TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | FIRE達成!で、どうするの?


更新日:2024年4月27日

FIRE達成!で、どうするの?

 

FIRE達成!で、どうするの?

LinkIcon目次はコチラ   
 

生きづらい人生の歩き方

 

第148回
FIRE達成!で、どうするの?

 

┃FIREを目指す生きづらい人が増えている

 
このコラムは、多くの人にはまったく役に立たないでしょう。
 
ただ、もしあなたが真の生きづらさを抱えているのなら。
 
きっとご納得いただけるのではないかと思います。
 
「FIREを目指そう!」
 
一時期盛んに言われていました。
 
FIREとは、株などの資産運用でひと財産つくって早期リタイアし、「自由に生きる」ことを目指す生き方ですよね。
 
特別贅沢するわけではなく、資産から得られる利益やそれを上手に切り崩して使っていくことで、のんびり暮らしていく。
 
好きなところに旅行したり、毎日本や映画を見て過ごしたり、友人を招いて料理に腕を振るったり。
 
会社勤めから解放されて、ありあまる時間を自分のために使って生きていく。
 
とても魅力的だと思います。
 
その流れに乗って「私もFIREを目指そう!」と思い、資産運用を学びはじめた人も多いようです。
 
それは生きづらい人でもかわりません。
 
生きづらさ専門カウンセラーである私のもとには、「FIREを目指したいのですが」というご相談が相次ぎました。
 
心が敏感で、人間関係も苦しくて、それでも世間になんとか馴染もうとして、必死で会社勤めをつづける日々。
 
こんなしんどい生き方とは、1日でも早くオサラバしたい。
 
だからFIREを目指す。
 
そう考えるのは、当然のことですよね。
 
 

┃生きづらい人がFIREを達成できない理由

 
生きづらいからこそ、FIREを目指す。
 
ただ・・・。
 
そうしてFIREを目指しても、まったくうまくいかない人が多いのです。
 
それどころか、むしろよけいに生きづらくなってしまった人が、あとを絶ちません。
 
なぜなら、そもそもFIREは、生きづらい人には向いていない要素がたくさんあるからです。
 
FIREは、半年や1年で達成できるものではありませんよね。
 
つまり長い年月にわたり、お金を貯蓄や資産運用にまわす必要があります。
 
当然、欲しいものや食べたいものを我慢して生活することになります。
 
欲求を抑えつづける必要があるのです。
 
そしてこの「欲求をおさえつづけること」こそ、生きづらい人がもっとも苦手としていることです。
 
生きづらい人は、毎日膨大なストレスにさらされて生きています。
 
一歩外に出れば、直接神経に触らているような街の喧騒。
 
会社につけば上司にミスを指摘されただけで胸にグサっとナイフが突き刺さる。
 
それを誰かに見られていやしないかと、人の目ばかりに気なる。
 
そうしていつも人間関係でつらい思いをしてきたなと、自分の意志とは無関係に過去の苦しみがよみがえる。
 
だからいつも緊張で力んでいて、体はガチガチ。
 
日々の仕事と家事をするだけで精一杯。
 
そんな苦労を知らない周囲の人たちから飛んでくる要望や意見やアドバイス。
 
どれも批判にしか聴こえず、どんどん追い詰められていく。
 
もうこんな自分はやめてしまいたいと「受け止め方」を変えようとするけれど、どうしてもできない。
 
なぜできないのかと自分で自分を責める日々。
 
頼りにできる親もおらず、それどころか顔を合わせればいがみ合うばかり。
 
自分を含めて誰も味方がいないなかで、人知れずひたすらこの苦しみとともに生きていかなければならない現実。
 
まさに「生きてるだけでつらい」という状況です。
 
このなかで、FIREを目指すために「欲求」を抑えつづける余白がどこにあるのでしょうか?
 
