TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 世間との「ほどよい距離」の取り方とは?


更新日:2021年9月22日

世間との「ほどよい距離」の取り方とは?

 

世間との「ほどよい距離」の取り方とは?

LinkIcon目次はコチラ   
 

生きづらい人生の歩き方

 

第109回
世間との「ほどよい距離」の取り方とは?

 

┃世間とかかわるのが苦しい

 
世間の目が気になる。
 
人間関係が苦しい。
 
あなたも、そんなお悩みを抱えていますか?
 
生きづらい人は、世間にまみれては生きていけません。
 
つまり、人間関係にまみれては生きていけないということ。
 
なぜなら、感性が違いすぎるからです。
 
ですので、生きづらい人は、世間と「ほどよい距離」を取ることが絶対に必要です。
 
ほどよい距離を取るとは「脱世間」するということです。
 
そうしないと感性の違いに、押しつぶされてしまいます。
 
なぜかと言うと、生きづらいあなたの感性は「圧倒的な少数派」だからです。
 
そのため、感性が合わなければ、あなたの方が一方的に責められることになるのです。
 
その結果、あなたは自分の感性を無理やり世間の感性に合わせなければならなくなる。
 
これはとても苦しいことです。
 
本当に本当にしんどいですよね・・・。
 
 

┃世間から脱け出した方がいい明確な理由とは?

 
自分の感性を押し殺し、世間に合わせて生きるのは、とてもつらいことです。
 
では、いったいどうすればいいのでしょうか?
 
それは、自分の感性は「決して間違いではない」ということを知ることです。
 
たまたまあなたの方が、数か少ないから攻撃されていた。
 
ただそれだけの話であって、間違っているわけではないということを、しっかりと自覚することです。
 
しかし・・・。
 
このようなお話をすると、こんどは、
 
「そうか!世間の感性が間違っていたのか!」
 
と世間を攻撃しだす人がいます。
 
今までの恨みもあいまって、ものすごい勢いで世間の感性を否定しだすのです。
 
でも、これは理にかなっていません。
 
あなたならおわかりですよね。
 
そうです、
 
「世間の感性も間違っているわけではない」のです。
 
感性に良いも悪いもありません。
 
ただ生きづらい私たちと世間の感性がお互いにぜんぜん違うだけだということ。
 
どちらが正しいとか間違っているという話ではない。
 
ただただ「相性が悪い」というだけの話なのです。
 
相性が悪いのですから、一緒にいたらろくなことがないですよね。
 
だったら一緒にいないほうがいい。
 
だから、とっとと脱世間した方がいいということです。
 
というか、それが「もっとも効率的で理にかなっている」というだけの話なんです。
 
 

┃世間と距離を取ると「理想郷」で暮らせる

 
とっとと脱世間するのが、効率的で理にかなっている。
 
そしていざ脱世間してみると、非常に大きなメリットがついてきます。
 
それは「世間が自分のために働いてくれている」という事実に気づけるのです。
 
どういうことでしょうか?
 
脱世間すれば、たった一人、自分のペースでできる仕事をやればいいだけです。
 
というか、世間と感性が違うのでそうするしかありません。
 
一方、世間の人たちは・・・。
 
みんなと感性が同じであるために、
 
「みんなで集まって」
 
「みんなでペースを合わせて」
 
「みんなで協力して」
 
仕事をすることになります。
 
その結果、たくさんの素晴らしい商品やサービスが生み出されます。
 
そして脱世間した人は、そこにいっさいかかわっていないのに、そのたくさんの商品やサービスを使うことができるのです。
 
カップラーメン一つとってみても、その辺のおじさんが一人で企画し一人で作ったものではありません。
 
多くの人が、人間関係にまみれながら企画して作る必要があります。
 
脱世間した人はその「人間関係にまみれながら作られたカップラーメン」を遠慮なく食べることができます。
 
それはまるで世間の人たちが、自分の代わりにイヤなことを全部やってくれているようなものです。
 
こんな「理想郷」が他にあるでしょうか?
 
 

┃生きづらい人が世間と適切に距離を取る方法とは?

 
ここで、とても重要なポイントがあります。
 
それは「脱世間と脱社会は別物だ」ということです。
 
だから脱世間していても、社会のなかで役割をしっかりと果たす必要があります。
 
ただその「役割の果たし方」が世間の人たちとは違うというだけ。
 
人間関係とサヨナラし、解放感に満たされながら自分のペースをで生きていく。
 
そのうえで社会に価値を提供していく。
 
社会に価値を提供しているから、排除されるいわれはない。
 
なので堂々とあらゆる商品もサービスも受け取ることができる。
 
自分はそこにかかわっていないのに、おいしいところだけいただけるのです。
 
これこそ、生きづらい人が世間と適切に距離を取る方法なんです。
 
あなたも、もう自分の感性を無理やり世間に合わせる必要はないんですよ。
 
そして、その世間の感性を無駄に攻撃する必要もないんです。
 
ただたんに「相性が悪いだけ」なのですからとっととそこから離れればいい。
 
すぐには難しいのなら、その準備だけでもはじめればいいのです。
 
それこそが、おいしいところだけをいただけるという「理想郷」へと至る道なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

関連コンテンツ

なぜ「一人で稼ぐチカラ」が最強なのか?
 

もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
LinkIconたんたんと生きる
 

生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.生きづらい人がAI時代に生き残れる仕事とは?
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.生きづらい人向け「ビジネスの成功法則」
4.あなたは「善人」ですか「悪人」ですか?
5.お金は好きですか?-生きづらい人が陥るお金のジレンマ
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.生きづらい人は「リア充」より「ジツ充」を目指そう
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.生きづらい人は仕事を「三つ」もとう
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの活かし方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.「社会の常識」に振りまわされない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.生きづらい人が「苦手」を克服する方法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう
90.「ありのままの自分」というやっかいな問題
91.「お金」以外に8つの基準をもとう
92.どうしてこんなにつらいのに誰にも伝わらないのだろう?
93.仕事が恐い、職場が恐い - その恐怖の正体と解決策
94.「恩知らずな人」を許せない
95.他人を不愉快にさせてしまう
96.「等身大の自分」という言葉にひそむ罠
97.有効な「貯金」の仕方を身に着けよう
98.「なぜ怒っているのかわからない」と言われてしまう
99.頑張っているのに結果が出ない・・・
100.自分を「弱い」と感じている人へ
101.集団になじめないなら「思いどおり」にやろう
102.無駄に苦しんできただけだった
103.お金の不安をなくす方法
104.私の「すべて」をわかってもらいたい - わかってもらいたい症候群
105.なぜ苦しみを「克服」できないのか?
106.生きづらいなら「心地よい人生」を目指そう
107.生きづらい人は「扁桃体をいたわる生き方」を身に着けよう!
108.生きづらい人が自由になれる「メタ思考」とは?
109.世間との「ほどよい距離」の取り方とは?
110.たんたんと生きる
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。