正解なんてない

 

生きづらい人生の歩き方第51回 正解なんてない

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第51回
正解なんてない

 
私たちは悩むとき苦しいとき、それを解決するための「正解」を求めますよね。
 
どこかに必ず答えがあるはずで、なんとしてもそれを手に入れたいと思う。
 
そこで来る日も来る日も、なにが「正解」なのかを考えつづけるのです。
 
それでも「正解」がわからないので、いろいろな人の話を参考にしたり、本を読んだり、ときにはセミナーを受けてみたりもします。
 
そして「ついに正解を見つけた!」と思い、その「正解」を実践してみます。
 
しかし、やがて行き詰まり、「やはりこれも正解ではなかった…」と悩み、苦しみつづける。
 
とくに、生きづらいと感じている人は、この「正解探しの旅」を長いあいだつづけてきたことでしょう。
 
あまりの旅の長さと過酷さに、疲れ果ててしまっている方も多いはずです。
 
もしかするとあなたも、そのなかのお一人かもしれません。
 
ではなぜ、あなたがそこまで過酷な旅をつづけているにもかかわらず、「正解」は見つからないのでしょうか。
 
いったいぜんたい「正解」はどこにあるというのでしょうか?
 
それは、すでにあなたも気づいておられるはず。
 
そう。
 
「正解なんてない」
 
ということに。
 
「正解」とは、ある一定のルールを決めたなかで正しいとされる仮の答えでしかありません。
 
そもそもこの世界に「正解」なんてないのです。
 
だから、いくら探しても、どこを探しても見つからないのです。
 
私たちは、子供の頃から教えられてきました。
 
「正解」がある、と。
 
親の教えや道徳、世間の常識など、これが正しいのだと「正解」を叩きこまれてきました。
 
小学校、中学校、高校の授業でも、まるでこの世界のことはすべて解明されているかのように「正解」を教えてられてきました。
 
しかし大学に行ってみると、じつはあらゆる異なった考え方や理論があり、今まで教わった「正解」はすべて「仮説」に過ぎなかったということを教えられます。
 
ちゃぶ台をひっくり返すとはこのことです。
 
「正解」なんてない。
 
そうハッキリと告げられるのです。
 
私は以前、小学校で放課後学習の指導員をさせていただいたことがあります。
 
そこである低学年の女の子が、次のような国語の問題を解いていました。
 
「おもたい」「かわいい」「子犬」「岩」、これらの言葉を正しく結びつけなさない。
 
女の子は次のように答えました。
 
「おもたい子犬」
「かわいい岩」
 
その解答用紙を見て、私はとまどいました。
 
決して間違っていないからです。
 
重たい子犬は、じっさいにこの世界には山ほどいます。
 
かわいい岩があるかどうかは、もはや主観です。
 
岩を見た本人がかわいいと思えば、かわいい岩になるでしょう。
 
そう考えると、重たいかどうかも最終的には主観で判断することになるでしょう。
 
このときをきっかけに、自分にこの仕事は向いていないと思い知らされ、私はその職を辞しました。
 
私たちが当たり前のように「正解」だと思っていることは、まったくあてになりません。
 
宇宙の果てはどうなっているのか、命とはなにか、人生とはなにか。
 
このような私たちの存在にかかわる重大で根源的な問題も、いまだに誰も「正解」がわからないのです。
 
もちろん、もしかしたら「正解」、つまり「真理」があるのかもしれません。
 
でも、それを私たちが言語を使って伝え合っているかぎり、その「正解」をまったく同じに意味で理解し合えているか確認のしようがありません。
 
「正解」があったとしても、共有できないのです。
 
つまり、人類に共通の「正解」なんてありえないということ。
 
にもかかわらず、どこかにあるはずだと「正解」を探し求めていたら。
 
ただでさえ苦しい悩みは、より苦しさを増していくでしょう。
 
つまり、生きづらい人が人生を歩いていくうえで重要になるのは、外側に「正解」を求めないということ。
 
そして自分のなかに、
 
「正解を創り上げていく」
 
ということになるのではないでしょうか。
 
では、どうすれば自分のなかに「正解」を創り上げていくことができるようになるのか?
 
なかなか難しい問題ですよね。
 
私がおすすめしているのは、
 
「読書」
 
です。
 
あれ?
 
でも読書をしたら、外側に「正解」を求めているような感じがしますよね。
 
だから「正解」を求めるために本を読むのではないのです。
 
この世界にはあらゆる違った意見が存在していて、「正解」なんてないということを思い知るために読書をするのです。
 
私はこれを、
 
「無正解読書法」
 
と呼んでいます。
 
たとえば、「人間の仕事が将来AIに奪われる」という考え方がありますよね。
 
ベストセラーにもなっている「10年後の仕事図鑑」(堀江貴文×落合陽一著/SB Creative刊)には、
 
「AIが単純労働を代替し、人間が好きなことだけやって生きられる」
 
「AIが人々の仕事を急速に奪い、社会を瞬く間に刷新していく事実を肌で感じてほしい。」
 
と書かれています。
 
しかし、同じくベストセラーとなった「未来の年表 人口減少日本でこれから起きること」(河合雅司著/講談社刊)には、
 
「(労働力不足を)AIで解決は夢物語」
 
「AIによって無くなる仕事といった特集記事もよく目にするが、AIには限界があると認識した方が適切だ。」
 
と書かれています。
 
どちらも広く受け入れられ、あらゆる分野で活躍されている著者ですが、まったく違う角度から「正解」を述べている。
 
重要なのは、このような異なる意見を取り入れながら「でも私はこう思う」という発想を養っていくことです。
 
さまざまな「正解」のはざまに立てば、自分にとってゆずれない思いがなんなのかが、やがてハッキリとわかってきます。
 
少しずつ自分がきわ立っていくのです。
 
だから同じ分野の本でも、一冊で済まさずに、何冊も読んでみる。
 
これはいいことが書いてあるなと思う本と出会えても、そのまま納得してしまわずに、あえてそれとは正反対のことを述べている本を探して読んでみる。
 
それをくり返していくことで、「でも私はこう思う」という「正解」が自分のなかに創り上げられていくのです。
 
カウンセリングの現場でも、よく「無正解読書法」をおすすめしています。
 
読書が苦手な方のために、たくさんの本を同時に読んでいくためのテクニックをご紹介することもよくあります。
 
この連載のなかで、さまざまなタイプの本をご紹介しているのも、じつは読書のきっかけづくりに少しでも貢献できたらなという思いがあるからです。
 
本は人と違って、もくもくとあなたに自分の「正解」を伝えてきてくれます。
 
あなたはそれを受け取り、じっくりゆっくり考えてみることができる。
 
その静かなやり取りこそが、「自分にとっての正解」を創り上げていってくれるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。