しかも、この先何年も、何十年も・・・。
 
それはまさに「苦行」とも言えるものでしょう。
 
生きづらい人にとって、すでに毎日が苦行です。
 
つまり生きづらい人にとってのFIREとは、苦行の上にさらに苦行を追加するようなものなのです。
 
 

┃好きで欲求に振り回されてるわけじゃない

 
生きづらい人にとって「欲求」を満たすことこそが命綱になっているケースが、とても多いのが事実です。
 
しんどい人生のなかで、おいしいものをドカッと食べてなんとか乗り切っている。
 
仕事帰りに、家まで待ちきれずに肉まん片手に缶ビールをガブガブ飲んで、なんとか乗り切っている。
 
やっと出たボーナスで欲しかった服やコスメを爆買いして、なんとか乗り切っている。
 
そんなことしちゃダメだとわかっていても、どうしてもしてしまう罪悪感にまみれながら、荒れ狂う「欲求」を満たすことで、どうにかこうにか乗り切っているのです。
 
生きづらい人だって、好きで「欲求」を満たしているわけではありません。
 
別においしいものが好きで好きでたまらないわけじゃない。
 
肉まんと缶ビールの魅力にのめりこんでいるわけじゃない。
 
無類のファッションマニアで服やコスメを爆買いしてるわけじゃない。
 
そうせざるをえないほど毎日が苦しいということなのです。
 
それほどまでに苦しいからこそ、その膨大なストレスのはけ口として、自然と強い「欲求」が湧いて出てきてしまうのです。
 
それを抑えつけなければ達成できないFIREというものは、あきらかに生きづらい人と相性が悪いと言わざるをえません。
 
もちろん、わざわざ生きづらい人に向けて「FIREを目指そう!」という人はいないでしょう。
 
ただ、苦しい会社勤めに縛られず、喧騒や人間関係と無縁で生きていけるかのようなFIREという生き方を見て、
 
「これはまさに私ための生き方だ・・・」
 
とみずから感じる方が、じっさい生きづらい人には少なくないというのが現状なのです。
 
それを、頭ごなしに「生きづらいならFIRE目指しちゃダメだ!」という権利は、当然私にはありません。
 
ただ、もしあなたが生きづらさを感じていて、FIREを目指されるのであれば。
 
苦行の上に苦行が重なる可能性があることは、あらかじめて知っておいていただければなと思います。
 
なんのためかと言えば、あなたがご自分自身をもうこれ以上責めないためです。
 
今でさえ「欲求」を抑えられない自分を責めてしまうのに、FIREを目指せば、その機会がより増えてしまうことになりかねません。
 
じっさいにそのような方をおおぜい見てきたので、どうしても心配になってしまうのです。
 
 

┃私が「ありあまる時間」で体験した虚しさ

 
じつは、もう一つ心配なことがあります。
 
それは、うまくいって「FIRE」を達成したあとのことです。
 
果たしてあなたは、その人生を存分に楽しめるでしょうか?
 
FIREを達成した人は、いつでも好きなところに旅行したり、毎日本や映画を見て過ごしたり、会いたいときに友人を招いて得意の料理に腕を振るったりする.
 
そんな自分の「充実した人生」を、SNSで発信したりしています。
 
ただ・・・。
 
もしあなたがそのような生活を送ったとしたら。
 
果たしてその生活に満足できるでしょうか?
 
そんなにも行きたいところや、好きなこと、やりたいことや会いたい人がハッキリわかっていたら、あなたはそんなにも生きづらくないのではないでしょうか?
 
自分がなにを望んでいるのかすらわからない。
 
自分がなにを感じているのかも曖昧で。
 
自分に軸がない・・・。
 
だからこそ、あなたはそんなにも生きづらいと悩んできたのではないでしょうか?
 
