TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | そんなかんたんな話じゃない


そんなかんたんな話じゃない

 

生きづらい人生の歩き方第48回 そんなかんたんな話じゃない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第48回
そんなかんたんな話じゃない

 
あなたは、子供の頃にこんなご経験をしたことがありませんか?
 
洗い物を手伝っていたとき、お皿を割ってしまった。
 
「あー!なにやってるの!」
 
と大人から怒られる。
 
そこであなたは、自分が本当に思っている理由を述べる。
 
「お皿を持ったときの感覚がツルツルして、手のひらに触っていない感じで不思議で。だからどこまでお皿から手を離しても落ちないのかなって試してて…」
 
しかし、あなたの言葉は途中でさえぎられ、大人からこう言われるのです。
 
「嘘おっしゃい!」
 
「そんなわけないでしょ!」
 
「どうしてそんな面倒な言い訳をするんだ!」
 
嘘いつわりなく、本当の理由を述べたのに、一方的に嘘だと言われ、言い訳だと決めつけられる。
 
そして、
 
「いやいや手伝っていたってことでしょ?」
 
「真面目にやってなかっただけでしょ?」
 
と一言で言いなおされてしまう。
 
それを聴いてあなたは心のなかで思うのです。
 
<そんなかんたんな話じゃない…!>
 
と、くちびるを噛みしめながら。
 
もし似たようなご経験をおもちなら、あなたは「心の空間の住人」かも知れません。
 
心の空間の住人」は、日常生活の当たり前の行動のなかで、瞬間瞬間にさまざまなことを感じています。
 
だからこそ生きるのがたいへんで、ときには生きづらささえ感じてしまいます。
 
しかし、目の前の出来事を中心に生きている「物質空間の住人」には、そのことがまったく理解できません。
 
だから、あなたが本当に感じていたことをせきららに語っても、
 
「そんなわけないだろ」
 
「つまり、こういうことでしょ?」
 
と、自分たちの感性に合わせて「かんたんな話」に言いなおしてしまうのです。
 
自分の感じていることを、感じたことのない人に説明するのは、とてもたいへんなことです。
 
ましてや子供の頃であれば、そのことを大人に説明するのは本当に難しい。
 
さらに、お互いのあいだには「違う空間に住んでいる」という差があることまでふくめて説明しなければなりません。
 
子供の立場でそれを大人に納得してもらうのは、絶望的だと言えるでしょう。
 
そのために、苦しい少年少女時代を過ごした方も少なくありません。
 
たとえば、カウンセリングでお話をうかがっていると、次のようなケースがよくあります。
 
中学生の女の子Aさんが、自分が仲良くしていた女子のグループから仲間はずれにされてしまった。
 
そのグループの中心にいる女の子は、クラスでもボス格の女の子。
 
ボス格の子はそのグループだけではなく、他のグループにまで指示をして、ターゲットの子を決めては、嫌がらせをしたり無視することをくり返しています。
 
さらにクラスの班や部活など、彼女のいくところでは男子女子の区別なく、かならず同じようないじめがおこなわれるのです。
 
Aさんは、ついに自分の番が来たなと思いおとなしくしていましたが、いじめがおさまる気配はなく、ついに不登校をするようになりました。
 
両親に事情をたずねられ、Aさんは正直にボス格の子を中心に仲間はずれにされていることを打ち明けました。
 
さらに、多くの子がその被害に合っていると話しました。
 
ボス格の子を中心とした生徒たちのあいだに漂う「異様な空気」を、言葉を尽くして説明したのです。
 
それにたいして、両親はこう言いました。
 
「どうしてそんなに面倒くさく考えるの?」
 
「お前の考え過ぎだよ」
 
そして、ついにはこう言われてしまったのです。
 
「一度はっきり文句を言えば、そういう子は引き下がるものよ」
 
「あの子の兄貴は不良グループにいるから、その仕返しが怖くてみんな文句が言えないだけだよ」
 
それを聞いたAさんは、思うのです。
 
<そんなかんたんな話じゃない…!>
 
Aさんは、感じています。
 
ボス格の子から漂ってくる、なんとも言えない強い自己肯定感。
 
それがあるかぎり、反抗すればいくらでもやり返してきそうな圧迫感。
 
その雰囲気を本人も自覚したうえで利用している、人に有無を言わせない威圧感。
 
にもかかわらずもしボス格の子を追い落としてしまったら、学年全体が共有する世界像が一気に崩壊してしまうような危機感。
 
ボス格の子が放つ、それほどまでの存在感。
 
このすべてが、「そうやすやすと反抗できない空気」を生み出している。
 
その空気が、教師も含めた学年中に充満して日常と化している。
 
Aさんが、これらのことをどれだけ説明しても、両親は、
 
「要するに、本当は仕返しが怖いだけでしょ?」
 
「結局、先のことを考え過ぎちゃうってことしょ?」
 
「つまり、みんな見て見ぬふりってことでしょ?」
 
と『かんたんな話』にしてしまう。
 
先生に説明しても、やはり『かんたんな話」にされてしまう。
 
そして、考え過ぎだ、面倒くさい、嘘をつくな、言い訳するなと言われてしまうのです。
 
あげくに、「かんたんな解決策」を提示され、実行しろと迫られる。
 
それは対処療法にしかならないので、食い下がってもう一度説明をすると。
 
「もういい!」
 
とヒステリックに切り捨てられたり、
 
「わかった、わかった…」
 
とあきれられて話が完全に終わってしまうのです。
 
どうしてこのような食い違いが起きるのでしょうか?
 
それは「心の空間の住人」が、
 
「結果よりもプロセスを重視する」
 
という性質を持っているからです。
 
物質空間の住人」は、あまりプロセスにこだわりません。
 
結果が良ければそれでいいと、こだわらずに済ませることができます。
 
もちろんこれは「どちらの住人が正しい」という問題ではありません。
 
単純に、重要だと感じる点がまったく違っているということです。
 
心の空間の住人」は、ものごとの合間に充満している感情や雰囲気をとても敏感に察知しながら生きています。
 
というよりも、それが意識の中心を占めています。
 
つまり、目の前にあるものごとという「結果」よりも、どんな感情や雰囲気がそのものごとを起こさせているのかという「プロセス」に、自然と注意が向いてしまうのです。
 
言うなれば、「答え」よりも「式」を重視する。
 
「答え」をいきなり出されても、なぜそうなったのかという「式」に納得できないと、不全感を覚えてしまう。
 
心の空間の住人」にとっては、「式」の方こそが「現実」なのです。
 
もちろん、「心の空間の住人」と「物質空間の住人」が、明確に真っ二つに別れているわけではありません。
 
誰だって、「心の空間」と「物質空間」の両方の傾向を合わせもっています。
 
ただ生きづらさを感じている人は、「心の空間」にいる比率が圧倒的に高い。
 
カウンセリングをしていても、そのことを強く感じます。
 
だから、生きづらい人は「プロセス」を無理に人と共有しようとしない。
 
ましてや、理解してもらおうと思わない方がいいでしょう。
 
この人ならと思える人にだけ、そっと打ち明けてみる。
 
それ以外は、お互いにとって好ましい結果にはなりえません。
 
「答え」さえあればいいと思っている人に、いくら「式」の説明をしても、迷惑だと感じられてしまうだけなのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