善人なんていない

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第4回
善人なんていない

 
「善人」と「悪人」。
 
そんな正反対の言葉があります。
 
あなたはご自分をどちらだと思われるでしょうか?
 
誰だって、できることなら「悪人」にはなりたくない、「善人」でありたいと願っているものでしょう。
 
にもかかわらず、自分の中の「悪」を見つけては、落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか?
 
たとえば、怒りやねたみ、人を責める気持ちや人の不幸を願う気持ちが浮かんだときに、「どうしてこんな悪い考えが浮かんできてしまうんだろう…」と肩を落とすことがある。
 
カウンセリングでも、そのようなご相談をよくいただきます。
 
でも実は、肩を落としてまで「どうして…」と落ち込む必要はありません。
 
なぜなら、誰だって「悪」を持っているからです。
 
夏目漱石の「こころ」という有名な小説の中でも、登場人物である「先生」は次ようなことを口にします。
 
「悪人」という確固たる人種がいて、その人が悪いことをするのではなく、普段は「善人」である人が、いざというときに悪いことをするのだ…、と。
 
つまり、私たちの中には、必ず「悪」があるということ。
 
「善人」「悪人」という存在があるわけではなく、誰の心の中にも「悪」が潜んでいる。
 
人生がうまくいっているときには隠れていても、少しでもつまづけば、その「悪」が顔を出すということです。
 
だから、「悪」が出てきたとしても、「私って悪い人間なのかな…」といちいち落ち込む必要はない。
 
「悪」に人生を振り回されないように、「悪」を『マネジメント(管理)』すればいい。
 
ありもしない「善人」に無理をしてなろうとするのではなく、自分の中の「悪」をしっかりと管理し、時に律し、上手に対処していくことが大切だということです。
 
そのためには、まず自分の中の「悪」を自覚しなければなりません。
 
自覚できていないものを、マネジメントすることはできないからです。
 
部下をマネジメントするときに、その部下のスキルや性格を把握していなければ、上手にその部下に対処することができません。
 
それ以前に、その部下がそこにいることを知らなければ、なんの対処もできません。
 
だから、まずは自分の中の「悪」の存在を自覚する。
 
そして、その「悪」がいったいどんな性質のものなのかを、じっくり観察してみることで、「悪」に上手に対処することができるようになっていくのです。
 
また、「悪」は自分の中だけではく、当然他人の中にも潜んでいます。
 
どんなに「善人」に見えても、実際にその人に助けられたことがあったとしても、必ず「悪」の部分を持っている。
 
それがどんなに自分にとって大切な人であっても、「悪」を心に秘めているのです。
 
だから過度な期待はしない。
 
いつも笑顔で優しく、この人なら、どんなときでも必ず快く受け止めてくれると思っていた人が、ふいに面倒くさそうに対応してくることもある。
 
自分にとって不利益なことを押しつけてくることもある。
 
その覚悟をして他人と付き合うことが大切になってくるでしょう。
 
私たちはついつい、自分も含めて、ひとりの人間を「善人」であるか「悪人」であるかと、明確に裁こうとするクセを持っています。
 
「善人」だと思っていた人が少しでも悪いことをすると、「実は悪人だった」と言って、どちらかにハッキリ分けてしまおうとするのです。
 
「生きづらい」と感じている人ほど、そのような傾向が強いでしょう。
 
でも、人間とは「善人」と「悪人」には、ハッキリとは分けられない存在。
 
私たちの心は「善悪のハイブリッド」。
 
自分の中の「悪」をしっかりと見つけて、自分にも相手にも、過剰な期待をかけないことが大切なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

楽天ブックス売上ベスト10入り!
しのぶかつのりの本 生きづらさから脱け出す実践法 詳細はコチラ

 
次のページへLinkIcon
LinkIcon前のページへ