じつは、私自身、一度FIREのような状態で生活し、そんな体験をしたことがあります。
 
いくつかの講座の中でお話ししてきましたが、私はある人からアパートの運営を任されて、それが軌道に乗ったおかげで、毎月決まった金額の収入を得られるようになりました。
 
大卒の初任給にもはるかに満たない金額でしたが、生活することはできる。
 
当時病気で退職し、借金まみれで無職だったアラフォー男にとって、貴重でありがたい収入でした。
 
しかも、朝から晩まで働く必要はなかったので、突然「バン」と自由な時間が与えられたのです。
 
最初のうちは、好きな映画やアニメを見たり、気のむくままに出かけたり、なかなかお会いできていなかった人に会ったりして過ごしていました。
 
しかし・・・。
 
1週間もしたら非常に虚しくなってきました。
 
大好きだったはずの映画やアニメも、見るのが苦痛になってきました。
 
わざわざ出かけようと思う気もちも、薄れていきました。
 
人と会っても、世間から脱け出した自分とのギャップで話が合わない。
 
飽きるのとは違う。
 
どれもこれも「そんなに好きじゃなかったんだな」という現実を突きつけられたのです。
 
俺、そんなに好きなことも、やりたいこともなければ、会いたい人も本当はいないんだな、という事実。
 
しかも、やればやるほど「なにやってるんだろう」という思いにとらわれていく。
 
まさに、自分がなにを望んでいるのかすらわからない。
 
自分がなにを感じているのかも曖昧。
 
自分に軸がない・・・。
 
それと同じような状態で、もしうまくFIREを達成できた人がいたとしても。
 
果たしてその後の人生を充実させられるでしょうか?
 
 

┃生きづらい人に向いている生き方

 
FIREを達成した人生を迷いなく楽しめる人。
 
そのような人は、もともと振り回されるほどの強い「欲求」も湧いてこない人なのではないでしょうか。
 
だからこそ疑問ももたずに、目の前にある「健全な欲求」を満たしつづけて、自分を楽しませ、それで人生に満足できる人なのではないでしょうか。
 
それはもはや「特殊な才能」がある人だと言ってもいいでしょう。
 
起業してお金持ちになるは、やはり「特殊な才能」が必要です。
 
たぐいまれな目標達成力と、非常に強い欲求と、それを迷いなく満たしつづけていけるという「特殊な才能」です。
 
FIREは、一見それとは真逆で、堅実で誰にでもできそうな見た目をしています。
 
しかし、じつのところは起業してお金持ちになるのと同じ。
 
やはり、たぐいまれな目標達成力と、非常に健全な欲求と、それを迷いなく満たしつづけていけるという「特殊な才能」が必要。
 
その「特殊な才能」をもった人だけが実現できる生き方なのです。
 
もし生きづらい人がFIREを達成できて、その人生を楽しめているのだとしたら。
 
それは生きづらさというよりは、「マイペース」「一人が好き」「内気」といった、その人の特性や悩みと言えるものだったのかもしれません。
 
生きづらさに特有の、これ以上我慢できないというほどの激しいストレスや、それが形を変えた痛烈な欲求、そして「好き」も「やりたい」もわからない自己の喪失感。
 
それがありながら、FIREを達成し、なおかつ楽しむというのは現実的にはなかなか難しいと言わざるをえない。
 
それが、毎日「生きづらい・・・」と切実に語る方たちと二人三脚で歩みつづけている者の、素朴な感想。
 
そして自分自身も「ありあまる時間」を与えられて得た見解です。
 
生きづらい私たちに必要なのは「役割」です。
 
今目の前の人生を充実させて、今たしかな自由を手に入れる。
 
金持ちでもない、質素でもない、生きづらい自分だからこそ生きられる「心地よい人生」を極める。
 
その方が、今をひたすら我慢して過ごし、未来の不確かな自由を目指すより、よっぽど堅実な生き方だと思いませんか?
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり
 

もしこの記事があなたのお役に立てたのなら、
ぜひ他の方にも教えてあげてください。
Adic Salon入会受付中!生きづらさをチカラに変える!
 
