「自分らしさ」とは何か?

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第24回
「自分らしさ」とは何か?

 
あなたの「自分らしさ」を教えてください。
 
そうたずねられたとき、あなたはどのようにお答えになるでしょうか。
 
「自分らしさ」とは、いったい何か?
 
それが、今回のコラムのテーマです。
 
いくつかの「幼児向け番組」を見ていたとき、ふと私は、ある共通点に目が向きました。
 
それは「元気」の推奨レベルが半端ではないこと。
 
そのまっすぐさには、純粋に胸を打たれるほどです。
 
番組全体が、まさに「元気の理想型」。
 
「幼児向け番組」の持つ役割は、その「元気の理想型」を子供に見せてあげること。
 
そして、
 
「子供らしい」
 
元気な子を育むことなのだなと強く感じます。
 
それは社会において貴重な役割でしょう。
 
でも、親までもがその「子供らしい」というイメージをまともに受け取ってしまうとどうでしょうか。
 
子供の側は、「元気でなくてはならない」という潜在的なプレッシャーすら感じてしまうかもしれません。
 
本来、子供は十人十色。
 
「子供」という一つのレッテルではくくれないほど多様な存在です。
 
それを一方的に「子供はこうでなくっちゃ!」と考えてしまうのは、親の身勝手な論理でしかありません。
 
すべての子供が「子供らしい」わけではないのです。
 
そもそも「〇〇らしい」という言葉は、たいていの場合、当人以外の人間が、
 
「こういうあなたでいて欲しい」
 
という期待を込めて使うものだと言えるかもしれません。
 
たとえば、丸刈りの高校球児が深々とおじぎをしているのを見て、「さわやかで高校生らしい!」と大人たちがうれしそうに言っているようなケースです。
 
大人側の「高校生にはさわやかでいて欲しい」という期待が、「高校生らしさ」を決めているわけです。
 
しかし、私自身の経験もふくめてハッキリと申し上げますが、男子高校生のほとんどは、そんなにさわやかな存在ではありません。
 
高校生と言えば思春期です。
 
すべての人がそうだとは言いませんが、本能的に異性の目が気になってオシャレしたくて仕方がなく、大人に反抗したくて仕方がない時期。
 
頭の中は、エロいことでいっぱいです。
 
その本能を大人の力で無理やりおさえこみ、さわやかに振る舞わせておいて「高校生らしい」とは身勝手にもほどがあります。
 
高校生がみずから背伸びしてタバコを吸ったり、思わず大人に生意気な口をきいていたら、それこそが「高校生らしい」のです。
 
倫理的に「善い悪い」というお話をしているのではありません。
 
思春期っぽい行動かどうかということでもありません。
 
「高校生らしさ」は大人が決めることではなく、高校生本人によって決まるということ。
 
高校生本人のじっさいの姿が「高校生らしい」のです。
 
それ以前に、「子供」というレッテルと同じように、「高校生」というレッテルでひとくくりにしてしまうのも、そもそも無理があるでしょう。
 
高校生にも、勉強が好きな人もいれば嫌いな人もいますし、毎日楽しんでいる人もいれば生きづらい人もいます。
 
それを大雑把にまとめて「高校生らしい」と言い切るには、どれほど精密な統計調査をしなければならないことか。
 
「〇〇らしさ」とは、他人が決めることではない。
 
当人がどうあるかで自動的に決まるものなのです。
 
それは、今回のテーマである、
 
「自分らしさ」
 
についても同じことが言えるでしょう。
 
私たちは「自分らしさ」という言葉を使うとき、ついつい今の自分とは違う「理想の自分」をそこに思い描いてしまうものではないでしょうか。
 
つまり、
 
「こういうあなたでいて欲しい」
 
と、自分で自分に期待をかけるのです。
 
もちろん、自分に期待すること自体は悪いことではないですよね。
 
しかし、その期待が大きすぎれば「自分らしさ」がいつまでも見つからない、自分探しの旅をつづけることになる。
 
または、「自分らしさ」という壮大な理想に押しつぶされてしまうことにもなりかねません。
 
まるで「子供らしさ」を押しつけられた子のように。
 
「自分らしさ」は、どこか別の場所にあるのではありません。
 
「自分らしさ」は、今ここにいる自分で決まるのです。
 
悩んだり、苦しんだり、ねたんだり、ひがんだり、同じ過ちをくり返したり…。
 
それこそがまさに「自分らしさ」。
 
それを克服しようと、もがき、努力し、達成する。
 
それもまさに「自分らしさ」。
 
いいところばかりではない。
 
悪いところばかりではない。
 
すべての自分が「自分らしさ」。
 
私たちは、いつでもどこでも自分らしくしか生きられない。
 
「自分らしさ」丸出しで生きているのです。
 
その「自分らしさ」を受け容れられたとき、霧が晴れるように、みずからの歩んでいく道が目の前に少しずつ見えてくる。
 
私たちの人生は、大きく変わりはじめるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