に包まれたいと思う。
 
透明な繭に守られたまま、ただ一人、その内側から外をじっと眺めていたいと思うのです。
 
 

┃内にこもりたい気もちを大切にする

 
どうしたらこんな、極度に内にこもりたい思いを消して楽になれるでしょうか?
 
まずは、その発想自体をあきらめた方がいいかもしれません。
 
つまり、都合の悪いものは消してしまおう。
 
そんな世間に蔓延した思いが、生きづらい自分をさらに苦しめてしまいます。
 
たいせつなのは、内にこもりたいという思いです。
 
内にこもりたいのは、なにか内側に目を向ける必要があるから。
 
自分の内面を見つめる必要があるからかもしれません。
 
それを無理やり外側に向けようとするのでは、自分があまりにもかわいそうです。
 
もうちょっとストレートに言うと、見たくないものから目を背けて、見たいものだけを見ようとする幼稚な態度だと言えるでしょう。
 
内にこもりたいのなら、できるだけ内にこもらせてあげる。
 
そのためにはどうしたらいいか?
 
なんとかして、一人の時間と空間を確保できないだろうか・・・。
 
まずはそう真剣に構想してみることです。
 
そして、そこでじっくり自分の心と向き合うことです。
 
無理やり聞きだそうとせず、心が語りかけてくるのをじっと待つ。
 
体にも違和感がないか、自分に何か訴えかけようとしている感覚はないか、静かに待つ。
 
そんなふうに、自分の内側に目を向けるのです。
 
もしかしたら、なにか大きな気づき(アウェアネス)があるかもしれません。
 
また、もしかしたら、なにも起きないかもしれません。
 
でも・・・。
 
そうして、自分の内にこもりたい気もちを大切にすることで、あなたは少なからずの満足感を得ることができるでしょう。
 
だってそれはあなたが望んでいたこと。
 
内にこもりたいという思いは、内側にいる他の誰かではなく、まぎれもなくあなた自身が望んでいたことなのですから。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり
 
関連記事
日本社会で生きづらい人が苦しんでいる本当の理由
都合の悪いものは消してしまおうという「問題消去型社会」について解説しています。
 
もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
Adic Salon入会受付中!生きづらさをチカラに変える!
 
 

生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.生きづらい人がAI時代に生き残れる仕事とは?
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.生きづらい人向け「ビジネスの成功法則」
4.あなたは「善人」ですか「悪人」ですか?
5.お金は好きですか?-生きづらい人が陥るお金のジレンマ
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.生きづらい人は「リア充」より「ジツ充」を目指そう
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.自分と同じ症状の人が見当たらない
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.生きづらい人は仕事を「三つ」もとう
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの活かし方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.「社会の常識」に振りまわされない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.家にも世の中にも居場所がないときの解決法
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.生きづらい人が「苦手」を克服する方法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう
90.「ありのままの自分」というやっかいな問題
91.「お金」以外に8つの基準をもとう
92.どうしてこんなにつらいのに誰にも伝わらないのだろう?
93.仕事が恐い、職場が恐い - その恐怖の正体と解決策
94.「恩知らずな人」を許せない
95.他人を不愉快にさせてしまう
96.「等身大の自分」という言葉にひそむ罠
97.有効な「貯金」の仕方を身に着けよう
98.「なぜ怒っているのかわからない」と言われてしまう
99.頑張っているのに結果が出ない・・・
100.自分を「弱い」と感じている人へ
101.集団になじめないなら「思いどおり」にやろう
102.無駄に苦しんできただけだった
103.お金の不安をなくす方法
104.私の「すべて」をわかってもらいたい - わかってもらいたい症候群
105.なぜ苦しみを「克服」できないのか?
106.生きづらいなら「心地よい人生」を目指そう
107.生きづらい人は「扁桃体をいたわる生き方」を身に着けよう!
108.生きづらい人が自由になれる「メタ思考」とは?
109.世間との「ほどよい距離」の取り方とは?
110.たんたんと生きる
111.生きづらい人が目標を達成できない本当の理由
112.三理一体の法則がうまくいかない人の共通点とは?
113.カタルシスが生きづらさ脱出の「起爆剤」になる理由
114.「生きづらさ克服」の気力を失いそうなあなたへ
115.「仕事に行きたくない、家にいたい」当事者の声と具体的な対処法
116. 気が弱い人が人生を変える極意
117.消えない恨みへの「レベル別」対処法
118.生きづらさをこじらせる「完全な被害者バイアス」とは?
119.生きづらいなら「役割」を果たし人生を落ち着かせよう
120.生きづらい人にもっとも大切な支援
121.生きづらい人は「意志が弱い」のか?
122.自分軸よりも大切なもの -「実存軸」で生きよう
123.人の言葉に傷つきやすい人が知ると楽になる二つの事実
124.メタ思考力を鍛えたいなら「バカ」や「アホ」ともつき合おう
125.生きづらさの「原因」を安易に特定するネット記事が多すぎる
126.「誰でもHSP症候群」にかかった日本
127.「結論だけ欲しがる社会」に踊れされるな
128.生きづらい人は「ギバー」を目指さなくていい
129.「一人で生きていく」と決めた生きづらい人に必要な覚悟
130.マイノリティは、なぜ生きづらいのか?
131.生きづらい人の「意識」の上手な活かし方
132.もんもん耐性、それは自分の「本質」と向き合える力
133.生きづらい人はAIと仲良くなれる - 関係性のシンギュラリティ
134.「メンタルが強い人」のアドバイスを真に受けない
135.雑談力は必要か?雑談できないあなたへ
136.嫉妬しやすい人が「嫉妬しない人」になりたいなら
137.お金に振り回されなくなる「二つの力」
138.日本社会で生きづらい人が苦しんでいる本当の理由
139.自分は本当に「生きづらい」のだろうか?
140.生きづらい人はコミュニケーションが得意という事実
141.内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?
142.「憧れの人」を目指すな - ビジネスの成功者に憧れる生きづらい人へ
143.私には不満がない
144.「無駄にプライドが高い人」が好きだ
145.その他大勢になるな、唯一無二のままであれ。
146.「生きる意味」が見つからない、生きづらい人へ
147.「異物」として生きて
148.FIRE達成!で、どうするの? 
149.「気にしている」のではなく「気になっている」のです 
150.「自分の本質」を見えなくさせるもの
151.生きづらい人が死ぬときに後悔しない方法
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。