 

生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.生きづらい人がAI時代に生き残れる仕事とは?
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.生きづらい人向け「ビジネスの成功法則」
4.あなたは「善人」ですか「悪人」ですか?
5.お金は好きですか?-生きづらい人が陥るお金のジレンマ
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.生きづらい人は「リア充」より「ジツ充」を目指そう
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.自分と同じ症状の人が見当たらない
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.生きづらい人は仕事を「三つ」もとう
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの活かし方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.「社会の常識」に振りまわされない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.家にも世の中にも居場所がないときの解決法
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.生きづらい人が「苦手」を克服する方法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう
90.「ありのままの自分」というやっかいな問題
91.「お金」以外に8つの基準をもとう
92.どうしてこんなにつらいのに誰にも伝わらないのだろう?
93.仕事が恐い、職場が恐い - その恐怖の正体と解決策
94.「恩知らずな人」を許せない
95.他人を不愉快にさせてしまう
96.「等身大の自分」という言葉にひそむ罠
97.有効な「貯金」の仕方を身に着けよう
98.「なぜ怒っているのかわからない」と言われてしまう
99.頑張っているのに結果が出ない・・・
100.自分を「弱い」と感じている人へ
101.集団になじめないなら「思いどおり」にやろう
102.無駄に苦しんできただけだった
103.お金の不安をなくす方法
104.私の「すべて」をわかってもらいたい - わかってもらいたい症候群
105.なぜ苦しみを「克服」できないのか?
106.生きづらいなら「心地よい人生」を目指そう
107.生きづらい人は「扁桃体をいたわる生き方」を身に着けよう!
108.生きづらい人が自由になれる「メタ思考」とは?
109.世間との「ほどよい距離」の取り方とは?
110.たんたんと生きる
111.生きづらい人が目標を達成できない本当の理由
112.三理一体の法則がうまくいかない人の共通点とは?
113.カタルシスが生きづらさ脱出の「起爆剤」になる理由
114.「生きづらさ克服」の気力を失いそうなあなたへ
115.「仕事に行きたくない、家にいたい」当事者の声と具体的な対処法
116. 気が弱い人が人生を変える極意
117.消えない恨みへの「レベル別」対処法
118.生きづらさをこじらせる「完全な被害者バイアス」とは?
119.生きづらいなら「役割」を果たし人生を落ち着かせよう
120.生きづらい人にもっとも大切な支援
121.生きづらい人は「意志が弱い」のか?
122.自分軸よりも大切なもの -「実存軸」で生きよう
123.人の言葉に傷つきやすい人が知ると楽になる二つの事実
124.メタ思考力を鍛えたいなら「バカ」や「アホ」ともつき合おう
125.生きづらさの「原因」を安易に特定するネット記事が多すぎる
126.「誰でもHSP症候群」にかかった日本
127.「結論だけ欲しがる社会」に踊れされるな
128.生きづらい人は「ギバー」を目指さなくていい
129.「一人で生きていく」と決めた生きづらい人に必要な覚悟
130.マイノリティは、なぜ生きづらいのか?
131.生きづらい人の「意識」の上手な活かし方
132.もんもん耐性、それは自分の「本質」と向き合える力
133.生きづらい人はAIと仲良くなれる - 関係性のシンギュラリティ
134.「メンタルが強い人」のアドバイスを真に受けない
135.雑談力は必要か?雑談できないあなたへ
136.嫉妬しやすい人が「嫉妬しない人」になりたいなら
137.お金に振り回されなくなる「二つの力」
138.日本社会で生きづらい人が苦しんでいる本当の理由
139.自分は本当に「生きづらい」のだろうか?
140.生きづらい人はコミュニケーションが得意という事実
141.内にこもりたいとき、あなたはどうしていますか?
142.「憧れの人」を目指すな - ビジネスの成功者に憧れる生きづらい人へ
143.私には不満がない
144.「無駄にプライドが高い人」が好きだ
145.その他大勢になるな、唯一無二のままであれ。
146.「生きる意味」が見つからない、生きづらい人へ
147.「異物」として生きて
148.FIRE達成!で、どうするの? 
149.「気にしている」のではなく「気になっている」のです 
150.「自分の本質」を見えなくさせるもの
 


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。